News ニュース

中村アンが外務省の官僚役で小栗旬主演「日本沈没」に出演2021/08/16

 中村アンが、小栗旬が主演を務め、TBS系で10月にスタートする連続ドラマ「日本沈没―希望のひと―」(日曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 ドラマの原作は、1973年に刊行された小松左京氏による不朽の名作「日本沈没」。翌年には同局でテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画などさまざまな形で語り継がれてきた名作だ。刊行から48年のときを経て、この原作に大きくアレンジを加えた本作は、原作でも描かれていた「環境問題」を現代に照らし合わせて鮮明に描き出す。そして、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語が展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で、国家の危機にひんしてもなお、一筋の希望の光を見いだすために奮闘する人たちの姿を紡いでいく。

 今回発表されたのは、小栗演じる環境省代表の天海啓示、松山ケンイチ演じる経産省代表の常盤紘一、ウエンツ瑛士演じる厚労省代表の石塚平良とともに、各省庁の“新たなリーダー”として仲村トオル演じる若き総理大臣・東山栄一に招集された、日本の未来に立ち向かう日本未来推進会議メンバーたち。

 中村が演じるのは、外務省代表で上昇志向が強い日本未来推進会議・副議長の相原美鈴。「グランメゾン東京」(2019年)や「危険なビーナス」(20年)など、日曜劇場でキーパーソンとなる重要な役どころを担ってきた中村が、未曾有の危機に直面した女性の心の機微を表現する。

 中村は「日本未来推進会議に外務省の代表として男性と肩を並べて参加し、自分の意志をしっかりと持つ上昇志向の強い女性、相原美鈴役を演じさせていただきました。日本沈没という、想像し難い困難に直面した時、人々はどう乗り越え生きていくのか。絶望の中に希望を見いだし諦めずに進む姿に、とても勇気をもらえる作品です」とアピールしている。

 そして、相原たちとともに日本の未来に立ち向かう日本未来推進会議のメンバーに、ドラマ・映画・舞台とさまざまなフィールドで活躍している、日本を代表する演技派が勢ぞろい。

 国土交通省代表で無口な安藤靖に高橋努、財務省代表で関西弁が特徴的な嫌みなインテリ・織辺智に浜田学、生真面目な法務省代表・北川亜希に河井青葉が扮(ふん)する。そして、文部科学省代表で変わり者の財津文明役を六角慎司、総務省代表でコミュニケーション能力の高いインテリ男子・大友麟太郎役を山岸門人、防衛省代表で家庭的な体育会系の仙谷治郎役を竹井亮介、農林水産省の代表で現実主義者・白瀬綾役を高野ゆらこが務める。

 東仲恵吾プロデューサーは、「今作の大きなテーマの一つは、沈没という未曾有の危機の中でも人々を救うために諦めないリーダーたちの姿です。今回発表された日本未来推進会議のメンバーはそれを体現する存在として、今作には欠かせないオリジナルキャラクターで描かれる登場人物たちです。官僚として日本の未来のために激しい意見を交わしつつ、オフの部分では人間らしくおもしろさが垣間見える、“応援したくなる、頼りたくなる官僚”を演じてもらいたいと考えた際に、個性的でさまざまな顔を演じ分けることができる皆さんにご出演いただきました。一人一人、綿密にキャラクター設定を考えて、小道具やしぐさなどの細かい部分まで演じ切っていただいています。会議シーンでは、そういった細かいところもお楽しみいただけると思います。また、日本未来推進会議のほどよい緊張感の中、危機を迎えて次第にチームとして連帯感を生みつつ、立ち向かっていく勇姿をぜひ、お楽しみください」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.