News ニュース

「99.9」SPドラマの主題歌が嵐の「Daylight」に決定!2021/12/29

 TBS系で本日12月29日放送の、松本潤が主演を務めるスペシャルドラマ「99.9-刑事専門弁護士-完全新作SP新たな出会い篇〜映画公開前夜祭〜」(午後9:00)。その主題歌が、SEASONⅠの主題歌として書き下ろされた嵐の「Daylight」に決定した。

 ドラマは、2016年と18年に「日曜劇場」枠(日曜午後9:00)で放送された人気シリーズ「99.9-刑事専門弁護士-」のスペシャル版。12月30日には映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」の公開を控えている。裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)が99.9%とされる刑事事件に、個性豊かな弁護士たちがぶつかり合いながらも、残りの0.1%の可能性に懸けて挑んでいく新感覚痛快リーガル・エンターテインメントだ。

 今回のスペシャルドラマでも、99.9%有罪と見なされた案件でも残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追求する超型破りな斑目法律事務所の弁護士・深山大翔を松本が、そして、香川照之が深山の上司の敏腕弁護士・佐田篤弘を演じる。さらに、新ヒロインとして、杉咲花が参加するほか、深山の前に立ちはだかる弁護士役で西島秀俊が出演。映画のストーリーにもつながっていく、深山と河野穂乃果(杉咲)との“新たな出会い”、そして謎の弁護士・南雲との“新たな戦い”が描かれる。

 99.9%有罪と見なされた案件でも、残された0.1%の事実を納得するまでとことん追求して無罪を勝ち取る弁護士・深山。彼が勤める斑目法律事務所は所長が佐田(香川)に変わっていた。その就任パーティー会場で、佐田は大手自動車メーカーの会長・若月昭三(石橋蓮司)から、新米弁護士の孫娘を斑目法律事務所で育ててほしいと頼まれ、快諾する。

 一方、深山は拘置所で依頼人・大島浩二(児嶋一哉)のもとにいた。大島は下着の窃盗犯で逮捕、起訴されていた。大島は否定するものの、状況証拠からは有罪は揺るぎない。そもそもこの案件の弁護は穂乃果が担当していて、情状酌量を勧めたものの、絶対にやっていないと言う大島が無罪を勝ち取るために、深山に依頼替えをしたのだ。深山は早速大島の話に基づき、宮城・気仙沼へ向かう。そして、なぜか穂乃果もついていくことに。そこで、2人は命の危機にさらされることになる。

 数日後、斑目法律事務所にやって来た穂乃果。彼女は若月の孫娘だった。そして、穂乃果は刑事弁護で働かせるように佐田に要求する。そこには、気仙沼で深山に散々な目に遭わされた穂乃果の、ある思惑があった。そもそも若月からは民事の弁護士として育てるよう依頼を受けていた佐田だったが、穂乃果の要求を受け入れて、若月には秘密で刑事弁護で働かせることになる。

 そんなある日、政治家の収賄事件の依頼が舞い込む。次期市長候補と目される岡部康行(戸次重幸)が賄賂を受け取ったとして逮捕されたが、岡部は否認。しかし、賄賂を送った円谷耕三(山西惇)は罪を認めて、すでに有罪が確定していた。もはや結審した収賄事件をひっくり返すのはほぼ不可能。深山と佐田は円谷の弁護を担当していた南雲に話を聞きに行くが、温厚な顔の裏に隠されたグレーな弁護手法を感じ取り警戒を強める。そして、南雲は深山が担当する裁判の検察側とも裏で接触していて、深山たちの前に立ちはだかる。果たして、深山は事実を見つけ出すことができるのか?


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.