Feature 特集

東京03×山下健二郎×山本舞香「漫画みたいにいかない。」特別座談会。島崎遥香、山崎樹範をゲストに迎えた舞台がついに開幕!2018/04/05

 売れない漫画家とその周りの人々に起こる“漫画みたいにいかない”日常を描いたドラマ「漫画みたいにいかない。」が待望の舞台化! 東京03の角田晃広さん、飯塚悟志さん、豊本明長さん、三代目J Soul Brothers・山下健二郎さん、山本舞香さんという異色の5人が絶妙なテンポで繰り広げるドラマは、オンライン動画配信サービス・Hulu、さらに地上波での放送が話題となり、多くの視聴者をとりこにしました。

 本番を目前に控え準備も大詰めの中、このたびメインキャストの5人に加え、舞台から本作に出演する島崎遥香さん、山崎樹範さんの7人がお稽古をしている現場に潜入。約半年前の取材(【前編】&【後編】)からさらにパワーアップした皆さんのトークに圧倒されながらも、舞台化への意気込みやお稽古中のエピソードなどを伺ってきました。

オークラ先生の秀逸な脚本に、大ブーイング!?

── 本番を目前に控えた、今の心境をお一人ずつお聞かせください。

飯塚 「今まさに稽古の真っ最中なんですけど、オークラ先生の書いてくれた本がめちゃめちゃ面白いので(一同、深く頷きながら)、お話がすごく面白いということは分かったうえで、あとは自分たちがどう演じるかが肝だと思っています。普通に演じたら絶対面白くなるので、頑張ります!」

山崎 「僕は…さっき、飯塚さんが『本が面白い』っておっしゃったんですけど、ちょっと言葉足らずだなって」

飯塚 「ん?」

山崎 「(声を大にして)東京03さんはじめ、出演者の皆さんがホント面白いんです!!」

一同 「(笑)」

飯塚 「どんどんやりづらくなるぞ!(笑)」

山崎 「本が面白くて出演者も面白いんで、早く本番やりたいっていうのが今の気持ちですね」

角田 「今の回答で言葉は全部足りましたね!(笑) この後、初めて1から通すんですよ。なのでそのプレッシャーが非常にありまして…。出たり入ったりが多いので、出トチリというか、出るべきところで出ない、みたいなのは避けたいと思います(真面目に)」

飯塚 「基本中の基本だわ!(笑)」

角田 「そこだけ、守りたいですね(大真面目に)」

飯塚 「当たり前だよ!」

山下 「僕は本番も近いですし、稽古真っ最中でちょっと緊張しています。先ほど角田さんも話していたように今日初めて通すんですが、いい緊張感の中でできるんじゃないかなと思っています。久しぶりの舞台なので、僕個人としてもとても楽しみです」

山本 「私は、やっぱりオークラ先生の脚本に対してプレッシャーを感じています。面白くやらなきゃいけないっていうプレッシャーというか…。でも私、面白くやろうと思って臨んでいる訳ではないので」

角田 「怒ってる?」

豊本 「機嫌悪いのかな?(笑)」

飯塚 「どうした急に!」

豊本 「楽しくやろうよ~」

山本 「違う違う! 怒ってないですよ!(笑)。私にとって初舞台なので楽しくやりたいなって。でも緊張してるんです」

角田 「やっぱ本がいいとね、迷惑だね」

飯塚 「もうちょい抑えてほしかったよね」

山本 「オークラ先生ね…。面白いんですよ、本当に。頑張ります」

豊本 「僕は、早く本番やりたいです!!(意気揚々と)」

山本 「えーーー?(納得いかなさそうに)」

豊本 「これから通し稽古なんですけど、」

島崎 「(遮って)一番せりふが少ないからでしょ?」

一同 「(笑)」

豊本 「そうね、そこは楽なんですけど(笑)」

山崎 「(記者に向けて)こうやってね、和気あいあいとやってるんですよ」

飯塚 「そうかなぁ!?」

山下 「トゲあるなー!(笑)」

豊本 「ちょっと静かにしてくれる!?(笑)」

山崎 「いい現場だよね(しみじみと)」

豊本 「早くお客さんに見せたいなあという気持ちでいっぱいですから、僕は」

一同 「…(無言)」

山本 「終わり?」

豊本 「うん…。(島崎さんに向けて)次どうぞ。ほら、早く言いなよ!」

山本 「私…いろいろと精いっぱいなんですっ!」

飯塚 「今はやめて? 取材中だけ! ね?」

一同 「(笑)」

島崎 「私は病弱で、それゆえに倒れちゃったりする女の子の役を演じます。常にそんな感じの役なので…本番、ぶっ倒れないように頑張ります」

飯塚 「当たり前だわ!」

山下 「(あきれた感じで)俺ら、もうなんも言えねえ(笑)」

島崎 「頑張ります(笑)」

角田、ぱるるにお説教!?

── 舞台から参加される島崎さん、山崎さんの印象はいかがですか?

飯塚 「やましげさん(山崎)がずっと本意気なんですよ」

角田 「そうそう。ちょっと迷惑なんです」

山崎 「そういうふうに思われてたんだ(笑)。『あいつマジじゃん!』って?(笑)」

飯塚 「いやいや、プレッシャーなの! すごく面白くしてくれるから、ね?」

山本 「あはははは(笑)」

角田 「すごく声を張ってお芝居されるんです。でも、声を抑えたい時もあるじゃないですか。中には本番まで取っとかないと大変なことになる、ガラスの喉を持った方たちもいるんで(笑)」

山崎 「なんか申し訳ないです。空気壊してしまって」

飯塚 「こうやってね、和気あいあいとやってるんです(取り繕ったようにわざとらしく)」

── 島崎さんに関してはいかがですか?

豊本 「先日、誕生日を迎えられて」

島崎 「えっ、演技とかじゃなくてそこですか?」

一同 「(笑)」

飯塚 「(立ち上がって)違う違う!」

角田 「待ってて、これから来るから!」

豊本 「(ツッコミが)早い早い!」

飯塚 「(立ち上がったまま)誕生日だなんて一番のビックイベントじゃんか、ねえ! どうですか、角田さん?」

角田 「そうだよ、最高じゃない! 僕も以前、誕生日当日に仕事があった日があったんですけど…ケーキなんてなかったよ!? あの時は『あれ?』って思ってさ…。だからさ、ちゃんと祝ってもらえたんだから喜ばないと!(説教するように)当たり前と思うなよ! 祝ってもらえない人もいるんだから!!」

一同 「(笑)」

島崎 「そっかぁ…」

山本 「やめて! 倒れちゃうから!」

飯塚 「普段、もっと仲良いんですよ。なぜか、今急にこんな感じで…」

山本 「やっぱりちょっとピリピリしちゃってるみたいです、みんな」

山下 「でも、仲良くやってマース☆」

一同 「(笑)」

山下 「稽古の時は、みんな笑いをこらえるのに必死なんです。いつも我慢している分、今こうして大笑いして息抜きできているのかもしれないです」

角田 「いいねー! そういうコメント」

飯塚 「うん。良かった!」

豊本 「やっぱり山下くんはさすがだねー」

山下 「(ぼそっと)決まった、良かった、良かった」

ページ: 1 2

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.