Feature 特集

東京03×山下健二郎×山本舞香によるシットコムドラマ「漫画みたいにいかない。」特別座談会! 1カ月で全10話を撮り切った力作がついにスタート!【前編】2017/10/30

 売れない漫画家とその周りの人々に起こる“漫画みたいにいかない”日常を描いたドラマ「漫画みたいにいかない。」が10月31日からオンライン動画配信サービス・Huluでスタート! 東京03の角田晃広さん、飯塚悟志さん、豊本明長さん、三代目J Soul Brothers・山下健二郎さん、山本舞香さんという異色の5人が織り成す本作は、「まったく売れない漫画家の悲哀に満ちた日常」を舞台に、独特なクセのあるテンポで描かれます。

 脚本・演出を手掛けるのは「ゴッドタン」(テレビ東京系)、「ももクロChan~Momoiro Clover Z Channel~」(テレビ朝日ほか)といったバラエティー、そして「素敵な選TAXI」(2014年・フジテレビ系)、「ウレロ☆シリーズ」(11~16年・テレビ東京ほか)等で知られる人気構成作家・オークラさん。東京03とのコンビネーションは言わずもがな、オークラさんの繰り出す珍演出を山下さん、山本さんがどのようにかき乱すのかが楽しみな、新感覚シットコムドラマです。

 既に全10話の撮影が終了しており、来春には同じメンバーで舞台化も決定。Huluでの配信が待ち遠しい本作ですが、このたび、東京03のお三方、山下さん、山本さんに撮影現場でのエピソードやドラマの見どころを伺いました。終始笑いの絶えなかった座談会を、前・後編にわたってどうぞお楽しみください。

オークラによる当て書きの脚本に、山本舞香は疑問が?

── 皆さんの演じるキャラクターについて、見どころを教えてください。

角田 「僕は売れない中年漫画家の戸塚オサムという役なんですけど、とにかくダメな男なので、演じていて楽しかったです。娘にバカにされていて…」

山本 「(ケラケラと楽しそうに)」

角田 「こうやってね(笑)。自分と近くて、演じていて楽しかったので、見ている方にも楽しんでもらえたらいいですね。アシスタントの荒巻には尊敬されていて」

山下 「尊敬してます。大好きです!」

角田 「ほらね。おバカなんです(笑)」

山下 「僕が演じる荒巻弘彦という役は戸塚先生のことを尊敬しているアシスタントで、おバカちゃんなんですけど、熱い部分があったりして、先生の漫画が大好きで、愛されキャラなところもあって。荒巻は数々の職業を転々としてきているので、実はいろんな能力を持っているんです。先生がピンチの時にその能力を発揮する場面もあるので、そこが見どころです」

山本 「私が演じる高橋るみは戸塚オサム先生の一人娘で、ちょっと男の人に遊ばれやすい女の子です」

飯塚 「ちょっとどころじゃないけどね(笑)」

角田 「かなりね!」

山本 「でも…。あの、私、遊ばれたこととかないので…。分かんなくて」

飯塚 「私生活ではね」

角田 「(子どもをあやすように)遊ぶ方なのかな? 分かんないけど」

豊本 「(笑)」

山本 「もうっ!(笑)。今回、ほとんど当て書きなんです。オークラさんは私の何を見て、このるみって役を任せてくれたのかなって思いますもん。どんどん自分の素の感じに似ていくんですけど、序盤は本当に雑すぎて…(笑)。でも、ホストにだまされたりとか、とにかく演じていて楽しかったです」

角田 「奇麗にまとめたね」

飯塚 「これ以上しゃべっちゃいかん!って気付いたんだね。分かる分かる」

山本 「もう~(笑)」

豊本 「僕は女性にだらしがない役をやりましたね」

一同 「(笑)」

豊本 「?」

飯塚 「私生活はそんなことないもんね?」

豊本 「ないですね!(キッパリ)」

一同 「(笑)」

豊本 「舞香ちゃんの発言で、当て書きというのが出てしまったので、ドキッとしちゃいました(笑)。僕は足立徹という編集者の役を演じたんですけど、役作りはすんなりできました! 個人的な話になるんですけど…トリさん(飯塚)と、あと、先生(角田)に、お説教というか、お前それは違うぞ、と諭されるシーンがあって。そのせりふはすごく刺さりました」

飯塚 「何を動揺してるの?(笑)。僕は鳥飼昭雄という戸塚先生と幼なじみで定食屋の店主という役で、基本ツッコミ担当です。すごく適当な性格で、山下くんが演じる荒巻ちゃんが熱く語っているのを真正面からバカにしたりするんですよ。そういうのが、すごく楽しかったですね」

山下 「いい感じのせりふを言うんですよね。荒巻はすぐ熱くなっちゃうんです」

飯塚 「そう、すーぐ熱くなるから~!(笑)」

ページ: 1 2

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.