Feature 特集

4月スタート「ナンバMG5」ヤンキービジュアル撮影現場に潜入! 間宮祥太朗「最近ぼそぼそしゃべっていたので、久々に大きな声出して音声さんもびっくり(笑)」2022/02/22

 4月からフジテレビに新たなドラマ枠が誕生する。ユニークなヒーロー像が次々と誕生し、視聴者の期待や想像をいい意味で裏切っていくエキサイティングな“新・水10ドラマ”だ。トップバッターを飾るのは、間宮祥太朗さん主演で描く痛快コメディー×深い人間ドラマ「ナンバMG5」。「踊る大捜査線」シリーズなどでメガホンを執った本広克行監督と初タッグで新しい痛快青春ドラマが動きだす。

 間宮さんが演じるのは筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男・剛で、「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と願う高校生。家族の前では特攻服を着たヤンキーの剛だが、学校では制服を着た優等生…そんな真逆の生活をおくっていたある日、いじめられている友人を放っておけず、特攻服に着替えて助けたことで“正体不明の最強ヤンキー”として名をはせることに…。剛は憧れる普通の高校生活をおくることができるのか? バリバリのヤンキーと真面目な高校生の二重の生活から生じる人間関係の亀裂と苦悩。そして、そこから生まれる友情と家族愛まで、痛快コメディー要素だけではない物語の中心を走りだす、ニューヒーローに注目だ。

 また、剛の相棒的存在でクールなイケメンヤンキーを神尾楓珠さん、剛の初恋の同級生を森川葵さんが演じる。まだまだ豪華キャスト陣の発表も控える「ナンバMG5」。今後の発表もお楽しみに!

 そんな「ナンバMG5」のビジュアル撮影と、ドラマをPRするためのティザー撮影現場を記者が直撃。まずは間宮さんが“シャバい(ひ弱な、さえない)姿”と表現している学ランでの撮影。今年29歳になるという間宮さんだが、前髪を下した黒髪での撮影は若々しさを感じた。ふんわりした雰囲気で数シーンを撮影したのだが、少ないテークで確実に“優等生・剛”を演じきっていた。

 次は優等生姿から一変。たてがみのような金髪に白い特攻服をバシッと決めて登場。キリっとした表情も相まってヤンキー姿が様になっていた。カメラに向かって殴りかかろうとするシーンでは、雰囲気作りで煙のようなものが間宮さんを覆う演出があり、撮影の合間にはその煙をフーっと吹いたりするおちゃめな一面も披露していた。

 それぞれ撮影の合間には距離は保ちつつ、スタッフと和やかに会話する様子やヘアメークが入る度にかがんでセットしやすいようにするなど、さりげない優しさも。「ナンバMG5」の旅は始まったばかり。これからどんな世界を見せてくれるのか楽しみだ。

 撮影後には、特攻服を着た感想やティザーの見どころなどを間宮さんにインタビュー。学ラン姿と特攻服姿に何やら不安を感じているようで…。

――ヤンキーバージョンの特攻服を着てみた感想をお聞かせください。

「特攻服に袖を通してみて、原作にもありますが、トラブルなどを解決していく、ある意味“ヒーローのスーツ”のような印象で、剛のONの状態になり気合が入りました。デザインについては、赤文字に金で統一感もあって、特に“泣いてくれるなおっ母さん”という言葉が気に入っています」

――髪形はいかがですか?

「このヘアスタイルは、ティザー動画を撮影した時に毛先が揺れて、たてがみみたいにふわーっとなる感じが格好よく映っていたので、ドラマ本編でも迫力が増す一つのポイントになればいいなと思いました。“シャバい”剛は、黒髪で前髪もあるので、本広監督も『すごいね! 変わったね!』とおっしゃっていました」

――特攻服を素肌に着ると聞いた時は?

「嫌でしたね(笑)。素肌に特攻服でアクションすると、乳首が見え隠れするのではないかな?と。最初はそう思いましたが、割と小さくて離れ気味な乳首なので、隠しやすかったですけどね!(笑)」

――特攻服のポイントやお気に入りの部分はありますか?

「俺が気に入ってるのはお守りをぶら下げているところ。(特攻服の文字は)全部刺しゅうなのでそこもポイントです」

――その特攻服と学ラン姿で実際に撮影してみての感想はいかがでしょう?

「学ランはイケてんのかな…という不安と、特攻服はOB感が出てないかな…という不安(笑)。そのダブル不安を抱えながらでした(笑)。ティザーの撮影の時に、右足の太ももの裏を痛めて(笑)。ピーンと伸びて(笑)。体が硬すぎるなと思ったのでアクションまでにちょっと柔らかくならないとなと思いました」

――ティザーの注目ポイントを教えてください!

「『なかなか格好よくできてたよ』とのことだったので、ももの裏を伸ばしちゃった蹴りも使ってくれると思うんですけど(笑)。『ももを痛めながら頑張ったんだな!』と思って見てもらえればいいかな(笑)。最近、別のドラマでぼそぼそしゃべっていたので、久々に大きな声を出したら音声さんが『ウッ…』(耳を離して顔をしかめる表情)となってて(笑)、『あ、良かった! 大きな声出せた!』と思いました(笑)」

――太ももを痛めたとのことでしたが、結構足が上がっている印象でした。普段から何かされているのでしょうか。

「何もしてないです! 何にもしてなくて体が柔らかくないのに、自分の限界以上に(足が)上がったので、ここ(太もも)の筋がビキン!となりました(笑)」

――現場のチーム感はどうですか?

「本広監督が髪や服を見て『いいね!』と(テンションが)上がってくれていたので一安心で。こっちも良かったなと思います。コミュニケーションをとりながら、“シャバい”(学ラン姿)のと気合入っている(ヤンキービジュアル)のと、どっちのパターンもいいバランスでやっていければいいなと思いました」

――以前より引き締まった印象ですが、役作りで体を絞ったりしましたか?

「フジテレビの現場で言いづらいんですけど(笑)、痩せたのはもう一方のミュージシャン役で…バンドマンって線の細いイメージがあったので…そちらでした!(笑)」

――これから剛になるためにつけていく予定でしょうか。

「特攻服は前開きで、自分が今痩せてて細い状態だから、(素肌が)見えると(筋肉などが)ついてないのが分かるから説得力がなくて嫌ですねという話をしていたんです。でも、(自分は)今年29歳になるし、(剛は)高校1年生だからガッツリついてると、高校生に見えなくなってしまうんじゃないかという話もあって。どうしようかな…と今思っているところです。もうちょっとグッとした方がいいのかなと思うけど、筋肉がついてる感じじゃない方がいいのかなとか…まだちょっとフワ~っとしてます(笑)」

――学ラン姿の撮影ではルンルンと歩く感じのシーンがありましたが、最近小躍りしてしまった出来事はありますか?

「クエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』の、1994年公開当時のドイツの雑誌の表紙を手に入れまして。それとかトム・ウェイツの写真とかを飾るために、ちょっとした部屋の模様替えをして一角を作ったんです。そこがスゴくいい感じにできて。さすがに小躍りはしてないですけど(笑)、心の中ではすごく気に入ってます。もともとある棚や植物の配置を変えて、個人的に満足しています」

――最後に、剛という役をどう演じていきたいかお聞かせください。

「主人公は家族に期待されているレールがあって、でもそこから外れたところに行きたいんです。その思いは、ヤンキーであろうとなかろうと、誰もが10代の頃に感じることだと思います。周りからのイメージや“こうでしょ、こうなってよ”という期待と、自らがどう生きたいか?という自分のアイデンティティーを考えることは、題材をどこにしようとも共通するところだと思うので、その物語の筋みたいなことが伝わればと考えております」

【番組情報】

「ナンバMG5」
4月スタート
フジテレビ系
水曜 午後10:00~10:54

取材・撮影/Y・O(フジテレビ担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.