News ニュース

桃井かおりが「緊急取調室」初回ゲストに。天海祐希との初共演で「撮影最終日には交際を申し込みました」2021/06/15

 桃井かおりが、テレビ朝日系で7月8日にスタートする「緊急取調室」(木曜午後9:00)の初回は拡大スペシャルのゲストとして出演することが分かった。

 本作は、天海演じるたたき上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム・緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーと共に数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる人気シリーズ。希代のストーリーテラー・井上由美子氏が手掛ける完全オリジナル脚本をベースに、「取調室」という名の“密室の戦場”で行われる“銃も武器も持たない生身の人間同士の死闘”を描いた本作が、待望の第4シーズンに突入する。新シーズンでは、“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットを課せられたキントリ・チームが、これまで以上に揺るぎない正義感をたぎらせながら、一筋縄ではいかない被疑者たちの“裏の顔”を“丸裸”にしていく。

 桃井が演じるのは、50年前に人民の連帯を訴えた“7分間の演説”が伝説となり、「黒い女神」と呼ばれた活動家・大國塔子。その後、50年の間潜伏していたものの、今になり再び動きだし、ハイジャックを敢行。真壁らキントリと対峙(たいじ)することとなる。

 現在海外を活動の拠点に移している桃井だが「『緊急取調室』はロサンゼルスに行ってから、唯一見ていた日本のドラマ」と語り、今回「真壁に会いたかった。真壁に取り調べをしてもらいたい!」という思いから、オファーを快諾としたとのこと。初共演となる天海とは、プライベートで酒を酌み交わしたことはあるようで、「一緒に飲んでいてもこんなに気持ちのいい女はいないので、また会いたかったんですよ!」と明かした。

 実際に共演を終えると「とにかく人柄が最高にいいし、座長としての仕切りから気遣いから、見事なの! 彼女を見ていると、今から娘を産んで宝塚(歌劇団)に入れようかと思うくらい、素晴らしいわけ。しかも、知力がとても高い方なんですよ。台本の内容に関して、これだけしゃべれる女子に会ったのは初めて。桃井かおり史上最高の女優です!」と大絶賛。「深いところから演じてくれるし、アニキみたいに私のこともものすごく支えてくれるし…すごく好き! すっかりほれてしまい、撮影最終日には交際を申し込みました(笑)」と天海に心酔したことを熱弁した。

 当の天海は、今回の共演に「桃井さんが出演してくださると聞いた瞬間、『ひゃーーー! 私、大丈夫かな?』と。ものすごい期待と、ものすごい楽しみ、ものすごい緊張で、ワクワクして身震いしました」と驚きつつも、「桃井さんは大先輩ですし、ほかの人には持ち得ない雰囲気を持った素晴らしい女優さん。“当たって砕けろ”精神で『体全体でぶつかって行っちゃえ!』と思い、撮影に臨みました」と告白。

 また、ハイライトとなる取り調べシーンについては、「桃井さんから流れてくるエネルギーを、『私も、私も!』と押し返す…そんなエネルギーの交換ができたような気がして、すごくうれしかったです。実は、『本番一発勝負でやりたい』という私たちのわがままを、スタッフの皆さんにも聞いていただき、ちょっと神がかり的なシーンも作ることができたんですよ! すごく熱かったです!! 夢のような時間を過ごさせていただきました」と興奮冷めやらぬ様子で振り返った。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.