Feature 特集

「映画おしりたんてい」で小林星蘭が憧れの声優・三瓶由布子と共演!「劇場でおしりを本気で探してください!」2020/08/14

 「フーム、においますね」のセリフでおなじみ、NHK Eテレで放送中のアニメ「おしりたんてい」(土曜午前9:00)。児童書も大人気の作品ですが、映画化第2弾となる「映画おしりたんてい テントウムシいせきの なぞ」が、8月14日から「東映まんがまつり」で全国公開されます。

 おしりダンディとの親子タッグで遺跡の謎に挑む冒険活劇となる本作は、おなじみの登場キャラクターに加え、個性豊かなキャラたちが大活躍します。今回、おしりたんてい役の三瓶由布子さんと、テンテン村の子ども・パンタン役を務めた小林星蘭さんに、作品の見どころやアフレコ時のエピソードなどを伺いました!

――まず、今回の台本を読んだ率直な感想をお願いします。

三瓶 「ゲストのキャラクター役を演じる方たちとお会いしたことがなかったので、早くアフレコしたい!と思いました。強烈なキャラクターばかりなので楽しみでしたね」

小林 「映画ならではのスケールの大きさに驚きました。特に物語の最後の方は“どんな画になるんだろう!?”と、頭の中で考えてワクワクしました」

――小林さんは「おしりたんてい」初参加でしたが、ゲスト出演が決まった際のお気持ちを聞かせてください。

小林 「元々おばあちゃんが『おしりたんてい』のファンで、まさかその作品に出演できると思わなかったのでうれしかったです。パンタンがとてもかわいいキャラクターなので、私の声で合うのかな…?と少し不安もありましたが、作品に携われる期待の方が大きかったです」

――パンタンは小林さんにぴったりなイメージのキャラクターだと思いましたが、演じてみていかがでしたか?

小林 「幼くて、元気いっぱいで好奇心に満ちあふれていて…。目がキラキラしているパンタンのかわいさに負けないように意識して演じました。アフレコ自体は何度か経験がありますが、劇中に出てくるカンフーの“ヤッ!”とか“ハッ!”という動きのある声を演じるのが初めてだったので、難しかったです」

三瓶 「完璧なかわいいパンタンでした!」

――今回共演してみて、お互いの印象はいかがでしたか?

三瓶 「星蘭ちゃんが演じたパンタンのビジュアルって、実はとても苦労して作られたんです。いろいろ試行錯誤した結果、今のかわいい黄金比率のパンタンが生まれたんですが、その姿と星蘭ちゃんの声がマッチしていますよね。演技も素直でナチュラルなので、見ていてキュンとしちゃいました。今回パンタンはおしりダンディと一緒のシーンが多いのですが、ぜひ私とも掛け合いのシーンをやっていただきたいです」

小林 「三瓶さんは私が幼い頃に見ていたアニメのキャラクターの声優さんだったので、収録日が近づくにつれて緊張でドキドキしました。実際収録が始まると、当時見ていたキャラクターとは全く別人の声でおしりたんていの演技をされていたので、そのギャップに驚きました。あらためて、こんなにキャラクターを演じ分けられる声優さんのすごさを目の当たりにしました」

三瓶 「この作品では紳士な声を大事に演じていますから(笑)」

小林 「私、おしりたんていさんが走っているシーンが大好きなんです!」

三瓶 「(笑)。おしりたんていは、ほっぺの揺れで走っているのを表現するんです。口を開けて息をはくんじゃなくて…なんて言ったらいいんだろう?(笑)」

――普通の人間とは違う、おしりたんてい独特の息づかいですね?

三瓶 「そうです! 口が見えなくてもちゃんと走っているので、そこも注目していただきたいですね」

ページ: 1 2

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.