News ニュース

福原遥が「今どきの若いモンは」で真っすぐすぎる新社会人に! 反町隆史と初共演2021/12/01

 福原遥が、WOWOWで2022年春に放送・配信される「今どきの若いモンは」(日時未定)に出演。同局ドラマ初出演となる本作で、今どきの真っすぐすぎる新社会人役で、主演の反町隆史と初共演する。

 同作は、第1話がTwitterで25万いいね!を超えた吉谷光平氏によるビジネス漫画を、1話約8分の3本立て×全22話の大作ショートドラマとして実写化するもの。反町は「今どきの若いモンは」という言葉を口癖にする、究極の上司・石沢一を演じる。

 福原が扮(ふん)するのは、石沢の部下となる新入社員・麦田歩。「“誰もが応援したくなる愛される麦田”は福原遥さんしかいない!」との製作陣の声を受けての出演決定となった。麦田は新卒で「三ツ橋商事」に入社した、わりと根性のある“今どきの若いモン”。勉強は得意ではなく、これといった特技もなく、就職活動ではある種の劣等感を抱きながら会社に入った。とにかく頑張り屋だが、社会の壁にぶち当たる。

 福原は「衣装合わせの際に、スタッフの皆さまに初めてお会いし、この作品への愛情、情熱をとても感じて感動しました。こんなすてきな方々とご一緒できることがうれしかったですし、みんなでいい作品を作れるように頑張りたいと強く思いました!」と意気込み十分。

 作品については「この作品を読ませていただいた時、頑張りすぎている肩の力をすーっと抜いてくれるような、包み込んでくれるような作品で、なんて温かい作品なんだろうと思いました。実際演じさせていただきながらも、石沢課長からの温かいお言葉に、私自身もとても励まされながら撮影させていただきました」と共感を寄せている。

 そして、誰もが新人時代に味わったことのある緊張、戸惑い、悔しさ、そして喜びを経験していく麦田を、全身全霊で演じる福原について、反町は「石沢と麦田の上司部下の掛け合いが見どころですが、彼女はどんなボールを投げても真っすぐに受け取り、現場で発せられる掛け合いやお芝居の面白さが無限に広がっていく手応えがあった」と太鼓判を押している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.