Feature 特集

メジャー1stシングルリリース! マカロニえんぴつが考える“青春”とは?2021/04/21

 「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」主題歌の「はしりがき」などを収録したメジャー1stシングルをリリースする、はっとり(Vo/Gt)、田辺由明(Gt/Cho)、高野賢也(Ba/Cho)、長谷川大喜(Key/Cho)からなる4人組ロックバンド・マカロニえんぴつが登場。映画のテーマにもなっている“青春”についても語ってもらった。

――「はしりがき」は「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」の主題歌ですね。

はっとり 「バンド結成当時から、“全年齢対象ポップスロックバンド”という言い方をしてきたんですけど、『クレヨンしんちゃん』はまさにそれに通じるイメージを持ったアニメだと思うんです。特に映画版は毎回確固たるメッセージがあって、どんな世代でも巻き込んでしまう作品ばかりなので、そこに関われるのはうれしかったですね。しかも、今回のテーマは『青春』で、自分たちの肌感にすごくマッチするものだったので、余計なことは考えずに、自分たちが出せる色を惜しみなく出そうというモチベーションで作りました」

田辺 「『しんちゃん』を知らない人はきっといないですよね。なので、今までで一番多くの人に届く可能性がある曲かもしれないと思うと、『僕たちはこういうバンドです』とちゃんと提示したい思いがあって、構える部分もありつつ…でも、制作自体は今まで通りみんなで楽しんでできて、いい経験になりました」

長谷川 「映画のしんちゃんは常にお尻走りをしているイメージで、今回『はしりがき』というタイトルですけど、僕らも駆け抜けるように演奏できたらいいなと思って。グランドピアノで演奏したんですが、より走っている感じが出せるように、そんなにテーク数も重ねずに、新鮮な気持ちを大事にして演奏しました」

高野 「青春は模索をし続ける時期だと思うんですけど、音作りやフレーズを考えるのも常に模索をしている状態なんですよね。その中で『これでいいんだ』ってがむしゃらに押し通すような演奏にしたいと思って、最後のCメロはシンプルかつ強めに主張する音が出せたかなって」

はっとり 「最近の僕らの曲としてはシンプルな方ですけど、ベースも存在感があるし、ギターも裏でソロをずっと弾いていたり、結構好き放題やっていて。8年以上やってきて同じ方向を向けた今だからこそ、それぞれが好きにやってもまとまったんだと思うので、そういうバンド感を実感できた喜びもありました」

――「マカロニえんぴつ=青春」というイメージを皆さんはどう受け止めていますか?

田辺 「今の年齢になって、青春ってある特定の時期を指すものではないんじゃないかと思うようになったんですよね。何かに没頭したり、情熱を注いでいる瞬間は、何歳になっても輝けると思うので、そういう時はいつだって青春なんじゃないかなって。なので、今、自分がこのバンドでギターを弾いていることも青春だと思うんです」

長谷川 「マカロニえんぴつは誰かが何か悩んでいることに対して、『こういう見方があるよ』とか『俺もそうだよ』って後押しができるバンドだと思っていて。やっぱり、常に考え続けることが青春だと思うから…うーん、なんて言えばいいんだろう?」

はっとり 「今、すごく考えてるから、めっちゃ青春してるじゃん(笑)。答えを一緒に探している感覚なのかな?」

長谷川 「そう、答えを出してあげるわけじゃなくて、一緒に考えたり、一緒に悩んだり、模索することを手伝ったり、そういうバンドなのかなと思います」

――「はしりがき」というタイトルはどう決まったんですか?

はっとり 「“走る”ということがずっと楽曲の背骨としてあった中で、ふとインディーズ時代のツアータイトルに『走り書き編』というのがあったのを思い出したんです。当時はどこに向かっていて、誰に向かってメッセージを紡いでいるのかも正直よく分かってなかったけど、でも走ってることだけは確かだったんですよね。その頃の自分に『間違ってなかったよ』と伝えたい気持ちもあったし、今も相変わらず分からないことは分からなくて、走り書きを続けているようなバンドだから、このタイトルがいいんじゃないかなって」

――青春は年齢で規定するものじゃないという話に通じますね。

はっとり 「僕は失ったものを取り返そうとしている時っていうのも、みっともないけど青春だと思うんです。過去に置いてきたものを遅れてでも取り返せるのが青春で、昔やってきたことが間違いじゃなかったと思えたからこそ、いま一度過去からタイトルを引っ張り出してこれたのかもしれないですね」

【プロフィール】

マカロニえんぴつ
2012年、音楽大学の仲間で結成。はっとり(Vo/Gt)、田辺由明(Gt/Cho)、高野賢也(Ba/Cho)、長谷川大喜(Key/Cho)による4人組ロックバンド。書き下ろしの新曲「好きだった(はずだった)」が「王様のブランチ」(TBS系)テーマソングになっている。

【リリース情報】

シングル「はしりがき」EP
4月21日発売 ¥1,500ほか

「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」主題歌で“青春”をテーマに書き下ろした「はしりがき」、JR SKISKI 2020-2021 キャンペーンテーマソング「メレンゲ」などを収録したシングルEP。

【プレセント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/news/present/
(応募期間:2021年4月21日正午~4月28日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド 4月30日号」(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/金子厚武 撮影/增田勝行(SIGNO)

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.