Series 連載

「LAYERING」寺島拓篤 インタビュー2022/05/11

「『Johnny’s Gaming Room』でグループの垣根を超えた交流を見られるのがすごく楽しいです」

 寺島拓篤が、今年アーティストデビュー10周年。これを記念して、5月11日に自身初のベストアルバム「LAYERING」をリリースする。既発の表題曲と新曲などを含む2枚組で、気合十分の一作だ。そこで、本作に込めた思いを寺島にインタビュー。さらに自ら「ファンだ」と語る、ジャニーズについても聞いてみた。

――9周年のタイミングでのインタビューでは、「あまり実感がない」とおっしゃっていた寺島さん。ついに迎える10周年はいかがでしょうか?

「実は、9周年の時と同じなんですよ(笑)。10周年をゴールとしてやってきたわけではないですし、そもそも10年続くとすら思ってもいなかったので…。僕個人としては、年月よりもCD1枚1枚や1曲1曲を大切にしていたら10年経っていたという感覚です」

――時間ではなく、曲を積み重ねていた感覚なのですね。

「そうですね。とはいえ、10周年に対して何も思っていないわけではないですよ。周りのスタッフやファンの皆さんが『10周年ですね!』と区切りを大切にしてくださるので、そこで自覚できました。“ベストアルバムを発売しよう!”ということも含めて、スタッフ側にいろいろと提案をしてもらうことが多かったですね。他にも、新曲『GRATEFUL LAYERS』の作曲をコライト(共作)にするアイデアとか…」

――作曲を担当された青木繁男さんと工藤嶺さんは、寺島さんの音楽を長く支え続けている方々。このお二人の共作というだけで、ここまでの集大成感があります。それに、個人的にはとても新鮮な構成でインパクトもありました。

「そうなんですよ。僕にもなじみがない作り方でしたし、青木さんと工藤くんが作る曲はテイストがぜんぜん違うので、“一体どんな曲になるんだろう?”と思っていました。初めに聞いた時は、“1曲で2曲分楽しめるみたいな構成だ!”とびっくりしました」

――前半は青木さん、後半は工藤さんが作られたとか。

「なので、“歌詞はどうしたらいいだろう?”と最初は悩みましたね。途中で曲調がガラッと変わるけど、歌詞だけは一貫性を持たせた方がいいのか、それとも曲と同じように違うものにした方がいいのか…」

――ともあれ、最終的には、曲調同様、歌詞もガラリと変えといますよね。また、前半には、これまで発表してきた作品のタイトルが入っています。

「このアイデアは、デモ音源をもらった時にスタッフが僕に提案してくれたらしいんです。…僕は全然覚えていなかったんですけど(笑)。歌詞を考えている時に、“これまでの作品のタイトルを入れてみたらいいかも”と思いついて、試しに1行目に「NEW GAME」を入れてみたら意外とハマって…。2行目も書いてみたら“あっ、こっちもいけた”となり、少しずつ筆がのっていって、4〜5行目くらいで“いけるぞ”と確信に変わりました。そこからは、勢いで書き終えた感じです。で、後半は僕がこれまでライブやラジオでしゃべってきたファンの皆さんへの感謝を思い出して、この10年間で思ったこと、今だから届けたい思いをみたいなものを歌詞にしました。直球で書こうと思ったら、スラスラ出てきましたね」

――歌詞には星マークが出てきます。これも新鮮ですね。

「そうなんですよ。戯れに入れてしまいました。文字でもニュアンスを出したいなと興が乗ったのかもしれないです」

――サウンド自体が新しいからこそ、寺島さんの中にも新しい何かが生まれたということですか?

「うん、湧いてきたんでしょうね。今までの僕の歌詞って、僕の思いじゃなくて自分の好きな作品や好きなキャラクターのことをイメージして歌詞にしているいわゆる“二次創作”的な内容なんです。でも、今回はそれをまるっきりなしにして、僕とファンの皆さんという関係値だけで歌詞にしているので、今までと違う開放感が星マークに出ているのだと思います」

――また、DISC2には、過去の作品のリードタイトル以外の厳選された10曲が入っています。選んだ基準は何だったのでしょうか?

「僕は声優をやりながら音楽活動をしていて、音楽と共に生きて音楽で何かを成し遂げようというタイプの人間ではないんです。だからこそ、作曲家さんやディレクターの提案に対して“何でもやるよ”というスタンスなんですよ。それもあって、これまでの楽曲をひも解いてみると、本当にいろんなジャンルの曲を出しているんです。ならば、各ジャンルで最も振り幅の大きな楽曲を1曲ずつピックアップしてみたらどうだろうと…」

――寺島さんがどんなジャンルの曲に挑戦してきたのか、しっかり伝わるでしょうね。

「そうですね。このDISC2とDISC1を聴けば、“なるほど、アーティストとしての寺島拓篤はこうなんだ”と分かってもらえるはず。そんなセレクトにしました」

――それだけたくさんの経験を重ねてきたのですね。では、この10年でアーティストとして“変わったな”と感じる部分はありますか?

「音楽との向き合い方は変わってきたと思います。さっきも言ったように、僕は音楽で生きてきた人間ではないので“分からないなりにやってみる”というスタイルでやっているんですが、少し前まではこのスタイルを逃げ道に使っていたような部分があった気がするんです。「僕はあくまでも声優だから」とか「音楽に詳しくないから」とか言って…。でも、それって見方を変えれば甘えじゃないですか。音楽活動をしている以上、音楽制作に対して甘えや遠慮は要らないはず。そう思うようになってからは、少しずつ変わってきたと思いますね。具体的に言うと、4thアルバム「ASSEMBLE」(20年)あたりかな? 声優としての活動にもようやく自信がついてきて、気持ちに余裕が出てきたからだと思います」

――となると、ここからさらに10年後の寺島さんはどうなっていると思いますか? 声優としてでも、1人の人間としてでも構いません。

「うーん…あまり変わらないと思います。20代から30代って一般的には大きく変化する年だと言われますけど、僕自身はそんなに変わらなかったので。本質的な部分も表層的な部分もある程度仕上がっているのかなと。きっと、10年経っても変わらずアニメ好きだと思いますからね。とか言って、10年後に読んだら“全然違うじゃん!”となるかもしれないですけど(笑)」

――この先の活躍も楽しみにしています。また、寺島さんと言えば、Snow Manの佐久間大介さんとも交流がおありですが、交流のきっかけをあらためて教えていただけますか?

「とあるラジオ番組で『ラブライブ!』を特集する企画があったんですけど、そこで『ラブライブ!』好きとしてKis-My-Ft2の宮田(俊哉)くん、佐久間くん、天津の向(清太朗)さんと一緒になったのが最初です。それまでジャニーズには全然詳しくなかったんですが、コンサートに招待していただく機会が何度かあって、その度にパフォーマンス力に圧倒されて! 気付いたらファンになっていました。今ではジャニーズ全般、気になっています。以前、デビュー前の(ジャニーズ)Jr.の公演も見させていただいたことがあるんですが、デビューが近付くにつれてどんどんメンバーのことも気になり出すんですよ。で、グループを追うためにひとまずYouTubeの公式チャンネルを見るんですけど、そうすると、おすすめでどんどん関連動画が流れてきて…。見始めたら止まらなくて(笑)。自然とどのグループにもアンテナを張るようになっていましたね。だからこそ、『Johnny’s Gaming Room』でグループの垣根を超えた交流を見られるのがすごく楽しいです。ジャニーズWESTの神山(智洋)くんなんて、すごくゲームが好きだから、佐久間くんと一緒にいるといい組み合わせなんですよ。この前の動画も面白かったなぁ…。だから、供給が多すぎて、今すごく忙しいです!(笑)」 

【プロフィール】

寺島 拓篤(てらしま たくま)
12月20日、石川県生まれ。射手座。B型。アニメ「阿波連さんははかれない」(TBSほか)に出演中。「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ」が9月2日公開。10周年記念ライブ「10th ANNIVERSARY TAKUMA TERASHIMA LIVE 2022 EX STAGE -LAYERING-」が5月29日と6月18日に開催。

【作品情報】 

ベストアルバム「LAYERING」
5月11日リリース
【初回限定盤(CD)】¥6,050 【通常盤(CD)】¥3,850 ※写真
Lantis

過去の番組タイアップ曲も含む計16曲収録のDISC1、寺島セレクトの10曲からなるDISC2の2枚組。DISC2の曲順はライブのセットリストをイメージして組んだという。初回限定盤は、10周年記念のオリジナルグッズ付き。

【プレゼント】

サイン入り生写真を1名様にプレゼント!
応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2022年5月11日正午~5月18日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」5月20日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

≪生写真告知≫

寺島拓篤の生写真特典付きで販売中!
TVガイド5月20日号関東版をアニメイト通販で購入すると寺島拓篤の限定生写真を1枚プレゼント!!

※絵柄6種より1枚を選んでご購入いただけます。
※在庫には限りがございます。ご了承ください。
※詳細はhttps://www.animate-onlineshop.jp/

①寺島拓篤 特典生写真A
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2083065

②寺島拓篤 特典生写真B
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2083066

③寺島拓篤 特典生写真C
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2083067

④寺島拓篤 特典生写真D
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2083068

⑤寺島拓篤 特典生写真E
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2083069

⑥寺島拓篤 特典生写真F
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2083070

●週刊TVガイド関東版6冊セット【寺島拓篤 特典生写真付き(6種)】
https://www.animate-onlineshop.jp/products/bulk_purchase_detail.php?id=12587

取材・文/松本まゆげ 撮影/トヨダリョウ ヘア&メーク/坂本沙織(アートメイクトキ) スタイリング/青木紀一郎



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.