News ニュース

倉科カナが「婚姻届に判を捺しただけですが」で物語のキーマンとなる坂口健太郎の兄嫁に。高杉真宙、深川麻衣、田辺誠一も出演2021/08/31

 TBS系で10月スタートの火曜ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(火曜午後10:00、開始日未定)に、倉科カナ、高杉真宙、深川麻衣、田辺誠一が出演する。

 同作は、有生青春氏による同名コミックをドラマ化。清野菜名演じる“おひとり様最高!”の今どき女子のヒロイン・大加戸明葉と、坂口健太郎演じる“堅物で変人!?”の性格に難ありの会社員・百瀬柊が偽装結婚し、即席の偽装夫婦となった2人が織り成す“不意キュン・ラブコメディー”。

 倉科が演じるのは、物語のキーマンとなる、ナチュラル美人なのに天然な百瀬美晴。美晴は柊の学生時代の友人で、今は柊の兄嫁となっている人物。そして、高杉は、人懐こく天然でマイペース、愛されキャラの牧原唯斗役を務める。唯斗は動物病院の看護師で、興味本位で明葉に近づき、良くも悪くも明葉を振り回す年下男子。ふわふわしていて何も考えていないように見えるが、実は洞察力が鋭いという役どころだ。

 「偶然にも原作を読んでいた最中に、こちらのドラマのオファーをいただいて、なんだか勝手に運命的なものを感じています!」と声を弾ませる倉科は、「私の演じる美晴が、義理の弟である柊くん、明葉ちゃん夫婦とどう絡んでいくのかぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。火曜の夜10時が皆さまにとってすてきな時間になるよう、精いっぱい頑張ります!」と気合を入れる。

 高杉は「出演が決まったという連絡をいただいた時の喜びと、自分には何ができるだろう?という楽しみで、とても緊張しています」と心境を明かし、「清野さん、坂口さんはじめすてきな皆さんが集まる中、どうしたら作品の一部として色を濃く混ぜることができるか。唯斗くんという存在をこの作品のたくさんの魅力の一つとして楽しんでいただけるよう、精いっぱい演じていきたいと思います」と意気込みを語っている。

 また、深川は、柊が勤める広告代理店「秀伝堂」の受付嬢・麻宮祥子に扮(ふん)する。結婚は愛よりも高スペックという条件を譲らない祥子だが、実は柊にプロポーズされた過去があるというキャラクター。さらに、田辺は、明葉が勤める「森田デザイン」の社長・森田聡を演じる。森田は仕事ができて社員たちの面倒見も良く、明葉の良き上司として時には彼女を諭しながらも温かく見守るが、実は家庭に秘密を抱えているという役柄だ。2015年にはプラチナ夫婦アワードを受賞した田辺が、「結婚はいいぞ」が口癖の森田をどのように演じていくのか注目だ。

 「初めて原作を読ませていただいた時、少し不器用で真っすぐな2人がとてもかわいらしくキュンとして、思わず応援したくなりました」と作品に魅了された様子の深川は、「撮影はまだこれからですが、この物語の一員として、毎週火曜日の夜に、皆さまがほっと一息つけるような楽しい時間をお届けできるよう、頑張ります。ぜひ見てください!」と意欲を燃やす。  

 田辺は「たぶん世界中の人に共通している願いは『幸せになりたい』ということかなと思います。で、幸せになるために何が必要かは、愛であったり、お金であったり、友情、趣味、食など人それぞれ。このドラマの主人公の2人も、純粋に自分の幸せを追い求めますが、その理由がちょっと普通じゃない。でも当たり前のことが当たり前じゃなくなった現代、普通じゃないところに輝く幸せがあったり。清野さんと坂口くんとみんなでわちゃわちゃしながら、楽しいドラマを作れればと思っています」と話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.