Feature 特集

藤井フミヤが長い封印を解き「ギザギザハートの子守唄」を披露! “歌手人生の集大成”プレミアムライブが放送!!2021/03/25

 NHK BSプレミアムで3月27日に「激レア! 藤井フミヤ ギザギザハートからTRUE LOVE」が放送されます。1983年に7人組アイドル・ポップバンド、チェッカーズのボーカルとして華々しくデビューした藤井フミヤさん。メンバーは皆チェックの衣装&個性的な髪形というスタイルで、聴きやすくポップなラブソングを次々とリリースしたチェッカーズは、ヒットチャートを駆け上がり、歌だけでなく、その外見をまねする若者たちが続出し社会現象にまでなりました。

 数知れないヒット曲を生んだ彼らでしたが、92年の「第43回 NHK紅白歌合戦」を最後に解散、その活動に終止符を打ちました。以降、藤井さんはソロアーティストとして活動し、多くの名曲を発表し続けています。そして還暦を直前にした2021年春、「間違いなく自分の一部であるチェッカーズを含めた作品たちと対峙(たいじ)して、もう一度歌っておきたい!」という決意のもと、藤井さんがチェッカーズの名曲を含めたプレミアムなスタジオライブを開催しました。

 そんな番組の収録に潜入取材! ライブの様子やトークの模様を一部ご紹介します。

 すてきな衣装を身にまとい、NHK局内のスタジオで行われた収録に現れた藤井さん。チェッカーズの元メンバーで実の弟でもある藤井尚之さんも演奏に参加する中、名曲をたっぷり披露してくれました。チェッカーズ解散後、初めてテレビで歌うという「ギザギザハートの子守唄」では、当時をほうふつとさせるファッションで、ド派手な演出と抜群のパフォーマンスで会場を魅了。世代を超えて愛される理由がひしひしと伝わってきました。

 また、当時大ヒットしたものの、過激な歌詞でNHKでの放送が禁止だったという「NANA」も解禁。少し大人っぽい雰囲気の歌詞と曲調には男の色気があふれていました。そしてソロデビュー曲として発表され、ドラマの主題歌になり大ヒットした「TRUE LOVE」。落ち着いた雰囲気のギターの音色と甘く切ない歌詞は、心の奥にまで響いてくるものでした。

 また、後日行われたトーク収録では、かつては収録以外ではそろうことはなかったという、チェッカーズを生み出した作曲家で音楽プロデューサーの芹澤廣明さんと、作詞家の売野雅勇さんが登場し、藤井さんを交えて鼎談。大人の雰囲気を醸し出す3人が、藤井さんのデビュー前の様子やこれまで明かされなかった裏話、チェッカーズの人気が爆発した当時のエピソードなどを語り合いました。ほかにも、藤井さんとプライベートでも交流のある木梨憲武さんと大地真央さんもゲスト出演し、さまざまなトークを繰り広げます。

 ここで紹介した曲以外にもたくさんの名曲を披露してくれた藤井さん。リアルタイムでのチェッカーズを知らない私でも知っている曲や、初めて聴いて思わず感動してしまう曲がめじろ押しでした。デビュー以来、第一線で活躍を続ける藤井さんの歌手人生の集大成ともいえる永久保存版のプレミアムライブ「激レア! 藤井フミヤ ギザギザハートからTRUE LOVE」をぜひご覧ください!

【番組情報】

「激レア! 藤井フミヤ ギザギザハートからTRUE LOVE」
NHK BSプレミアム
3月27日 午後9:00~10:30

NHK担当 S・A

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.