News ニュース

「トーキョー製麺所」に奥山かずさ、池田優斗、三戸なつめ、THE RAMPAGE・陣、s**t kingz・持田将史がゲスト出演2021/09/15

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が主演を務め、MBS制作、TBSほかで放送中の連続ドラマ「トーキョー製麺所」(MBS=火曜深夜0:59、TBS=火曜深夜1:28)の第3話に奥山かずさ、第4話に池田優斗、三戸なつめ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの陣、s**t kingzの持田将史が、ゲスト出演することが分かった。

 本作は、問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台にした青春グルメ群像劇。「バイプレイヤーズ」シリーズ(テレビ東京ほほか)などを手掛けた宮本武史氏の脚本による完全オリジナルストーリーで、うどん店で働く5人の“麺戦士”の奮闘記をシニカルかつコメディータッチで描きながら、深夜に思わずおなかがすくような、“飯テロ“ならぬ“うどんテロ”を誘う物語となっている。

 「トーキョー製麺所」の新店長で元ホテルマンの主人公・赤松幸太郎を吉野が演じるほか、バイトリーダーの青井春翔に栁俊太郎、関西出身の大学生アルバイト・緑川義雄に奥野壮、就職活動中の大学生アルバイト・桃田凛に秋田汐梨、バツイチ子持ちのパート・黄本節子に江上敬子(ニッチェ)が扮(ふん)している。

 第3話では、バイトリーダーの青井が、なぜ29歳にしてバイト生活を続けているのかが徐々に明らかに。緑川には、ある一杯を通して、恋が生まれる予感が…。そしてラストには、パートの黄本に何かが起こる!? 同話で、奥山は「トーキョー製麺所」でよく釜玉うどんを注文している常連・釜本玉子役を演じる。緑川と地元が一緒で、ある共通点があるが、釜本は気付いておらず、緑川のことは、ちょっと天然な店員だと思っている。

 また、第4話では、おしゃべりで誰にでも気さくに話しかける母親の人柄を少し恥ずかしく思っている高校1年生の黄本の息子・翔役に池田、元常連・吉成紀子役に三戸、赤松の元同僚・湯高役にドラマ初出演となる陣が決定。さらに、メニューにない焼うどんを頼む客・焼村役として、ドラマのオープニングのうどんダンスの振り付けも担当した、持田が俳優として出演する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.