Series 連載

町あかりの「ああ憧れの昭和歌謡TV」 <第2回 「ザ・ベストテン」(1980年8月14日放送回)>2020/10/25

 平成3年生まれのシンガー・ソングライターである私、町あかりは、昭和時代に放送されていた素晴らしい音楽番組たちに強い憧れを抱いています!

 そんな珠玉の昭和の音楽番組について熱く語るこちらの連載企画。第2回はTBSの音楽番組「ザ・ベストテン」をピックアップ。ちなみに2005年に「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)で「ザ・ベストテンの真相」という特番が放送され、当時中学生だった私はそれを録画して何度も繰り返し見ていました。だからこの番組自体にはとても愛着がありまして、断片的に知っているシーンも多いのですが、実際にオープニングからエンディングまで通して、フルで見たことがないのです! 今回は11月にTBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメで放送予定の、1980年8月14日の放送回を見ました。

 今回の最大の見どころは、なんといっても「青い珊瑚礁」で初ランクイン(8位!)した松田聖子さん! 知る人ぞ知る、羽田空港で歌っちゃう大胆な名シーンです。前述の特番でそのシーンの一部のみ見たことはあったのですが、フルで見てみてビックリ。こんなに長尺を使って飛行機の到着を待っていたなんて知りませんでした…。その間、リポーターの松宮一彦さん(当時TBSアナウンサー)はジャンボジェット機に関するさまざまなうんちくを紹介。巧みなアドリブの実況トークからも緊張感が伝わってきます。もちろん、その後に登場した聖子ちゃんもスゴイ!! 飛行機から笑顔で降りてきたかと思えば、すぐに曲がスタート。リハーサルもなく、使い慣れないヘッドフォンをしての歌唱にもかかわらず伸びやかな歌声…。圧巻です。

 また同じく、西城秀樹さんも屋外からの中継。それがなんと雨が降ったドロドロの野球場! そんな悪条件でも「エンドレス・サマー」を情熱的なパフォーマンスで披露します。珍しくおヒゲが生えていて、よく日に焼けた肌の色がワイルドでカッコイイ! 奇麗なサテンの生地とスパンコールがキラキラ輝く衣装が色っぽくて、まるでご自身の単独コンサートかのような堂々とした立ち居振る舞いにも圧倒されました…。ヒデキは本当にスゴイ!! いつもと少し違った雰囲気のヒデキが見られるのも、特別感があります。

 私が最もキュンとなったのは、「哀愁でいと」で2位を獲得した田原俊彦さん! トシちゃんのあまりのかわいらしさに「かわいいー!」と絶叫してしまいました…。そして歌う直前なのに、ファンからのリクエストでなぜかマット運動を。その際にチラッと映った、ファンの女の子のハガキにはレトロでキュートな丸文字が…。うおー、これぞ80年代! 当時はやったリアルなクセ文字を見ることもできて感激です。

 また、ランクインしていてもさまざまな事情で出演されなかったアーティストもいて、その数の多さにもビックリ。これも最後まで通して見なければ分からないことでした! 同時に「いつか出てほしい!」「ランクインが続けばいつの日か…」、もしくは「出なくてもランクインさせるぞ!」というファンの熱いも伝わってきます。

 そして、全体を通して印象的だったのが、久米宏さんも黒柳徹子さんも驚くような早口ではあるのですが、言葉遣いが乱暴になることが一切ないのですね! アーティストに対しても丁寧な対応で、たとえ10代の歌手であっても敬語なんです。息つく暇もないようなスピード感で進行していく番組ではありますが、それなのにどこか上品で優雅な雰囲気が漂っているというのは、そういったお二人の細やかな心遣いからにじみ出ていたものなのでしょう。

 アーティストの輝きはもちろん、久米さん、黒柳さんによる軽快な司会、そして中継レポーターの方や生放送を支えるさまざまなスタッフの方々の尽力、そういったすべての才能を結集して作られた番組なのだと強く感じました。工夫や機転を利かせた調整によって、1時間ピッタリで迎えたエンディングは華麗でした。これを毎週やっていたなんて!

 番組内でも「先週と順位が大きく変わりました!」と司会のお二人が言っていたように、ランキングが毎週めまぐるしく入れ替わっていくなんてドキドキですね。当時の「歌謡曲」が子どもからお年寄りまで多くの人に愛され、盛り上げられ、とても大衆的なものだったのだなと感じます。

 ちなみに、もし当時私が中・高校生だったら、たとえ定期テスト直前でも勉強の手を止めて見ちゃうなあ…(笑)。当時ご覧になっていた方は、いかがでしたか? こちらはTBSチャンネル2で11月3日(午後9:00)、22日(午後4:00)に放送予定です。ぜひご覧くださいね!

>>スカパー!でTBSチャンネル2を見る

【放送情報】

「ザ・ベストテン」(1980年8月14日放送回) 
TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ 
11月3日 午後9:00~10:00 ほか 

司会/黒柳徹子 久米宏 
出演/アリス 西城秀樹 田原俊彦 松田聖子 もんた&ブラザーズ ロス・インディオス&シルヴィアほか

番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/special/the_bestten/

【ご意見・ご感想etc.を募集中!】

町あかりの「ああ憧れの昭和歌謡TV」に関するご意見・ご感想、ご要望は下記アドレスまで。抽選で、町あかりさんのアルバムを7名様にプレゼントいたします。
machi-honoji@tokyonews.co.jp

町あかり

シンガー・ソングライター。2010年から活動を始め、作詞・作曲、編曲、執筆、イラストや衣装制作まで自身で行う。19年には、ビクターエンタテインメントからメジャー5thアルバム「あかりおねえさんのニコニコ♡へんなうた」をリリース。20年10月に、日本コロムビアから初のカバーアルバム「それゆけ!電撃流行歌」を発売。ほか、アーティストへの楽曲提供も行う。映画「男はつらいよ」と昭和歌謡曲、そして文鳥を愛する。

★公式WEBサイト:https://mcakr.com
★オフィシャルTwitter:https://twitter.com/mcakr

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.