News ニュース

Aぇ! groupとよゐこが「関西ジャニ博」で体当たり調査! 大発見の際は「大阪城の観光大使に」と猛アピール2021/08/12

 MBSで放送中の、関西ジャニーズJr.のユニット・Aぇ! group(正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉)と、お笑いコンビ・よゐこ(有野晋哉、濱口優)が出演するバラエティー「関西ジャニ博」(土曜深夜1:30、関西ローカル)。同番組は、2025年の大阪・関西万博に向け、関西の街を舞台に、よゐことAぇ! groupがさまざまな実験・調査を行う“全編オールロケーション”のバラエティーだ。

 今回、番組では「大阪城天守閣復興90周年」を記念して、大阪城天守閣や大阪市の協力の下、特別に大阪城の“さまざまな謎”を大調査。その模様が、8月28日から6週間にわたって放送されることが決定し、Aぇ! groupとよゐこが見どころなどを語った。

「関西ジャニ博」Aぇ! group&よゐこ

 7月の生物調査に続き、8月11日には、これまで400年も調査してこなかったという「北外堀」の底を調査したメンバーたち。投網を使った調査では、リチャードが大活躍。濱口いわく「かなり難しい」という投網だが、草間は「やってみたら意外とできちゃった。そういうところ器用なんです。魚が10匹ぐらいとれたのでうれしかったですね」と満足げな表情。一方、正門は網を投げることさえできなかったそうで「網が絡まってしまって『素手で投げるのは危ない』って言われました。センスがなかったみたい」と話すと、濱口に「怒られすぎて心が折れてたもんな」とバラされ、「折れましたね…。カメラの前で“無”になりました」と頭を垂れた。

 また、もんどり網を使った調査に臨んだ末澤は「100円均一で買えるものを使って、仕掛けから一から作ったけど、思いの外、捕まえられなくて…」と苦労したそう。反対にロケの前日から準備をしていたという佐野は、かなり手応えがあったようで「30分番組ですけど、15分ぐらいは自分の映像にしてほしい。先生に教えてもらって、20個ぐらい仕掛けを作って、エサだけでも10種類ぐらい準備したんです」と誇らしげ。その結果、なかなか見つからないヒガメが見つかったと喜び、会見に出席した大阪動植物海洋専門学校の亀井哲夫先生も「感動ものでした。皆さんの熱心さがこの結果を生んだんでしょね」とその頑張りを称えた。さらに、カニを見つけたという福本は「もんどり網がすごすぎて、こんなにもんどりが注目されることも初めてだから、2021年、もんどりの年が来るんちゃうかなと思ってます」と興奮気味に話した。

 水中ドローンを使った捜索では、大阪城天守閣館長の北川央氏も知らなかったという杭(くい)が見つかるなど、新たな発見も。正門は「ロケで初めて知ったんですが、竹流金という、当時その時代に作られたお金とかが出てくる可能性があるらしいんです。あとは大判、小判とか。ドラマでしか見ないようなものが実際に出てくる可能性があることにワクワクしています」と今後の調査に意欲を見せ、佐野は、番組内でもしも大発見があった場合は「ぜひ大阪城の観光大使に…」とアピール。続けて「今まで知らなかったことも勉強して、ロケに行かせてもらうたびに僕らの“大阪城愛”も深くなっています。深くなればたくさんの人に伝えることもできるので。それが何よりのご褒美」と話すと、北川氏から「期待しています!」とエールが。すると話を聞いていた亀井先生が「私は今ウナギの研究をしていて、皆さんが知らない『青ウナギ』というものがいるんです。絶品のウナギなんですが、(もしも大発見があれば)それをごちそうします」と自ら切り出し、メンバーを喜ばせた。また、小島は「番組で成功した暁には、ハワイに行きたいです! ハワイ旅行ロケでいいので、MBSさんに連れて行ってもらいたい」と求めるも、突拍子もない発言に「どうぞご自由に」「空港まではみんなで行くわ」とよゐこから冷たくあしらわれた。

 そして、番組の見どころについて、濱口は「大阪城の謎を解くということで、歴史的な面白さ、冒険、ロマンも感じられると思うので、見逃さないでほしいです」、有野は「館長も知らない杭を見つけたりとか、そのことについて『こうじゃないか』と、どこかで読んだことがあるという人がいたら、番組に教えてほしいです」とコメント。続けて、濱口が「あと潜っていろいろ調査したいので、Aぇ! groupのリーダーにダイビングの免許を取ってもらいたい」と小島に話を振ると、小島は「今後(免許を)取りに行こうと思っています! 僕たちコンサート中なんですけど、そのコンサートが終わったらすぐ行きたいなと思います。戦力になれるように、一つでも貢献していきたいです」とノリノリで返答した。

「関西ジャニ博」Aぇ! group&よゐこ

 続いて佐野は「前回のロケがもんどり網に何もかからなくて大した発見もなく終わっちゃって、今日のロケの前半も『あ、やばいかも』と思っていた時に、ヌートリアを見つけて。救世主のかわいいヒーロー。よゐこさんや先生方はご存じでしたが、僕らは名前も初めて聞いて感激しました。あれはたぶん、視聴者の皆さんも知らない動物やと思うので、楽しみにしていてほしいです」、福本は「最先端技術が番組のテーマでもあるんですけど、それプラス歴史的な古風な面白さと、生物など、いろいろな要素がミックスして化学反応が起きて面白くなっているので、それを楽しんでほしいなと思います」とアピール。

 草間は「まだ始まって全然経ってないので、もっともっといろんな技術を使って、『何が出てくるか分からへん』というワクワクを一緒に楽しみながら番組ができていったらと思います。で、一攫千金(いっかくせんきん)狙ってます! (お宝見つかれば)給料もアップするかな」と笑わせ、末澤は「400年ぶりに調査するということに携わらせてもらっていることが、まずうれしいことですし、もしかしたらこの番組で歴史が変わるかもしれないので、Aぇ! groupやよゐこさんの名前が教科書に載る可能性があるということで、皆さんに見逃さずに見ていただきたいと思います」と今後の展開への期待を口にする。

 正門は「どの回もガチンコで、知らないなりに一個一個向き合っていく中で、今後何も起こっていない可能性もあるかもしれないですが、でもそれが後々つながってくることも出てくると思います。杭の話もそうですけど、『そうやったんや』と、ある種ドキュメントに近いというか、そういう面白さもあるのかなと思っているので、一回一回見逃さずに、ちょっとした情報でも頭に置いておいてほしいなと思います」、小島は「僕はこの大阪城ミステリーを通して、新しく『関西ジャニ博』ファンをたくさんつけていけたらなと思います。ありがとうございます」と真面目に語った。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.