News ニュース

Kis-My-Ft2の価値観&恋愛観が明らかに。滝沢カレンは「ほとんどキュンとしない」2021/11/11

 フジテレビ系で本日11月11日放送の「キスマイ超BUSAIKU!?」(木曜深夜0:25)では、特別編として「話題のゲームをやってみよう!」ということで、Kis-My-Ft2が恒例の「ito(イト)」に挑戦する。

 Kis-My-Ft2が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指してさまざまな難題にチャレンジする同番組。「ito」は、お互いの価値観のズレを楽しみながら会話をしていくボードゲームで、子どもから大人までハマる人が続出し、みんなで盛り上がっている様子が動画でアップされるなど、話題になっている。

 ルールは、1から100の数字が書かれたカードを、メンバーが1枚ずつ引き、その数字は最後まで明かさない。出された“お題”に応じて、自分が引いたカードの数字の大きさを「言葉」で表現していく。

 番組では、「ito」を通じて、キスマイのメンバーの価値観や恋愛観を明らかにしてしまおうと、不定期で放送中。今回、スタジオゲストの滝沢カレンを迎えてチャレンジ。メンバー一人一人が自分の数字を言葉で表現した後、滝沢はそれぞれの意図(ito)をくみ取って、数字の小さい方から完璧に順番に並べられるか? 全員が協力し合って、正しい順番を導き出さなくてはならないチームプレーとなる。

 最初のお題は「キュンとくる男性のしぐさ」。玉森裕太は「友達などと別れ際に“じゃあね”と言いながら…」行う顔の変化についてコメント。宮田俊哉は、駐車場で駐車券をくわえ…と男性がよく行うであろう行動を提示する。

 さらに、千賀健永は女性を呼ぶ時に「名前じゃなくて…」とあるワードを出すと、滝沢は「えー! めっちゃ嫌だ!」とドン引きする。藤ヶ谷太輔が提示した行動については、「何それ、マジで嫌だー」とさらに嫌悪感を示す。

 一方、横尾渉の回答にはメンバーも納得。しかし、全体的な感想を求められた滝沢は「ほとんどキュンとしないものが多くて…」と爆笑する。

 続くお題は「ステキなプロポーズ」。滝沢自身が考える理想のプロポーズも明かされるが、メンバーにはピンと来ていないようで、全員が不安になる場面も。

 収録を終え、藤ヶ谷太輔は「僕は、結構低い数字を引くことが多ので、分かりやすいように『これは数字が低いよ』ということを含ませて発表していました。でも同じように数字が近いメンバーもいて(笑)。そこも新鮮で面白いところなんです。どういう結末になるのかも含めて、ぜひぜひご覧いただければと思います!」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.