Feature 特集

タイドラマブームの火付け役「2gether」がメ~テレに登場!! 一大ムーブメントを巻き起こした作品の魅力を徹底解説2021/04/24

 うそから始まるピュアな恋を描いたタイドラマ「2gether」。昨年、放送・配信された際にはTwitter世界トレンド1位を獲得するなど、世界中に空前のタイドラマブームを巻き起こした大ヒット作が、4月25日からメ~テレで放送スタート!

 4月から動画ポータルサイト・TELASAで見放題配信が始まり、6月2日には映画「2gether THE MOVIE」が公開予定など、その勢いは止まりません。「2gether」はなぜこれほどまでに人々をひきつけるのか? タイドラマの魅力にハマったテレビ朝日担当記者が、その魅力をご紹介します!

1.少女漫画のような王道でピュアな恋模様

 舞台は大学。自称“シックな男”で、かわいい女の子には目がないお調子者の新入生・タイン(Win/ウィン)がある日、ゲイの同級生・グリーン(Gun/ガン)に告白されるところから物語は始まります。猛アタックしてくるグリーンにさまざまな方法で諦めてもらおうとするも、どれも失敗に終わったタインは、大学一のモテ男・サラワット(Bright/ブライト)に偽の彼氏になってもらうことを計画。はじめは拒まれながらも何とかサラワットに受け入れてもらい、偽の恋人となった2人。グリーンの前で付き合っているふりをするだけのはずが、徐々にその関係が変化していき…。

 うそから始まる恋。恋人のふりだったはずなのに、なんだか気になる…。少女漫画では王道ともいえる展開ですが、1話ずつ話数を重ねるごとに、サラワットとタインの心の距離が近づいていく様子が丁寧に描かれていきます。サラワットのことが気になるけど、その気持ちを認めたくない…! というタインの葛藤もヒシヒシと伝わってきて、気がつくと誰もが2人の恋を全力で応援しているはず。

 また、アプローチを回避するためにグリーンに飲ませようと睡眠薬入りの飲み物を用意するも、間違って自分で飲んでしまうなど詰めが甘いタイン(そこがまたかわいい!)や、事あるごとにタインの胸を揉もうとする(!?)サラワットなど、コミカルなシーンも絶妙に散りばめられているので、1話が本当にあっという間! テンポよく展開していくストーリーと胸キュンの波状攻撃に、気がついた時には「2gether」の世界にどっぷり浸かっていました…(笑)。

 さらに、随所にある伏線が散りばめられているのですが、一気にその伏線が回収された時に「2gether」という作品へのいとおしさがさらに膨らむはず。最終回まで見たら、また1話から見直したくなること間違いなしです! 「あれってそういう意味だったの?」「この出来事の裏ではこんなことが…!?」と初めて見た時とは全く異なる視点で楽しめる仕掛けも、この作品がたくさんの方の心を捉えた理由の一つではないでしょうか。

2.まさに国宝級のイケメン! 出会うべくして出会ったBright&Winのキャストの妙 

 「2gether」の魅力は本当にたくさんありますが、外せないのが、主人公のサラワットとタインを演じるBrightとWinのお顔の美しさ! タイ・アメリカ・中国の“ミックス”で、くっきりとした目鼻立ちと澄んだ瞳がセクシーなBrightに対して、Winは色白でウサギのようなかわいらしいお顔立ち(彫刻フェースのBrightが隣にいるので、より愛らしさが際立っているのかもしれません…)と、くるくると変わる表情がチャーミング。タイプの異なる魅力を持つ好対照な2人が、正反対なサワラットとタインにぴったりとマッチしていて、キャスティングの妙を感じます。

 クールで不器用、誰にでもそっけない態度をとってしまうサラワットですが、その胸の内を雄弁に語る“目の演技”も注目ポイント! タインと心を通わせていくにつれて、タインを見つめる目もだんだんと優しくなっていきます。特に、タインの言葉で時に恥ずかしがり、時に傷つくサラワットの気持ちを表現する瞳のゆらぎがとても印象的で、その感情的な瞳にグッとひきつけられてしまいます。また、実は本作がドラマ初出演というWin。初々しい演技で、サラワットへの気持ちの変化を見事に演じています。タインが涙するシーンは震える子ウサギのように寂しげで、誰もが心の中でギュッと抱きしめてしまうはず…!

3.サラワットの甘すぎる口説き文句&歌声にドキドキ!

 最初は「俺を助けてくれ!」と自分に付きまとうタインを“厄介者”と呼び、邪険にしていたサラワット。偽の恋人同士になると、いつの間にかグイグイとタインを口説き始めるように…! その甘すぎる口説き文句も胸キュンポイントの一つ。偽の彼氏役を依頼した時の「落ちるまでキスするぞ」に始まり、「1か2か選べ」「俺の妻になりたいの?」…など、美形すぎるサラワットから発せられる甘すぎるセリフの数々は破壊力抜群。さらに、不意打ちでタインにささやく言葉がまた甘々で刺激が強くて…。サラワットのストレートすぎるアプローチに、伝説の少女漫画もびっくりです。

 さらに、軽音楽部に所属するサラワットがギターで弾き語る甘く優しい歌声もストーリーを盛り上げます。サラワットが歌うのは、タインとサラワットが共に好きで、劇中にも登場する“Scrubb”の楽曲。実在するタイのバンドなのですが、サラワットの部屋で歌う「Close」、タインの部屋のベランダでタインと一緒に歌う「Click」、そして作品タイトルの由来となった「Together」などの名曲がさまざまな場面でドラマチックに使われており、音楽を聴くとそれぞれの場面が強烈にフラッシュバックするほど印象的。楽曲それぞれメッセージ性が強く、その歌詞もドラマの伏線になっています。

4.個性的なサブカップルからも目が離せない!

 サラワット&タインはもちろんのこと、物語中盤から盛り上がりを見せる2組のサブカップルの一筋縄ではいかない恋模様も必見!! 大学の学園祭を訪れ、建築学科の先輩・ミル(Drake/ドレーク)に一目ぼれしたサラワットの弟で高校生3年生のプーコン(Frank/フランク)は、サラワットやミルと同じ大学への進学を決意。ミルとの距離を縮めるために家庭教師を頼もうと猛アタックするも、ミルはほかに気になる相手がいて、全くなびく様子はなく…。けなげにアタックし続けるプーコンの思いがミルに届く日は来るのでしょうか?

 また、サラワットの恋を応援し続けてきた友人のマン(Mike/マイク)にも春が到来! ある日、気になっていた女の子を追いかけて入った講演会で、隣の席に座った男性・タイプ(Toptap/トップタップ)に一目ぼれ。名前も年齢も、何をしている人なのかも全く分からないのにも関わらず運命の相手だと信じて疑わないマンは、あの手この手でタイプを見つけ出すことに成功(執念がすごい!)。タイプが行くところに必ずマンが現れるので、見ている途中は「ストーカーと間違われて嫌われるのでは…?」と心配になってしまうほどの猪突猛進ぶりですが(笑)、堅物なタイプが徐々にほだされていく過程に思わず顔がニヤけてしまい、“ツン”が“デレ”る瞬間は悶絶必至! 全話見終わるころには、2組とも「もっと見たかった!」と思わせるほど魅力的なカップルなので、こちらの恋の行方もぜひ見守ってほしいです。

……と、「2gether」の魅力の一部をご紹介しましたが、本作の魅力はまだまだ語り尽くせないほどたくさんあるので、そちらはぜひ放送や配信でご確認ください!

 TELASAでは定額で全話見放題のほか、Bright&Winらドラマキャストが出演するトーク番組「Play2gether」も見放題で、年内に日本初配信予定。劇中で登場人物たちが演奏した楽曲も披露されるので、こちらも要チェックです。また、映画「2gether THE MOVIE」のメーキングも無料で配信中なので、映画の公開前にドラマを復習しつつ、メーキングを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 さらに、「2gether」を見てタイドラマが気になった方は、タイドラマ専門誌【タイドラマガイド『D』】( https://zasshi.tv/products/4427/ )もぜひご覧ください! 「2gether」主演のBright&Winが表紙のVol.1では、Bright&Winの魅力と素顔に迫ったロングインタビューやQ&Aのほか、「2gether」の監督インタビュー、タイ俳優名鑑など情報が満載です。最新号のVol.2(表紙:Krist&Singto)では、本作の続編となる「Still 2gether」、大盛況で幕を閉じたファンミーティングなどを振り返ったクロストークや、ファンからの質問に答えるコーナーなども掲載されています!

 コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えた昨今。「2gether」から、タイドラマの沼にハマってみませんか?

【番組情報】

「2gether」
4月25日スタート 
メ~テレ 
日曜 深夜0:58〜3:01 ※4月25日は深夜1:28〜3:31 ※毎週2話ずつ放送
※TELASAの詳細は https://www.telasa.jp/unlimited をチェック!

テレビ朝日担当 K・T

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.