Feature 特集

「女の戦争~バチェラー殺人事件~」葵わかなインタビュー! 「どうしてもその男性を狙わなきゃいけない理由があったら、頑張れるかな」2021/07/17

 テレビ東京系で7月3日よりスタートしたサタドラ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」は、古川雄大さん演じる独身貴族・鳴戸哲也を7人の女性たちが奪い合う恋愛ドキュメンタリー風サスペンスドラマ。鳴戸を含む8人の登場人物のうそや秘密がポップに暴かれ、その展開から目が離せません。

 鳴戸の妻の座を狙う7人の女性たちのドロドロの戦いと人間模様が描かれますが、その中の1人、無口でミステリアスな女性・志倉若菜を演じるのが葵わかなさん。そんな葵さんに作品への思いをはじめ、物語のキーワードである「欲望」にちなんだエピソードなどを伺いました。

――まず、恋愛ドキュメンタリー風サスペンスドラマという本作について率直な感想をお聞かせください。

「すごい複雑というか、変わっているなと思いました。まず恋愛リアリティーショーが題材になっているんですけど、それってドキュメンタリーじゃないですか。それが斬新だなと感じましたし、自分を含め出演している女性たちにはそれぞれ表の顔と裏の顔があり、それも複雑だと思いました。あと、冒頭から主人公で“バチェラー”の鳴戸哲也さんが死んでしまうんですよ。それにも“どういうこと?”って思いました。普通のルートをたどっていない感じというか、すごく斬新で今までにない企画だと思いました。初めて台本を読んだ時は、すぐに鳴戸さんが死んでしまったので、バチェラーは主役じゃなかったの? と驚きました。結末まで知っている状態で撮影が始まったのですが、実際に撮影が始まると7人の女性のキャラクターが本当に濃くて。思っていたよりもポップに進んでいきました。テストをほとんどしないで撮影をしたり、カット割をしないですべて通して撮影したり…リアルな質感の撮影が多くて、ドラマなのにドキュメンタリーみたいだなあと思いました。女性の役名も、それぞれ役者本人の下の名前が使われているので、そういったところからリアル感が伝わればいいなと思います」

――葵さんが演じる志倉若菜はどういった女性ですか?

「表に感情が出ない無口でミステリアスな子です。若菜の裏の顔…と言いますか、若菜を語るには欠かせないことがあるのですが、それは若菜の過去が鍵になっていて、ドラマで徐々に明かされていきます。あと、内面はぐるぐるしているのに何も言わない。『…』の多い役で、監督にも『セリフがないところは目線で表現できるようにしてほしい』というアドバイスをいただいて。自分でも意識して演じたので、それが伝わるといいなと思います。でも1話では本当に名前しか言ってないかも…(笑)。『見守ってて』も言ってました。その二言しか言ってない(笑)」

――葵さんが思う、鳴戸への若菜のアピールポイントはどこですか?

「鳴戸さんはすごいお金持ちなんですけど…若菜はあんまりお金に興味がないかも。“鳴戸さんと結婚して絶対お金持ちになってやる!”という気持ちはなくて、鳴戸さんに対して思うところがあるというか…。鳴戸さんも過去に秘密があるんですけど、そういう部分に寄り添えるところですかね」

――若菜を演じる上で演技プランなどありますか?

「若菜はあまりしゃべらないのですが、役としてなるべくいろんなことを考えていた方がいいなと思っていて。そのシーンで感じたことだけじゃなく、若菜が持っているものを常に自分の頭の中に入れて演じていました。含みがある感じというか。逆に“ここは素直にやってみよう”と思ったシーンもあって…。“絶対こう”というよりは、若菜の中でもぼやかしつつ、“一つだけじゃなくて複数のことを考えているようにしていたら、ミステリアスに見えるかな?”と思いながら演じていました」

――葵さんが若菜に対して共感できる部分はありますか?

「私はミステリアスなタイプじゃなくて…しゃべるのも好きだし、思ったこともわりと顔に出てしまうので、似ている部分はあまりなかったです。でも、若菜には家族を大切にしそうな印象があり…私も家族を大切にしているので、そこは似ているかなと思っています」

――今回、主演の古川さんとは3度目の共演になると思うのですが、古川さんの印象はいかがですか?

「ものすごくスタイルがよくてクールな顔立ちで、バチェラーっていう役にぴったりだなと思いました。今回は待ち時間などでチーム全体で仲良くお話する時間があって、古川さんとも話す機会が増えたのですが、クールでバチェラーみたいな見た目に反して、いい意味で普通の感覚を持っていらっしゃるし、すごい笑い上戸で。意外な一面を見れたような気がします」

――他の出演者の方とお話されて、印象的だったことなどありますか?

「寺本莉緒ちゃんは19歳だったのですが、他のキャストはみんな20歳を超えていてお酒が好きな方が多かったので、お酒について教えてもらったり。撮影した場所が、『レオマリゾート』っていう香川にある複合リゾート施設だったんですけど、宿泊していたのが温泉などもあるホテルだったので、そこの大浴場に何人かで入ったり。水風呂の入り方も教わったりしました」

――特に印象に残っている撮影はありますか?

「オープニングの撮影が印象に残っています。みんなドレスが派手だし、ドローンが登場したり豪華で…自分の中で一番『バチェラー』っぽかったので。みんなでずらっと並んで、鳴戸さんのところまで一人一人歩いていく…みたいな。実はあのシーンもテストなしで、途中で切らずに撮影したので、リアル感にドキドキしました。撮影自体も初日だったので、出演者同士もお互い探り探りだったし。初めてのことだったので緊張しました」

――物語で注目してほしいポイントはありますか?

「それぞれが持つ裏の顔がちょっとずつ分かっていくんですけど、7人いるから七つの秘密があって。それがどんどん明かされていきますし、一つ一つの秘密が結構とんでもなくて。その秘密の内容も、秘密の明かされ方も、それぞれのキャラクターの色が出ているので、そこが私は面白いなと思っています」

――もし葵さんご自身が「バチェラー」に参加することになったら、どのようにして男性を奪いにいくと思いますか?

「撮影しながら女性陣で『こんなに争わなきゃいけないのやだよね』『実際こんなにグイグイいけるのかな?』って話していて。確かにあんまり争いたくないし、自分がそういう状況でがつがついっている姿を想像できないのですが(笑)、“もし若菜たちみたいに、どうしてもその男性を狙わなきゃいけない理由があったら、頑張れるかな?”とか思ったり。でも、自分は参加しないだろうなと思うし、参加したとしても成果を残せずに脱落しちゃいそうだなって(笑)」

――この作品のキーワードは「欲望」ですが、最近「欲望」が満たされているなと思うことはありますか?

「ご飯を食べるのが好きなので、食欲とか…?(笑)。今はなかなか外出できないので、ラーメンとかお鍋セットとかお酒とか…いろいろお取り寄せしています。そのおかげで家でのご飯が豪華になっていて。お鍋は友達が遊びに来てくれる時とか、タイミングのいい時に食べてます。ラーメンとかは普段のお昼ご飯とかで食べちゃいます。ギョーザは、どの調味料が一番合うのかなっていろいろ食べ比べしてみたり。調味料もお取り寄せです(笑)。家で料理する機会が増えて、調味料も増えたので、活用しています」

――実際の恋愛で相手に求める条件などありますか?

「家族の話を聞いてくれるかどうかですかね。自分は家族と仲がいいので、家族との話を聞いてくれないと、話すことなくなっちゃうので…(笑)」

――葵さんは数々の作品に出演し、2017年には連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインを務め、常に新たなことに挑戦され続けているように思えるのですが、「挑戦」することへの怖さはありますか?

「新しいことをするのは怖いなと思う時もあります。でも、決める時はすごい迷うんですけど、決めたらやるしかないじゃないですか。挑戦を重ねてきて、直感派になってきた気がします。どっちを選んでも未来は誰にも予測できないので(笑)」

――その直感で判断して良かったと思うことはありますか?

「最近判断したのが、“舞台に挑戦するかどうか”だったんです。自分は舞台に向いているのかとか、いろいろ悩むことがありました。でも決断してやってみたら、身につくことも多かったですし、その挑戦が今まで走ってきた道にいい影響もすごくあって。大きく言えば、今まで挑戦しなかったことに挑戦して良かったなって。一見今まで進んできた自分の道と離れたように見えるけど、実はすべてつながっていて離れていなかったということも、挑戦してみなかったら分からなかったと思うので、それが良かったと思います。お芝居にしても、舞台というカメラのない状況で自分自身だけで表現するのは、映像作品の時に役に立つというか。挑戦して良くなかったことは、一つもないです」

――今後、挑戦してみたいことがあれば教えてください。

「今やってみたいのは乗馬です。習わないとできないことなので、時間があったら習いたいなと思っています。あとは、車を運転するのが好きなんですが、まだ自分の運転であまり遠出したことがなくて。だから遠出して、違う景色を見てみたいなと思います」

――最後に視聴者の方へドラマの見どころも含めて、メッセージをお願いいたします。

「若菜は今まで経験したことのない、常に内に何かを秘めているというやりがいのある役だったので、どんなふうに表現できているか注目していただきたいです。また、いろんなことが詰まったドラマなので、いろんな感情になってもらいながら、バチェラーは誰を選ぶのか、誰に殺されたのかなど推理しながら見ていただけたら楽しいと思います」

――ありがとうございました!

【プロフィール】

葵わかな(あおい わかな)
1998年6月30日生まれ。神奈川県出身。かに座。A型。連続テレビ小説「わろてんか」(NHK総合ほか)、「ブラックペアン」(TBS系)、「連続ドラマW インフルエンス」(WOWOW)、映画「ラーメン食いてぇ!」「青春 きみに恋した30日」「任侠学園」など数々のドラマや映画に出演するほか、ミュージカル「アナスタシア」や「The PROM」にて主演を務めた。また、「浦沢直樹の漫勉neo」(NHK Eテレ)にてナレーションを務める。

【番組情報】

サタドラ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」
テレビ東京系
土曜 午後11:25~11:55

テレビ東京担当 S・N

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.