Feature 特集

市川海老蔵主演「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」竹中直人、中尾明慶、味方良介が思いを語る! 2021/03/18

 3月26日に放送される市川海老蔵主演のスペシャルドラマ「十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』」(フジテレビ系)。本作は、数的にはるかに劣る織田軍が今川義元の大軍を打ち破り、日本史上最大の逆転劇とうたわれ、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦、“桶狭間の戦い”を題材とした本格歴史エンターテインメントだ。

 海老蔵が織田信長を演じるほか、三上博史、広瀬すず、中尾明慶、竹中直人、北村一輝、味方良介、鈴鹿央士、堀井新太、堀越勸玄、市川ぼたん、松田龍平、黒木瞳、佐藤浩市ら豪華キャストの出演が決定している。今回は竹中、中尾、味方が本作への思いを語った。

 信長と斎藤道三(佐藤)の間を取り持つ、今作品のキーパーソンの1人、堀田道空を演じる竹中は「僕は、撮影現場は音楽でいう“セッション”のようなものだと思っています。台本はある意味、譜面。声をかけていただいて、現場に行くとそこに共演の方やスタッフがいる。その空気を感じながら、自分がどの音でいくのか…。いつもそんな感じなので、役のことを考えていくことがないのです。今回も現場を自分がどう感じられるのか、それだけでした」と撮影時を振り返る。

 海老蔵が演じる信長については「海老蔵さんとは、映画『一命』(2011年)でご一緒させていただいています。今回は、もうそのまま“信長”でしたね。海老蔵さんならではの信長になっている…って感じました」と海老蔵の“信長ぶり”に感嘆の様子。

 自身も過去に大河ドラマで豊臣秀吉を演じたことがあるが、今作で木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)を演じる中尾については、「中尾くんとは『軍師官兵衛』(14年/NHK総合ほか)の時もご一緒しましたし、昔からよく知っていて。今回久しぶりに会うので、とても楽しみにしていました。『久しぶり! 秀吉なんだ!』ってね(笑)。共演のシーン、とてもうれしかったです」と笑顔を見せた。

 その中尾が演じる木下藤吉郎は、信長の家臣で、信長の懐に入り込もうと策略を練る人物だ。中尾はオファーが来た際のことを振り返り「とにかくやらせてください、その思いだけでした。豊臣秀吉となると…もしかしたら僕ではなかったかもしれませんが、あくまで木下藤吉郎ですからね。たくさん想像を膨らませて、後に秀吉になるという高揚感を持ちながら、全力で演じたいと思いました。竹中さんは『軍師官兵衛』でもご一緒させていただきましたが、久しぶりに会うことをとても楽しみにしてくださっていたと聞いて、とてもうれしかったです」と再共演を心待ちにしていたよう。

 また、後の天下人となる偉人を演じたということで「今回、藤吉郎を演じることができてすごくうれしいですし、その役に声をかけていただけたということは、僕の“人の懐に入るずるさ”がちょっとばれてしまったかなって(笑)。とにかく偉大な人物ですからうれしかったです」と喜びを語った。

 海老蔵とは初共演となる中尾だが、「海老蔵さんは本当に“殿”って感じです(笑)。まさに信長を見ているようでした。2人だけのシーンでも、僕の引き出しを引っ張り出してくれて、すごく尊敬しています。僕が演じやすいようにというか、僕の演じたいことを分かってくださって、すごく相手のことを考えてくれているなって感じました。海老蔵さんにはお食事にも誘っていただいて、すごくおいしいものをたくさんごちそうになりました(笑)。2人の時間を作ってくださって、より演じやすいようにと考えてくださったのではないでしょうか」と海老蔵の心遣いに感謝した。

 本作の話の核となる“桶狭間の戦い”のシーンについては「京都の殺陣のチームの皆さんは、素晴らしい方々がそろっているので、絶対にいいシーンが撮れるとリハーサルの時から思っていましたし、実際にすごく迫力のあるシーンが撮れたと感じています」と自信を見せた。

 そして、信長の家臣で、信長の戦法やある種の非情さを間近で見ることになる服部小平太を演じた味方は、「出演オファーが来た時には『僕ですか?』というのが正直な気持ちでした。テレビドラマの撮影は『教場』(20年/同系)に続いて2本目でしたし、本格的な時代劇はほとんど経験がなく、まずは、本当に驚きが大きかったです」と振り返る。

 撮影に入る前の準備については「京都の撮影現場ももちろんなのですが、初めてのことばかりでしたので、これは中途半端に下準備をしてもしょうがないと思い、あえて“捨て身で行こう”と思いました。もちろん、この時代の歴史の書物は読みましたし、台本もしっかり読み込んで、芯はぶれないように心掛けました。この作品を通してこの時代を知っていくのが大切なのかなとも思って、現場で実際に“殿(信長)”を見て感じたことを大切にしようと思いました」と明かした。

 実際に演じてみて「僕は織田信長に少年期から傾倒する家臣団の1人でしたが、信長様が入ってきた瞬間に、『織田信長だ! 本物だ!』とすぐにスイッチが入りました。海老蔵さんのたたずまいは、『きっと織田信長ってこうだったんだろうな』と思わせてくださるものがあり、『捨て身でこの人に仕えていこう』と、自然と立ち振る舞うことができました」と満足のいくものになった様子。

 さらに、味方は今作で自身初のナレーションも務める。「とても緊張しました(笑)。(コロナ禍により)撮影からナレーション録りまでの期間があったのですが、作品が体にしっかり染みこんでいたので、記憶をたどりながらではなく、自分の中に眠っているものを呼び起こしていく感覚でした。ただ、時代劇独特の言葉やイントネーションも事前に調べはしたのですが、自分自身の癖が出てしまう瞬間があって、自分に対していら立ちを覚えました」と声のみで表現することの難しさを感じたようだった。

 最後に3人は視聴者へ「何といっても、“海老蔵さんの信長”だと思います。広瀬さんとは以前舞台でご一緒しましたが、とてもパワーのある女優さんだなと思いました。初の時代劇だとは知らなかったので、広瀬さんの濃姫も楽しみですね」(竹中)、「最近は時代劇を見る機会も少なくなってきています。戦国時代では合戦がどうしてもフィーチャーされると思うんですけれど、そこにはやはり命を懸けて戦う人たちのいろんな葛藤があって。たくさんの人間ドラマがある中で、一人一人がそれぞれの思いを背負って戦う姿はぜひ見てほしいなって思いますね」(中尾)、「本当に“最初から最後まで”が見どころだと思います。“桶狭間の戦い”にフォーカスするのはすごくチャレンジングな企画だと思いますが、その中で一人一人の人物像や関係性がすごく凝縮して描かれていて。日本人の熱い魂、パッションみたいなものを感じられる作品だと思いますので、そこを感じながらぜひ、見てほしいと思います」(味方)と、それぞれ見どころをアピールした。

 あらゆるエンターテインメント作品が制限を受ける中、「テレビドラマという形でエンターテインメントをお届けしたい」という海老蔵の強いメッセ-ジが込められた「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」。3月26日の放送に期待が高まる。

【番組情報】

「十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』」
フジテレビ系
3月26日 午後9:30~11:32

フジテレビ担当 H・A

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.