Series 連載

町あかりの「ああ憧れの昭和歌謡TV」 <第5回 TBS「8時だョ!全員集合」(1981年1月17日放送回)>2021/03/14

 平成3年生まれのシンガー・ソングライターである私、町あかりは、昭和時代に放送されていた「音楽番組」に憧れています! 以前は、今では考えられないほどたくさんの音楽番組が毎日のように放送されていたんですね。令和になった今見ても、キラキラと輝いていてワクワクしちゃいます。

 そんな珠玉の昭和の音楽番組について熱く語るこちらの連載企画、第5回はTBSのバラエティー番組「8時だョ!全員集合」をピックアップ。今回はCS放送・TBSチャンネル2で3月21日に放送される、1981年1月17日の放送回「ドリフの国語・算数・理科・社会」を見てみました。


 言わずと知れた、ザ・ドリフターズ主演による一世を風靡したお笑い番組(1969~85年放送)。コントだけでなくゲストとして歌手が登場し、歌のコーナーもあります。毎週土曜、夜8時からの公開生放送で、元気いっぱいな子どもたちの声が渋谷公会堂に響いています。オープニングテーマのテンポが速すぎて早口言葉のようになっているのは、生放送の尺に合わせるためなのでしょうか。いきなりドキドキのスタートです!

 まずは学校コント「ドリフの国語・算数・理科・社会」から。ドリフのメンバーに加え、この日のゲストの太田裕美さん、岩崎宏美さん、桜田淳子さんらがセーラー服の衣装で登場します。オープニング後すぐに着替えなければいけなかったためか、岩崎宏美さんが息を切らしながらダッシュで登場する姿、なんとも貴重です。その後も歌の衣装に着替えたり、かと思えば「少年少女合唱団」でおなじみの白いコスチュームとベレー帽をササッと脱ぎ着したり、常に大忙しです。でも見ている方は、アーティストのいろんな姿が見られて楽しいですね。

 女性ゲストがセーラー服なのに対し、ドリフのメンバーは小学生のような短パン&ハイソックス・スタイル。ここは中学校なのか、小学校なのか?と気になりましたが、面白いから細かいことはいいか(笑)。

 そしてドリフのメンバーが本当に小学生に見えてくるから不思議です。先生役のいかりや長介さんが、ボケを連発するメンバーを罵倒したりたたいたりしまくるので一瞬面食らってしまいましたが、これまた不思議と「かわいそう」みたいな悲愴感がないんですよね。

 仲本工事さんなんて、プラスチックのメガホンで正面からパコーンとなぐられても、絶対に避けたり顔をかばったりしないんですよ! 信じられない! そんな感じでみんな何をされても平然としていて、逆にいかりやさんへの反撃(強烈な悪口)もすごいのでなんだかプロレスを見ているかのような清々しさを感じます。

 そしてコントの合間に歌のコーナー。桜田淳子さんは33枚目のシングル「化粧」を披露。中島みゆきさんのカバー曲で、私も好きな曲です。この日の淳子ちゃんの歌唱も最高! 失恋の悲しみを情感たっぷりに歌い上げています。まるでお芝居を見ているような、ドラマチックで素晴らしいボーカルです。淳子ちゃんはコントでも独特な雰囲気を醸し出しており、もーたまらなくおかしかったです。

 続いて、太田裕美さんは名曲「さらばシベリア鉄道」を披露。透き通るような歌声の中に芯があり、雪のように真っ白なドレスもはかなく美しくてウットリ。生バンドの迫力も相まってめちゃくちゃカッコいい! さっきまでセーラー服でコントをしていた雰囲気とは一変、そのギャップにほれぼれします。

 「少年少女合唱隊」のコーナーが終わってすぐに、隣にいた太田裕美さんからベレー帽を外してもらいながら、岩崎宏美さんは「胸さわぎ」を披露。直前まで「生麦生米生卵!」と早口言葉をやって大騒ぎしていたのに、その直後に「抱いて欲しい…♪」と大人な雰囲気の曲を歌うのって、気持ちの切り替えがかなり大変そう…。しかしお笑いのムードに引っ張られず、むしろその楽しい気持ちを利用してリラックスして歌っているような表情の宏美さん。アッパレです。

 あと、新人枠として登場した女性3人組「フィーバー」の登場も個人的にグッときました! この時歌った「デジタラブ」は、ムーンライダーズ・鈴木慶一さんの作曲、糸井重里さんの作詞だったんですね。ここでテクノ歌謡の隠れた名曲を聴けるとは思いもよらず感激です。

 私はコント番組といえばフジテレビの「笑う犬」シリーズ(1998~2003年)や「はねるのトびら」(2001~12年)を見ていた世代なので、そもそもコントだけでなく歌のコーナーもある番組ってかなり新鮮! しかも生放送だなんて。また、ザ・ドリフターズはあまり触れる機会のなかった芸人さんでした。今回、コントの中に登場するさりげない楽曲のセンスやノリのあまりの良さに感服…。この生放送の流れるようなテンポ感は、ドリフの皆さんがミュージシャンだからこそ可能だったのかもしれませんね。

 とにかく、こんなにドキドキする番組見たことない! これはわれわれの想像を絶するほどの綿密な計画、リハーサルの賜物なのでしょう…。その緊張感と勢いの良さに1秒たりとも目が離せません。たった数十秒間でどうやってセットチェンジをしているんだろう?など、裏側にも注目してみると面白くて、子どもだけでなく大人も楽しめる名番組だとあらためて感じました。とにかく圧倒されっぱなしの約1時間です!

 こちらは3月21日にCS放送・TBSチャンネル2で午前9時から放送です。ぜひ皆さんもご覧くださいね!

スカパー!で TBSチャンネル2「8時だョ!全員集合」が見られる!>>

【番組情報】

「8時だョ!全員集合」
TBSチャンネル2 

#559「ドリフの国語・算数・理科・社会」(1981年1月17日 ・渋谷公会堂) 
ゲスト・曲目/桜田淳子「化粧」、岩崎宏美「胸さわぎ」、太田裕美「さらばシベリア鉄道」、フィーバー「デジタラブ」

●ドリフ・太田・桜田・岩崎によるコント「ドリフの国語・算数・理科・社会」 
●少年少女合唱隊:早口言葉 
●志村・桜田の「夫婦」

公式サイト https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2872/

【ご意見・ご感想etc.を募集中!】

町あかりの「ああ憧れの昭和歌謡TV」に関するご意見・ご感想、ご要望は下記アドレスまで。抽選で、町あかりさんのアルバムを7名様にプレゼントいたします。
machi-honoji@tokyonews.co.jp

町あかり

シンガー・ソングライター。2010年から活動を始め、作詞・作曲、編曲、執筆、イラストや衣装制作まで自身で行う。19年には、ビクターエンタテインメントからメジャー5thアルバム「あかりおねえさんのニコニコ♡へんなうた」をリリース。20年10月に、日本コロムビアから初のカバーアルバム「それゆけ!電撃流行歌」を発売。ほか、アーティストへの楽曲提供も行う。映画「男はつらいよ」と昭和歌謡曲、そして文鳥を愛する。

★公式WEBサイト:https://mcakr.com
★オフィシャルTwitter:https://twitter.com/mcakr

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.