News ニュース

海老蔵の娘・市川ぼたんが「二月の勝者」で現代ドラマに初挑戦!「お父さんからは『楽しんできてね!』と言ってもらいました」2021/09/07

 柳楽優弥が主演を務める、日本テレビ系で10月16日スタートの連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(土曜午後10:00)で、市川海老蔵の娘で、歌舞伎および日本舞踊の名跡の一つ、四代目・市川ぼたんを襲名し、日本舞踊家として舞台に立ってきた市川ぼたんが、現代ドラマに初挑戦する。

 同ドラマは「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)連載中の高瀬志帆氏の同名コミックを映像化。中学受験を舞台に、「絶対に全員志望校に合格させる」と言い放つ、超現実的で本音主義の最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)が、その鋭い洞察力と行動力で個々の生徒の本質を見抜き、親の不安を解決に導いていく人生攻略ドラマだ。黒木とは対照的な情熱あふれる講師・佐倉を井上真央、黒木の元部下で超名門塾エリート講師・灰谷を加藤シゲアキが演じる。ぼたんが演じるのは、黒木が校長として着任する業績不振の中堅受験塾「桜花ゼミナール」吉祥寺校に通う小学6年生の浅井紫。佐倉が担任を務めるRクラスの生徒だ。

 役作りのために髪をボブにヘアチェンジし、初日の撮影に臨んだぼたんは「学園ドラマに出演するのが初めてで、オファーをいただいた時は『出てみたい! 私でいいの?』という気持ちでしたが、すごくうれしかったです。撮影では、皆さん優しくしてくださり、ドラマの撮影はこういうものなんだと知り、そこからドラマに出演したいという気持ちが強くなり、今はすごく楽しいです」と感想を話し、父の海老蔵からは「今朝、出かける前にお父さんからは『楽しんできてね!』と言ってもらいました」と励ましの言葉とともに送り出されことを明かす。

 初日の撮影を終え「少し、ホッとしました。監督さんから『ここ、気を付けてね!』と言われたところができるかな、セリフをうまく言えるかなと練習していてもすごく不安でしたが、学園ドラマの細かいことも知り、とても楽しかったです。まだ撮影は続くので、今後の撮影も頑張ります。今日の撮影は60点です! もっと頑張っていきたいと思います!!」と張り切っている。

 また、先だって8月某日には、主演の柳楽、井上がクランクイン。最初の撮影は、原作でも印象的な入学試験会場での黒木と佐倉の出会いのシーン。“2月”の雪が降る中、傘もささず、表情も変えず、試験会場となる学校の門前で名門中学受験塾「ルトワック」の腕章をつけてたたずむ黒木と、中堅中学受験塾「桜花ゼミナール」の新任講師として生徒の応援に来た佐倉。2人は、気温30℃を超える真夏日にダウンコートを着て撮影に挑んだ。

 柳楽は「まさに初日から『二月の勝者』というタイトルにふさわしい、雪が降る入試試験のシーンから始まりましたが、真夏にこのシーンの撮影は自分との戦いでした(笑)」とこぼしつつ、「今日が初めての井上真央さん演じる佐倉との撮影でしたが、とても安心感がありました。このチームで力強くワンクール駆け抜けたいなと思いましたし、とても前向きな気持ちになれる初日でした」と明るく語る。

 井上は「真夏に真冬のシーンから始まるという過酷なスタートでした! 1年を通して描いていく作品なので、冬を迎える頃に夏のシーンを撮影しているかもしれません(笑)。体調管理に気を付けながら、スタッフ、キャストの皆さんと⼀緒に頑張りたいと思います。柳楽さん演じる黒木先生にとって最初は頼りない存在の佐倉ですが、徐々に成長しながら、いい相棒になっていきたいです」と抱負を述べている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.