Feature 特集

「明日、私は誰かのカノジョ」主演の吉川愛が本音をポロリ! 「まさか、そっちの方でつまずくとは…」2022/04/19

 4月12日よりスタートしたドラマイズム「明日、私は誰かのカノジョ」(TBSほか)。原作は累計300万部を突破した、をのひなおさんによる大人気漫画で、リレー形式で主人公となる5人の女性のリアルな心理描写が話題を呼んでいます。キャスト発表の前にはSNS上で「配役が気になる!」「早く見たい!」「今から楽しみ!」などの期待の声が飛び交った本作で、主演を務めるのは吉川愛さん。誰かの彼女になる“レンタル彼女”として日々お金を稼ぐ雪を演じます。

 ほか、埋められない孤独を抱え寂しさを男性で紛らわすリナに横田真悠さん、見た目に固執し整形を繰り返す彩に宇垣美里さん、周りに流されず“自分”を持っていると語る萌に箭内夢菜さん、自由を求め上京し、新宿・歌舞伎町でホストクラブに通うゆあに齊藤なぎささんが扮(ふん)するなど、注目の若手女優が顔をそろえました。

 TVガイドwebでは、主演の吉川さんにドラマの見どころはもちろん、雪を演じる上での苦労ややりがいなどたっぷりとお伺いしました!

――本作への出演を知った時の率直な感想を教えてください。

「もともと原作の漫画は知っていたのですが、出演のお話をいただいた時点ではまだ読めていなかったんです。いつか読もうと思っていた作品だったので、すごくびっくりしました。実際に読んでみると、いろんな女の子たちの悩みが描かれていて、外見を気にして整形する子や男性との関係に悩む子など、今どきの悩める女の子たちの気持がとてもリアルで、すごく面白かったです。私自身、共感する部分もあれば、こういう悩みを持つ子もいるんだなという新たな発見もありました」

――吉川さんが演じる雪への思いを詳しく教えてください。また、演じてみて感じたことや難しかった部分はありますか?

「私が演じる雪は、顔の痕にコンプレックスを持ちながら、“レンタル彼女”の仕事をしている女の子です。私自身、レンタル彼女という職業があることは知っていたのですが、実際にどういう仕事なのかは詳しく知らなかったので、演じる前は不安でした。でも演じてみると、レンタル彼女を依頼するお客さんは、人によって好きな女性のタイプがそれぞれ違うので、それに応えるレンタル彼女は、女優さんみたいな仕事だなと感じました。難しかったのは、友達であるリナと一緒にいる時の雪と、1人でいる時の雪を演じ分けることです。雪は唯一の友達のリナの前ですら本心を出さない人なので、リナに心からの友達っぽく接してしまうと、雪のアイデンティティーというか、人物設定が崩れてしまう。逆に本心を見せない雪を作りすぎてしまうと、2人が友達関係に見えなくなってしまう。そういった微妙な演技に私はつまずいてしまいました。一方で、レンタル彼女の仕事をしている時の雪と、普段の雪の演じ分けは、戸惑うことなく演じることができて。まさか、リナに関連する演技でつまずくとは…(笑)。とにかく混乱しつつも、丁寧に演じました」

――今回、特に共演するシーンが多いのは、横田さんと宇垣さんとお聞きしました。お二人とのお芝居はいかがでしたか?

「(横田)真悠ちゃんは、本当に一緒にお芝居がしやすくて、私がどんな演技をしても受け止めてくれたので、自由に演じさせていただきました。私も真悠ちゃんにそう思ってもらえていたらいいなと。宇垣さんは、『セリフだけど本当にそう思って言ってるんじゃないのかな?』と思ってしまうほど、お芝居が本当に自然体過ぎてドキッとする時がありました(笑)」

――第1話で「一度満たされてしまったら、同じものでは満足できなくなる」という雪のモノローグがありましたが、吉川さんはこれまでそう感じたことはありますか?

「私は基本的に、“満足できなくなる”ということはないかなと思います。逆に一度ハマったら抜け出せなくなってしまうタイプなので。何年も通っている行きつけの食堂があるんですけど、いまだに週1回は必ず行っています。あと、セレーナ・ゴメスさんが小学生の時からずっと好きなんです。セレーナがライブで日本に来た時、私の周りに一緒に盛り上がってくれるような友達がいなかったので、1人でライブを見に行きました。本当にすべてがかわいいんですよ。ライブを見て1人で大号泣しながら、セレーナに浸った思い出があります。もしセレーナが日本でまたライブすることになったら、絶対に見に行きます!」

――さきほど、レンタル彼女と女優は似ているというお話がありましたが、吉川さんが女優以外でやってみたいお仕事はありますか? また、今後演じてみたい役柄はありますか?

「以前、パンが好きでパン屋さんで働いていたんですけど、何をしたいかな~。家で3匹のイヌを飼うほどイヌが好きなので、ペットショップの店員さんをやりたいです。毎日お世話が大変なんですけど、ペットショップの裏側を知ってみたいですし。あと女優としては、今までやったことのない役をやりたいと、いつも思っているのですが、何かを何カ月も極めていくような役に挑戦してみたいです!」

――貴重なお話をありがとうございました!

【プロフィール】

吉川愛(よしかわ あい)
1999年10月28日生まれ。東京都出身。さそり座。B型。主な出演作に、映画「虹色デイズ」(2018年)、「十二人の死にたい子どもたち」(19年)、「転がるビー玉」「のぼる小寺さん」(ともに20年)、「ハニーレモンソーダ」(21年)、ドラマ「愛したって、秘密はある。」(日本テレビ系)、「初めて恋をした日に読む話」「恋はつづくよどこまでも」(ともにTBS系)、「就活生日記」(NHK総合)、NHK連続テレビ小説「おちょやん」、「カラフルブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(日本テレビ系)などがある。6月10日公開の映画「ALIVEHOON アライブフーン」に出演予定。

【番組情報】

ドラマイズム「明日、私は誰かのカノジョ」
TBSほか
火曜 深夜1:28~1:58 4月19日は深夜1:43〜2:13
※地域によって放送日時が異なります

TBS担当 M・M



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.