Series 連載

「華Doll* -Flowering- THE BEST」伊東健人&駒田航 インタビュー2021/11/24

伊東健人「共演が多いから駒田くんがどう動くのか、どう振る舞うのかというのがある程度分かるのは、すごく安心感につながっています」

駒田航「イトケンくんとは一緒に仕事をすることが多くて、“こういう時はこういう芝居をする”というのが何となく分かるんです」

 アイドルたちの苦悩を赤裸々に描いたドラマとクオリティーの高い楽曲が同時収録された“知的興奮型”キャラクタードラマCDシリーズ「華Doll*」。「華人形(ハナドール)プロジェクト」(人体に特殊な花の種を埋め込み、人の潜在能力を引き出すことで完璧に近いアイドルを人工的に生み出すプロジェクト)から生まれた少年たちが描かれており、2019年にCDアルバム「華Doll*1st season ~Flowering~1巻『Birth』」を発売。そのシリアスでダークな世界観と先の読めない展開が斬新であると、海外でも高い支持を得ている。今回、本作でボーイズグループ・Anthos*(アントス)に所属するアイドル・灯堂理人を演じている伊東健人、そしてチセを演じている駒田航を直撃! 本作の魅力や物語において印象的だったこと、さらには同じ事務所に所属している2人自身の関係性についても語ってもらった。

――ずばり、「華Doll*」の魅力はどこにあると思いますか?

伊東 「僕はやっぱり、暗さだと思います。いわゆるキラキラした“アイドルもの”というコンテンツとは違う、うっそうとした感じ。そこから生まれるドラマと音楽はとても魅力的です」

駒田 「“アイドルもの”のコンテンツの多くは輝いている部分にフォーカスを当てていますが、この作品ではメンバーが抱えている強烈な過去や葛藤を描いていて、そこにリアリティーがあるから共感する方が多いのだと思います。それに加えて、“特殊な能力を開花させるために体に花の種を植える”といった、“何だこれは?”と疑問を感じる設定が散りばめられている点もとても面白いんです」

――世界観がとても独創的ですが、どのように役作りをしましたか?

伊東 「キャストも台本に書かれている以上の展開についてはほとんど知らされていないんです。ただ、僕が演じる理人は特にそうなんですが、感情がせりふ通りじゃないことが多くて…。だから、役作りの上でどうしても知っておきたいことはスタッフに聞くようにしています」

駒田 「チセに関しては、顔の印象や体格からイメージ像を何となく作り上げていきました。これまでにあまり演じたことのないタイプなので、いろいろ模索はしましたけど、やりにくいということはありませんでした」

――収録は別録りが多いそうですが、複雑な世界観を演じる上で苦労も多いのでは?

伊東 「そうですね、本当はまとまって録りたいです(笑)」

駒田 「社会情勢的に、全員で録ることはほぼないですからね」

伊東 「でも、大事なシーンでやり取りをするキャラクターとは一緒に録らせていただけるから、ありがたいよね」

駒田 「はい、そうですね。先に収録をする組がどこまでの感情を出して芝居をしているのかということは、後から演じる組の演技のレンジに影響があるので最初は考えることが多かったんですが、回数を重ねるごとにだいぶつかめるようになりました。ただ、常にキャラクター間の関係性だけはきちんと把握するようにしています。“ここは今、揉めている”とか(笑)」

伊東 「関係性の把握は大事ですね。理人は自分に直接関係のないことでも、それぞれが考えているものを読み取ろうとする人間ですから…」

――「華Doll*」は1st seasonを終え、2nd seasonに突入しました。1st seasonを振り返って印象的だった出来事はありますか?

駒田 「先輩アイドルグループ・Loulou*di(ルルディ)の登場ですね。“Anthos*がスタートラインにようやく立ったかな”というタイミングでの登場は、“まだ早い”と感じました。僕はAnthos*が隆盛を迎えるところまで行ってからライバルが登場すると思っていたんですけど…。物語序盤の最大の目標だった“花が開く”という展開が一気に過去のものになってしまって、これは2nd seasonも大変なことになるなと思っています」

伊東 「確かに。Anthos*はまだデビューしたばかりですからね」

駒田 「しかも、まだプレデビュークラス。その上にスタークラス、レジェンドクラスがあるので、まだまだです」

伊東 「道のりは遠く、過酷です」

――では、お二人が考えるAnthos*の強みとは何ですか?

駒田 「最初は目的も意志もバラバラだったメンバーが“花を咲かせる”という目的に向かって進み、いろいろな苦難を乗り越えたという過程があるので、彼らの『連帯感』は強みだと思います。お互いの状況を全部見てきたわけですから」

伊東 「同じになってしまうんですが、僕も絆。そこから生まれた歌やダンスというのも、彼らの強みになっていると思います」

――さて、それでは少し話題を変えて…。お二人は同年代で同じ事務所で共演作も多いですが、お互いの人柄についてどう感じていますか?

駒田 「優しい。穏やか。体は硬いけど器用で、基本的にミッションインポッシブルがないと言うか・・・。受け止める姿勢も広いですし、出したもののクオリティーが全部高い人だと思います。それは、一緒に共演する側の安心感につながるんです」

伊東 「は、は、は、は、は…(笑)」

駒田 「それ、どういう感情なんですか?(笑)」

伊東 「泣いちゃう(笑)」

駒田 「あはははは(笑)」

伊東 「僕は逆に、駒田くんこそミッションインポッシブルがないと思います。何でも前向きにチャレンジする精神、苦手な分野でも何とかする力、そしてクオリティーの高さ…むしろ、やれないことがないのでは? 取り組み方も明るくていいんですよ。僕だったら“大丈夫じゃないですか?”というフラットな感じですけど、駒田くんは“やってやりますよ!!”、みたいな」

駒田 「いやもう、イトケン(伊東)くんが言うならその通り…なんですかねぇ(笑)。イトケンくんってシャイなんですよ。今は取材のためにマスクを付けていますけど、もし付けてなかったら、もっともじもじしていると思います。そこがまたいいですよね(笑)」

伊東 「マスクの下はずっと何とも分からない笑みを浮かべています(笑)」

駒田 「あはははは(笑)。イトケンくんとは一緒に仕事をすることが多くて、“こういう時はこういう芝居をする”というのが何となく分かるんです。だから一緒に収録をしていても別録りになったとしても、おおよその予測ができます。それは僕的には安心要素ですね。お芝居だけでなく、取材で一緒に写真を撮っている時もインタビューをしている時も、イベントの時も、重ねてきた現場の数だけやりやすさが増えています」

伊東 「さっきから、自分が言いたいことを全部先に言われてしまうので、僕は何を話せば…(笑)」

駒田 「(笑)」

伊東 「いや、本当に全部同じなんです(笑)。共演が多いから駒田くんがどう動くのか、どう振る舞うのかというのがある程度分かるのは、すごく安心感につながっています」

【プロフィール】

伊東健人(いとう けんと)
10月18日、東京都生まれ。天秤座。「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)で番組キャラクターの声を担当。中島ヨシキとの音楽ユニット・UMakeとしても活動しており、「UMake 4th Live Tour Love」公式ライブ写真集(仮)(小社刊)が12月24日に発売。


駒田航(こまだ わたる)
9月5日、ドイツ出身。乙女座。音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」でも伊東と共演。

【作品情報】 

「華Doll* -Flowering- THE BEST」
11月26日リリース
【豪華版(CD+DVD)】¥7,150 【通常版(CD)】¥3,850(写真)
©2019HANA-Doll

ファンから特に人気を誇る「Juliet」や公式MVの再生回数が139万回を超えて話題となった「S.T.O.P」など、「華Doll*」1st seasonにAnthos6人がリリースした楽曲と7人で歌うAnthos*の新曲を収録。豪華盤にはこれまでのMVを収めたDVDも。

【プレゼント】

サイン入り生写真を1名様にプレゼント!
応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2021年11月24日正午~12月1日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」12月3日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

≪生写真告知≫

伊東健人&駒田航の生写真特典付きで販売中!
TVガイド2021年12/3号関東版をアニメイト通販で購入すると伊東健人&駒田航の限定生写真を1枚プレゼント!!

※絵柄6種より1枚を選んでご購入いただけます。
※在庫には限りがございます。ご了承ください。
※詳細はhttps://www.animate-onlineshop.jp/

① 伊東健人&駒田航 特典生写真A(Artist)
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003780

② 伊東健人&駒田航 特典生写真B(Book)
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003781

③ 伊東健人&駒田航 特典生写真C(Cross)
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003782

④ 伊東健人&駒田航 特典生写真D(Doll)
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003783

⑤ 伊東健人&駒田航 特典生写真E(Emotion)
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003784

⑥ 伊東健人&駒田航 特典生写真F(Flower)
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003785

●週刊TVガイド関東版 2021年12月3日号 6冊セット【伊東健人&駒田航 特典生写真付き(6種)】
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=2003786

取材・文/天野歩美 撮影/JOKEI ヘア&メーク/加藤ゆい(fringe) スタイリング/本田雄己 
衣装協力/JIVELTA/Sian PR(ジャケット¥63,200、シャツ¥34,100、ベスト¥31,900、パンツ¥46,200)

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.