Feature 特集

「緊急取調室」天海祐希“有希子”らキントリチームにやって来た“最後の大仕事”とは…?2021/09/09

 天海祐希さん演じる真壁有希子ら取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」が、一筋縄ではいかない被疑者をマル裸にし、事件を解決に導く「緊急取調室」(テレビ朝日系)。9月末に解散を命じられたキントリチームが、タイムリミットが迫る中でも“真正面から被疑者にぶつかる”というスタイルで、彼らが隠している本音を引き出しています。

 先週放送された第7話では、「霊から助けを求められている」と言ってやって来た霊能者・馨(板谷由夏)が起こした事件を巡って、有希子たちが奮闘。霊能者というこれまでにはない特殊な被疑者に悪戦苦闘しましたが、双子という関係性だから起きてしまった事件の真相にたどり着くことができました。事件を無事に解決し、取調室を後にしようとする有希子のもとに、驚きのニュースが入ってきます。第1話、第2話でハイジャック事件を起こし勾留中だった大國塔子(桃井かおり)が急死! 衝撃のラストで幕を閉じました。

 今夜放送の第8話では、キントリ解散が間近となる中、“未だ本当の意味では解決していない”ハイジャック事件を巡って、事態が大きく動きだします。

「キントリ存続」の可能性に触れた北斗の真意とは…?

 ハイジャック事件の公判で、“警察の公式発表を覆す真相”を語り始めた塔子が急死し、何か裏があると直感する有希子たち。そこに、これまでも嫌みっぽくキントリチームに事件の捜査を命じてきた刑事部長・北斗偉(池田成志)が、新たな事件の捜査を命じます。ネット通販会社の物流センターでアルバイトをする主婦・上原あゆみ(宮澤エマ)が、社員・桜田剛(須田邦裕)を誤って転落死させてしまった事件を“最後の大仕事”として、キントリに捜査を下命。あゆみはもちろん、同日に出勤していた従業員やアルバイト全員に事情聴取をするよう告げられ、抵抗しようとするキントリチーム。そこで北斗は「この事件を無事に解決すれば、キントリ存続の可能性もある」と交換条件を突きつけます。しかし、その発言の裏には、“塔子の死とハイジャック事件の真相を詮索させない”という目的が! この条件に有希子らはどう答えるのか…?

 塔子の事件が頭から離れない有希子たちですが、目の前の事件に集中しようと、あゆみの取り調べに挑みます。しかし、あゆみは「私が突き落としてしまった」と言い続け、その供述も二転三転。その発言の意図が全く読めない有希子たちは頭を悩ませます。

 さらに、あゆみと共に働いていた従業員にも事情聴取を開始。先週、新たに誕生した捜査一課の渡辺鉄次(速水もこみち)と山上善春(工藤阿須加)の“ナベヤマ”コンビも駆けつけ、話を聞いてみることに。すると、同僚の女性たちはそろって「あゆみのことはよく知らない」「リーダーはいい人」と口にし、有希子はその発言の不自然さに違和感を覚えます。

キントリメンバーが逮捕!? 菱本の身に何が…

 やがて、捜査を進めていくうちに桜田の裏の一面をつかんだキントリチーム。その事実が気になった菱本進(でんでん)は、独自に捜査を進めようと単独で行動を開始。ところが、単独捜査に走った結果、菱本は逮捕される事態になってしまうのです! 菱本はなぜ逮捕されたのか、そもそもなぜ単独で捜査を開始したのか。その事実が気になって仕方ありません…。

 菱本の逮捕を聞き、動揺を隠せない有希子。そこに意外な人物がやって来ます。その人物は、塔子の国選弁護人だった羽屋田空見子(大塚寧々)。突然、逮捕された菱本を救うために力になりたいと言い、有希子の前に現れたのです! 果たしてその発言の意図とは…?

大塚寧々演じる羽屋田空見子が、キントリの命運を握る!?

 塔子の急死、そして菱本の逮捕に大きく関わる空見子を演じたのは、大塚寧々さん。今回演じる空見子について、「空見子を表現することはとても難しかったですが、とにかく一つ一つ丁寧に気持ちを拾い、心で動き、魂で感じることを大切にしました」と、演技の中の苦闘を吐露。その一方で、「Around40〜注文の多いオンナたち〜」(2008年/TBS系)や映画「アマルフィ 女神の報酬」(09年)以来の天海さんとの再共演には、「優しくて本当に格好いい天海さんとまたお芝居させていただくことができて、うれしかったです。天海さんとのシーンでは全力でぶつかっていきました。天海さんが全身で受け止めてくださり、本当に心強かったです」と撮影を振り返ました。

第8話あらすじ(9月9日放送)

 「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」解散まで残り15日。有希子(天海)らキントリの面々のもとに、国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑糾弾を叫び、ハイジャックを敢行した塔子(桃井)が“急死した”というニュースが報じられる。「ハイジャック時に機内に持ち込んだ爆弾は“偽物”だった」と証言し、その証言が真実であることを知る有希子らは、「処理中に爆発した」という警察の公式発表を覆した直後の塔子の死に何か裏があると直感する。

 そんなキントリのもとに、刑事部長・北斗(池田)がやって来る。ネット通販会社の物流センターでアルバイトをする主婦・あゆみ(宮澤)が、強引に交際を迫ってきた社員・桜田(須田)を振り払い、誤って転落死させてしまった事件の捜査を、“最後の大仕事”として持ち込んできたのだ。故意に殺した可能性も否めないため、あゆみはもちろん、同日に出勤していた従業員やアルバイト全員にも事情聴取をするよう命じ、さらに有希子たちに、「この事件を無事に解決すれば、キントリ存続の可能性もある…」と加える北斗。だがその真意は、“キントリチームに塔子の死とハイジャック事件の真相を詮索させない”ということであった…。

 有希子と菱本(でんでん)は、一貫して「自分が突き落としてしまった」と主張するあゆみの取り調べを開始。ところが、この事件の捜査はやがて“未曾有の大事件”を誘発してしまうことに…。菱本が単独捜査に走った挙げ句、逮捕されてしまう事態に発展! 動揺する有希子のもとに、急死した塔子の国選弁護人だった空見子(大塚)が突然訪ねてくる…。

【番組情報】

「緊急取調室」
テレビ朝日系
木曜 午後9:00〜9:54 ※9月9日は午後9:00~10:04

テレビ朝日担当 S・H

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.