Feature 特集

「プロミス・シンデレラ」“壱成”眞栄田郷敦から“早梅”二階堂ふみへの突然のキスに視聴者もん絶! 果たして2人は…?2021/09/07

 現在放送中の火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)。二階堂ふみさん主演の本作は、夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿なしになった人生崖っぷちのアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を懸けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていく物語。原作は小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画で、累計発行部数(紙+電子、既刊10巻)が200万部を超えるなどSNSを中心に話題となっています。

 8月31日に放送された第8話では、桂木早梅(二階堂ふみ)は片岡壱成(眞栄田郷敦)から誘われた花火大会に行くことに。早梅の浴衣姿に思わず見とれてしまう壱成でしたが、早梅との距離をなんとか縮めたいと思うも、行動に移す勇気が出せずにいました。どうにか恋人つなぎで手をつなごうとするもどかしい壱成の様子が、かわいらしく描かれていましたね。

 そんな壱成の思いなど全く気付かない早梅は、子どものころ以来の露店で大はしゃぎ。「借金マイナス10万円」を懸けた射的勝負に発展します。射的勝負を終えると、早梅が足をけがしたことで2人は休憩することに。早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、早梅は急にドキドキしてしまいます。それをきっかけに2人の距離は一気に近づきますが、そこに菊乃(松井玲奈)が現れ、2人を引き裂こうと画策。早梅は山奥の急斜面へ突き落とされてしまいます。

 壱成をはじめ、花火大会で宴会を開いていた片岡成吾(岩田剛典)や黒瀬洸也(金子ノブアキ)、坂村まひろ(松村沙友里)も早梅を必至に捜索します。成吾の手によって無事に救出された早梅。その後、花火が見える丘で成吾から告白を受けたうえ、キスをされそうになった早梅は、とっさに顔をそむけて拒否します。

 下山後、早梅と成吾は無事に壱成らと合流。壱成は2人の空気の変化を察知したのか、早梅を担いで連れて帰ります。帰宅後、壱成が早梅の部屋でけがの手当てをしながら「成吾のことどう思ってんの?」と聞くと、早梅は「昔は昔。今の気持ちとはまた別だから…」と言葉を濁します。すると壱成は、近づけなかった1日のもどかしさを払拭(ふっしょく)するように突然早梅にキス。早梅を見つめながら「俺の気持ちははっきりしてる。だからテメーは俺のことだけ見とけよ、バカ女」と気持ちを伝えました。待ちに待ったキスシーンにファンからはもん絶の声と大きな反響を呼んでいました。

 9月7日放送の第9話では、キスの後、早梅はよく眠れずドキドキしたまま翌朝を迎えます。 そんな中、片岡悦子(三田佳子)と吉寅英二(高橋克実)が急きょ旅行で家を空けることになり、しばらく早梅と壱成の2人きりで生活を送ることに。「おまえの気持ちをちゃんと聞かせてほしい」と告げる壱成に、うまく答えられない早梅でした。そんな折、菊乃が突然現れ、花火大会でなぜ早梅にひどいことをしたのか、自分の本当の目的は何なのかを語り始めます。その後、旅館に出勤した早梅は、成吾から菊乃の過去について聞くことに。そのうえで、成吾から10年前と変わらぬ自分への気持ちを打ち明けられます。早梅は壱成、成吾、菊乃の思いの中で葛藤し、自分はどうするべきかを悩みます。一方、壱成は早梅を守るために、ある人に会いに行き…。

【番組情報】

「プロミス・シンデレラ」
TBS系
火曜 午後10:00〜10:57

TBS担当 A・M



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.