Feature 特集

安田顕が「PICU 小児集中治療室」で魅せる静かなる強さ。「アラートの音だけが鳴り響く中で役割を果たしていくさまを実際に見て…」2022/10/24

 吉沢亮さんがフジテレビ系連続ドラマ初主演を務め、自身初の医師役に挑むドラマ「PICU 小児集中治療室」。女手一つで育ててくれた母を大事に思い、北海道の実家から通える丘珠病院の小児科医となった志子田武四郎(吉沢)が、自分の非力さに打ちのめされ傷つきながも、“PICU”の仲間らと共に幼い命を救うため医師という職務に向き合っていく様子を、豪華キャストと共に丁寧に描くメディカル・ヒューマンドラマだ。

 経験の浅い小児科医・武四郎を静かに見守り、丘珠病院にPICUを新設するため東京からやって来た小児科医・植野元を安田顕さんが好演。武四郎と植野らは、どんな子どもでも受け入れられる“子どものための集中治療室=PICU”を作るため、さまざまな困難に立ち向かっていく。

 10月10日にスタートした本作だが、安田さん演じる植野の静かなる強さに視聴者はくぎ付け。そんな植野は、PICUのパイオニアの1人である植田育也医師をモデルに作られたキャラクターで、安田さんは実際に植田医師の立ち振る舞いなどを見学したという。「(植田医師に)動きについて質問したり観察させていただいたりしたのですが、 実際、撮影にどれだけ生かせているかというと、そうでもないのかなと思います。植田さんは、私が演じる植野と同じように“PICU”というものを日本に立ち上げてこられた方です。PICUを広げるために若手を育成していかなければいけない中で、育成における姿勢というものを質問したら、感謝であると。若手に対して、ありがとうという言葉を忘れないように接しているという話を伺いました」と明かす。

 さらに、「自分はできてはいないんですけれども…表情で言えば、目をすっと見開くしぐさがあった時に、植田先生に『先生は時々そういうしぐさをされますか』という質問をしてみたんです。すると、『自分は気づいていないけれども、ひょっとしたら、非常に的確に端的に意図をくみ取った上で、どう答えたらいいかということを話そうとしてる時に、そういう目になるかもしれません』っていうお話をしてくださいました。表情だったり声質だったり姿勢だったりっていうものはなかなか模写はできないんですけれども、そういった質問をすることによって、医療に取り組む姿勢であったり、ものの考え方であったりっていうものを自分なりにくみ取らせていただいて、ドラマに臨ませていただいているという感じです」と役作りに生かしている。

 実際アラートが鳴り響く中で、患児の対応にあたるPICUの医師たちの姿を目の当たりにしたという安田さん。「実際に患児が運ばれていく様子とかも見させていただいたんですけれども、淡々とした中にもそれぞれがやるべきことを、チームとして非常に冷静に、的確に、すごいスピードでやっていく。そこには動揺だったり、感情的になる瞬間は一切ない中なんですけども、とてつもない緊張感があって…アラートの音だけが鳴り響いていく中で、それぞれがそれぞれのポジションで役割を果たしていくさまを実際に拝見させていただいて、すごいなと…」と感心しきり。

 また、「医療従事者の皆さん、小児集中治療室の皆さんは、こういったことを仕事として向き合ってらっしゃるんだっていうのを拝見させていただきました。もちろん(動きなども)すごく参考になりましたし、やはりマインドというか、モチベーションというか…そういったものがより自分の中で大きくなりましたね」と意識の変化を口にする。

 植田医師のマインドをくみ取り演じているというが、植野というキャラクターについて、「最初に本を読ませていただいて、金城綾香プロデューサーと平野眞監督と3人でお話しさせていただいた時に、優しさの中にちゃんと厳しさを持った人というのを表現してほしいというお話がありました」という安田さん。

 「植田先生に会わせていただいて僕が抱いた感覚なんですけれども、(植野は)穏やかな部分というのはもちろんありつつも、諭す部分というところで、感情的にものを言う人ではないだろうなと。(PICUは)重篤の子どもたちも非常に多いと思いますし、一つのミスも許されない状況の中で、一つのちょっとしたミスが全て違う方向、よくない方向に転ぶ可能性があると思いますが、(植田医師は)『とにかく冷静でいようと心掛けます』と。『自分には経験がある。大丈夫だ。ここで浮き足立つことによって大変なことになるから、とにかく冷静に、冷静に…的確に伝わるように。そういうものを心掛けています』という話を聞きました」と打ち明ける。

 植田医師を特集した番組などからも「冷静に」という気持ちは伝わってくるそうで、「『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)という番組で植田先生を特集されてるものも拝見したり、『DOCTOR’S MAGAZINE』という雑誌の記事を読んでいると、やはりそういった部分をすごく感じることができました。いざ、植田さんをモデルにした植野を自分なりに解釈してやっていく時に、若手とやる時も、論破でもディベートという形でもないだろうと。ディスカッションであろうと。そういった人柄なのかなと。そういうところがセリフの中に書かれているように感じられたので、そういうアプローチで話し方だったり態度だったりを演じようと思っています」と意気込む。

 本作で主演を務める吉沢さんとは久しぶりの共演となるが、あらためて印象を聞くと「オンオフがカチッと入らない。すっと役に溶け込んでいく」と語る。「ナチュラルでありニュートラル。常に緩いギアを持っていて、周りに合わせて自分が感じたものをサードに持っていったりトップに持っていったりすることが自然とできちゃう人ですね。稀有(けう)な俳優さんだと思います。5、6年前から何度かご一緒してますけど、元からそうでしたね。彼が努力の中で得たものだったり持っているものだったりが、いろいろな経験をされてより精度が増していくというか。どんどんスキルがアップしているなというのを感じました。5年前は“朝ドラ”も“大河”も“月9”も、映画『キングダム』(2019年)、『東京リベンジャーズ』(21年)もないわけで。僕が出会ってからの数年の間に彼はいろいろとやってきているんですよね。彼が持っているものに、本人の努力であったりスキルだったりがプラスされてレベルはどんどんアップしていると思います」と称賛する。

 そんな彼と共に本作を盛り上げていくわけだが、武四郎と植野の関係を作り上げる上で、意外にも2人での話し合いはほとんどしていないという。「受けがとにかく素晴らしいので、話し合いはほとんどしないです。(吉沢さんは)高杉真宙さん、生田絵梨花さん、菅野莉央さんが演じる友達と接している時の空気にすっといらっしゃるし、大竹しのぶさん演じる母親との掛け合いの時も、そこの空気にいる武四郎の姿がありますし。そしてPICUの現場に来た時には、PICUの志子田武四郎としてすっと入ってらっしゃいますので、その話し合いというよりかは、その場の空気を見て演じている感じです。そういう把握能力は非常に高いと思います。『こうしたいんだけど』という時はきっと監督を介して話し合いをすると思いますけど、『こうしていこうぜ!』みたいなのはないですね」と信頼している。

 最後に注目してほしい放送回を聞くと「10月24日が第3話でしたっけ? じゃあ、3話!」と、“安田節”がさく裂(笑)。「でも…、」と言いながら打ち明けたのは「僕が好きなのは第4話かな。4話は…すごく心を打たれました。視聴者の皆さんに(患児の)乗り越えようとする力を感じ取ってもらえることができたなら、本当にこの作品に携わることができて光栄だなと思います。第3話も4話もそれ以降も楽しみにしててください。いろいろなシチュエーションがあって、キツいこともあるかもしれないけど、それを共に走って、共に乗り越えていく。そういう温かさがこの作品にはあるはずなので、ぜひ見てください」と締めくくった。

 本日10月24日放送の第3話は、父を思う男児と武四郎、矢野悠太(高杉)の葛藤と奮闘をおくる。トラックにはねられ、悠太が働く病院に搬送されてきた淳之介(松野晃士)は、大腿骨骨折のほか、ろっ骨が折れ肺を損傷している可能性があるほど重症。外科医がオペ中だったため、ヘリコプターで設備の整った病院へ搬送しようと決断するが…。

【番組情報】

「PICU 小児集中治療室」
フジテレビ系
月曜 午後9:00~9:54

取材・文/フジテレビ担当 Y・O



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.