Feature 特集

「ムチャブリ!」高畑充希、ついに社長業に本気を出す!? さらに、松田翔太と大接近…?2022/02/09

 高畑充希さん演じる高梨雛子が、苦闘しながらも突然就任した社長職を全うするドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系)。優秀でもなく高い志を持っているわけでもない等身大ヒロインの雛子が、「なんで私が…」と言いながらも一生懸命になる姿に共感しますね。そして、雛子がついついしてしまう舌打ちを見ていると…。「あれ? 自分も仕事中、無意識に舌打ちをしてしまっているのでは」と怖くなります(笑)。

 雛子は目玉となる新作スイーツをパティシエ志望の萩尾慧(松本広大)と作り上げ、「伝説のワイン」とも称される島本春乃(南野陽子)の農園との契約を成立させ、レストランのチェーン展開のための準備も順調とはいえないながら着々と進めています。

 そんな中、「俺が君を選んだじゃない」というカリスマ上司・浅海寛人(松田翔太)のことが頭をちらつき、「嫌いだ」と思いながらも意識してしまっています。一方、優秀で生意気な部下・大牙涼(志尊淳)との距離も、2人で難題をクリアしながら徐々に近づいている様子。そして、大牙は「あなたみたいな人、すげえ嫌いなんです。嫌いなのに…」と、自分でも整理しきれていない思いを告白。しかも、その時、浅海が登場するという波乱の展開に! 一体どんな3者面談になるのでしょうか。

 2月9日放送の第5話では、引き続きチェーン展開のための奔走が続きます。雛子の親友で就職活動をしていた佐々川知美(夏帆)が短期契約社員として入ってくることを受け、雛子は「いい社長になる!」と決意。これまでは「やらされている」感で社長業に就いていましたが、いよいよ本気を出す時がきました。経営コンサルタント・桧山凛々子(優香)から「1号店で“圧倒的体験”を与える必要がある」と助言されたこと受け、47都道府県の名産品を使った「日本列島フレンチフェア」の開催に向け、“デキる社長”ぶりを発揮しようと奮闘します。が…、ライバル会社の野上フーズが何やら動いているようで、思うようにいかないのが現実です。

 野上フーズといえば、御曹司の野上豪(笠松将)が「浅海社長のファンなんです」と言いながら雛子たちに横やりを入れてきますが、なんと大牙の恋愛にまで立ちはだかる気配を見せましたね! 

 大牙の後輩でもあり、雛子の後任として浅海の秘書を務める水科柚(片山友希)と恐竜展デートに行ったものの、手応えを感じることができない大牙。ある日、柚はデートで手に入れたおそろいのボールペンを喫茶店で落としてしまいますが、拾ってくれた野上のセリフにキュンとした様子を見せます。その上、柚は大牙が無意識のうちに雛子の方へ心が向いていることに気付きます。恋愛面ではポンコツな様子の大牙とスマートな野上、予想の上をいく“大物”の柚がどちらを選ぶのか…。

 さらに、飛ぶ鳥を落とす勢いのベンチャー企業「リレーション・ゲート」を率いるカリスマ社長・浅海の陰の部分も見えてきます。想像以上の孤独と戦っている浅海を雛子は思わず抱きしめ「社長には私がいます」と…。雛子、大牙、浅海の心が大きく揺れ動きそうな様相になってきました。ドラマは中盤に突入しましたが、見逃せない展開が続きますね!

【番組情報】 

「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」 
日本テレビ系 
水曜 午後10:00~11:00 

日本テレビ担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.