Feature 特集

マーティン・フリーマンが型破りなドラマを目指した「レスポンダー 夜に堕ちた警官」2022/08/24

マーティン・フリーマン「レスポンダー 夜に堕ちた警官」/海外ドラTVガイドWATCH

 警察への通報に初期対応をする夜勤巡査の5日間をスリリングに描く警察ドラマ「レスポンダー 夜に堕ちた警官」。本作でマーティン・フリーマンが、型破りであると同時に心に闇を抱えた警官を演じ、新たな魅力を発揮している。

── 演じた警官、クリス・カーソンはどういう人物ですか?

「彼を演じたいと思った理由の一つは、弱さと強さが見事に融合された人物だったからです。彼は非常に頭が切れ、感情も豊かですが、職業は警官。だから家庭やカウンセラーの前で心を開くことが難しいが、自分なりのタイミングを選んでストレスを発散させ、話もします。だが、そんな余裕もないほど彼が対処しなくてはならない状況は切羽詰まっていて、一つでも対処を間違えれば、死んでしまうかもしれないほど危うい状況に身を置いているのです。物語は5夜分のストーリーで、エピソードごとにさまざまな出来事が起こり、そこにドラマチックな展開が待ち受けています。12時間の夜勤シフトの間に起こる出来事に対して、単独で対処したいクリスはパートナーと組むのを嫌がっています。しかし本人の気持ちとは裏腹に、彼は相棒のレイチェル(アデラヨ・アデダヨ)と組むことで、次第に本当の自分に気付いていくことになるのです」

── 彼はどんな世界に足を踏み入れてしまっているのでしょう?

「クリスは自分の町に精通し、地元の情報を得るためにもさまざまな人たちと信頼関係ができています。薬物依存症の人たちもできることなら助けたいと思っている。またその一方で、非情な態度を取ることもあります。人の生死に関わる緊急対応の職場では、どぎついユーモアもあふれています。世間から忘れられたような人々と関わっていることが、彼にも影響を及ぼしていることは明らかです」

── 警官の苦悩を見事に表現されていましたね?

「本作のような脚本を読むとやはり熱が入ります。これは過去に読んだことのないような脚本でした。毎回、脚本を受け取ると『ゴッドファーザー』のような名作かもしれないと期待を膨らませます。そして、ごくまれに自分を信頼してくれる人たちのスキルと私のそれが一致した時は、ただもう最高ですね。撮影が始まる前に何度か、本当に主人公の役は私でいいのか?と聞きました。その際、脚本&クリエーターのトニー・シューマッハから、最初から私のことが構想にあり、執筆中も私をイメージしながら書いていたと告げられて、本当に安心しました」

マーティン・フリーマン「レスポンダー 夜に堕ちた警官」/海外ドラTVガイドWATCH

── トニー・シューマッハの脚本を読んだ時の感想は?

「製作のローレンス・ボーウェンが非常に興奮した様子で私に脚本を送ってくれました。私も実際に脚本を読んでみて、これはほかとは違う、非常に卓越した脚本だと感じました。他人の手の加えられていない、トニー・シューマッハ自身が書きたいと思ったものを詰め込んだ脚本だという点が気に入りました。彼は小説家として長年活躍していますが、今回、初めてテレビドラマの脚本を手がけたのです。つまりこれまでの小説という、今まで慣れ親しんできたスタイルや型にはまったやり方から離れて、彼が書きたいものをそのまま脚本にしたというところに私は興奮しました」

── なぜ、リバプールなまりの英語“スカウス”で演じたのですか?

「私自身はこれまでスカウスを使う役柄を演じたことはありませんでした。それなのに、脚本を読んだ時の私の頭の中ではセリフがすべてスカウスになっていました。これは生粋のリバプール人たちの物語だと思いましたし、トニーがリバプール出身であることも知っていました。彼はいつも私に、クリスは別にリバプール出身である必要はない、と言ってくれました。それでも私は、絶対にリバプール出身でなければいけない、と強く感じていたんです。ですから、撮影が始まりリバプール出身の役者たちから、私が同郷の出身かと尋ねられた時は、心の底からうれしかったです。まるで何かのテストに合格したような気持ちでした。スカウスを使いこなせるよう、私なりにかなり努力しました。私の生まれた地方では、どこにいようが成果は自分でつかみ取らなければならないという教えがありました。ですから下手なリバプールなまりで演じることはありえなかったのです」

── 今作の魅力は何でしょうか?

「このドラマには答えはありませんが、多くの問題提起がされています。しゃれたドラマではなく混沌としていて、陰鬱ですが、根本的なリアリティーがあるのです。今までにない型破りなドラマを目指して完成したのがこのドラマです」

【プロフィール】

マーティン・フリーマン「レスポンダー 夜に堕ちた警官」/海外ドラTVガイドWATCH

マーティン・フリーマン(Martin Freeman) 
1971年9月8日生まれ。イギリス出身。「SHERLOCK/シャーロック」(2010~17年)のワトソン役で名を売り、映画「ホビット 思いがけない冒険」(13年)で世界的に有名に。マーベル作品「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(16年)などでCIAのエヴェレット・ロス役を演じている。

【番組情報】

「レスポンダー 夜に堕ちた警官」/海外ドラTVガイドWATCH

「レスポンダー 夜に堕ちた警官」(全6話) 
スターチャンネル1 
9月19日スタート 
月曜 午後11:00~深夜0:00ほか(字幕)
※19日は~深夜0:05、9月10日に第1話先行無料放送

ある夜、パトロール中の巡査・クリス(マーティン・フリーマン)のもとに、旧知の売人・カール(イアン・ハート)からある人物を至急捜してほしいと連絡が入る。捜索にあたるクリスは精神的ストレスにさらされる中、新人警官のレイチェル(アデラヨ・アデダヨ)がパトロールに同行することになり…。



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.