News ニュース

松田美由紀、「SUPER RICH」で伝説の漫画家役。第3話のキーパーソンに2021/10/24

 松田美由紀が、フジテレビ系連続ドラマ「SUPER RICH」(木曜午後10:00)の10月28日放送・第3話にゲスト出演する。

 本作は、幸せの形=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの、ジェットコースターのような波瀾(はらん)万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。江口のりこが、電子書籍を手がけるベンチャー企業「スリースターブックス」の代表取締役CEO・氷河衛役を演じ、仕事にプライベートに苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を体現。赤楚衛二が衛とは生まれも育ちも正反対の貧乏な専門学生・春野優に、町田啓太が優秀な右腕として衛を献身的に支える宮村空に、古田新太が衛にとっては思いの丈を何でも話せる電子書籍編集長・碇健二に扮(ふん)する。

 松田が演じるのは、伝説の漫画家・北別府恵子。かつて「北別府K」というペンネームでヒット作を次々と世に送り出した人物だ。衛も彼女の大ファンであり、「スリースターブックス」再起のための鍵を握る人物として、彼女に白羽の矢を立てる。10年前を最後に作品を描くのを辞めてしまった北別府に、衛は新作を描いてほしいと直談判しに行くが、その企画書を見た途端、彼女の顔色が変わる。

 5年ぶりの同局連ドラ出演となる松田は「漫画家の役を演じるのは初めてで、設定も内容も面白いなあと思いながら、台本を読ませていただきました。今回共演した江口さんは、もっとギャグを言ったり、面白い方なのかなぁと勝手に思っていたのですが、とてもクールな方らしく、それなのに私の方が仲良くしたくて、話しかけてみたりベタベタしていたかもしれません(笑)。でもそれにめげずに至ってクールな方でした」と撮影を振り返り、「私は今年還暦を迎えましたが、今回はなんと20歳くらいの年齢を演じるシーンがあります(笑)。どうぞお楽しみください」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.