Feature 特集

「警視庁・捜査一課長2020」人気声優・内田真礼が第一発見者を熱演!2020/05/14

 ヒラ刑事からはい上がったたたき上げの捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)率いる捜査員たちの熱き奮闘を描き、今シーズンも高視聴率を出しているドラマ「警視庁・捜査一課長2020」(テレビ朝日系)。今夜放送の第6話では、メインゲストに釈由美子さんを迎えるほか、アーティスト、女優としても活動する人気声優・内田真礼さんが登場します。刑事ドラマ初出演となる内田さんが自身のSNSで報告をすると、すぐさま大反響が! 「好きなドラマに出演してくれてめっちゃうれしいです! 永久保存版です」など、歓声が飛び交っていました。

 内田さんは「まさか、自分に刑事ドラマのオファーが来るなんて思っていなかったので、びっくりしましたし、私で大丈夫かな…?と思いました。ですが、喜んでくれる方がいるなら!と今回チャレンジしてみました」と、新境地に飛び込んだ心境を告白。また、遺体の第一発見者であるキャンプ場のスタッフ・大田里香を演じる上で工夫したことや撮影時のエピソードを聞かれると、「ナチュラルに、その場にいられたらいいなと思っていました。段取りを考えすぎると怖い顔になってしまうので、頭にたたき込んで…! いつも明るくて、楽しい職場なんだろうなという裏側が見えるようにお芝居しました。表情が徐々に動いていって、最終的に『きゃー!』と声を出して発見するシーンは、とても難しかったです! なかなかうまくできなくて、何度もやり直しました。いつもと全く違う世界で、楽しさもあったけど、お芝居っていろんな形があるなあ…と勉強になりましたね」とコメントし、「キャンプ場で働く大田里香の活躍にご期待ください! びっくり顔に注目ですよ!」とアピールしました。

 さて、今夜放送はキャンプ場でスーツ姿の男性の遺体が発見されるところから始まります。大岩らが臨場すると、遺体は身元が分かるものを所持しておらず、胸ポケットから水滴のついた水鉄砲が見つかります。死亡推定時刻は前日の午後6時頃で、状況から別の場所で殺害され、犯人によって現場まで運ばれた可能性が浮上。キャンプ場スタッフの里香によると、被害者は前日の午後4時頃、スーツ姿で宿泊申し込みにやって来たが、予約がいっぱいだったため断ったといいます。

 午後5時頃には、被害者が別の男性客と話をしていたのを見かけた里香は、その男性客はアウトドアやキャンプに慣れている様子だった話します。 “キャンプ慣れ”した男性客の予約を取ったのは、彼の隣の区画で小学生の息子とともにキャンプ中の熊木貴代(釈)だと判明。貴代と対面した大岩は、彼女が昨年、逃走中の容疑者を命懸けで食い止め殉職した巡査の妻であることを知って驚きます。貴代は男性客の分も一緒に申し込みをしたにもかかわらず、なぜか名前も連絡先も覚えてないと言い張りますが、彼女が何かを隠していると直感した平井真琴(斉藤由貴)は、なんと貴代たちの隣にテントを張り始め…。

 今夜8時からの放送もぜひお楽しみください!

【番組情報】

「警視庁・捜査一課長 2020」
テレビ朝日系
木曜 午後8:00~8:54

テレビ朝日/ABCテレビ担当 Y・O

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.