Feature 特集

「私たちはどうかしている」浜辺美波と横浜流星が御菓子作り直接対決&恋の行方も決着!?2020/09/30

 浜辺美波さんと横浜流星さんがダブル主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)。浜辺さん扮(ふん)する才気に満ちた和菓子職人・花岡七桜と横浜さん演じる老舗和菓子店・光月庵の跡取り息子でクールな高月椿が、15年前の当主殺害事件をめぐる悲運に苦悩しながらも、互いに引かれ合う物語が最終回を迎えます。

 光月庵の当主だった高月樹(鈴木伸之)が殺された際、七桜の幼なじみで初恋の相手でもあった椿の証言によって、七桜の母・大倉百合子(中村ゆり)が容疑者として逮捕され、取り調べ中に亡くなりました。亡き母の無実を証明するため、自分の正体を伏せながら椿と結婚して光月庵に乗り込んだ七桜でしたが、自分が百合子の娘“さくら”であることを明かした結果、2人の仲は再び引き裂かれることに。それから、3年がたち、2人は三度導かれ合います。そして、七桜は大旦那・高月宗寿郎(佐野史郎)に自分がさくらだと伝えた上で、光月庵での御菓子作りに身を置きたいと願い出ます。一方、椿も目の状態が悪いながらもそれを隠して光月庵は自分の店だと主張。大旦那は「12月31日の除夜祭の日、より美しく魂を震わす御菓子を作った者に光月庵を譲る」と告げ…。

 9月30日放送の最終話では、七桜と椿による当主の座を懸けた直接対決が繰り広げられます。2人の心はその日を迎えるまでに大きく揺れ動きますが、その日が2人にとっての最後と決意して戦いに臨みます。そんな中、何としても椿に光月庵を継がせたい今日子(観月ありさ)も黙ってはいません。あの手この手と七桜の行く手を阻もうとします。

 2人の勝負の行方、大旦那は2人のどちらを後継者に選ぶのか。また、当主殺害の真犯人は一体誰なのか。殺された当主が七桜の父親と判明したことで新たに疑問として浮かび上がる椿の本当の父の正体。七桜を支える多喜川薫(山崎育三郎)、その多喜川の依頼で七桜の母だと偽った宮部夕子(須藤理彩)、今日子と怪しげな関係の溝口真之介(吉沢悠)…。彼らの思惑とは一体…。そして、七桜と椿の恋の結末は…。最終回は2時間のスペシャルですが、見逃せないポイントが盛りだくさんですね!

【番組情報】

「私たちはどうかしている」(最終回)
日本テレビ系
水曜 午後10:00~11:00(9月30日は後9:00~10:54)

日本テレビ担当 K・T

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.