放送局から直送便・ドラマ版

コラム

中丸雄一も「朝から晩まで1日中女性の体を触っていました」と困惑!? マッサージで謎を解く「マッサージ探偵ジョー」

 この世にはこれまで数え切れないほどの“名探偵”が生まれてきました…が、2017年春には「ついにここまで来たか…」とビックリ仰天!?な、あきれてものが言えない探偵が誕生しちゃいます。驚異的なマッサージ技術と情報収集能力で殺人事件の謎を解決する、その名も、「マッサージ探偵ジョー」(テレビ東京系)。

 主演は、KAT‐TUNのメンバーである中丸雄一さん。人間嫌いの出張マッサージ師で、ひとたび集中のスイッチが入ると人が変わり、マッサージでありとあらゆるカラダの情報をゲットしてしまう矢吹原丈(通称・ジョー)を演じます。ジョーを取り巻くメンバーとして、ジョーが勤めるマッサージ店「ほぐす堂」の新人従業員・亜久里葉子(アグリ)を小芝風花さんが、毎回殺人事件を捜査する警視庁の刑事・金石徹(マネー)を小澤征悦さんが、マネーの部下・加藤虎雄(タイガー)を和田正人さんが演じます。

 それにしても、やっぱりマッサージで探偵って想像がつきませんよね? 少しでもヒントをもらうべく、出演者の皆さんに、撮影をされていて印象に残っているシーンについてお伺いしました。

中丸 「僕は、セクシーシーンがとても印象に残っていますね。今まで出演したドラマの中で、こんなに女性の体を触るドラマは初めてでしたね。楽しかったです(笑)。朝9時から夜10時くらいまで、1日女性の体を触っている日があって、これが『マッサージ探偵ジョーだなあ』って実感しましたね(笑)」

小芝 「第5話の撮影方法がとても特殊だったんです。今まで見たことない撮影方法だったので、まだ内緒なんですけど、ぜひお楽しみに!」

和田 「僕は、毎回出てくるジョーの変身シーンですね。台本を読んでいると、そんなに『派手なシーンじゃないのかな』という印象だったんですけど、その撮影をしている時に、僕たちが別室で待機していたら『ヘエエーーーー!!!』っていう中丸くんの奇声が聞こえてきて、『どんな変身シーンになってるんだろう』とすごく楽しみだったんですよ。で、出来上がった映像を見た時に『なるほど。こんだけ気合入れてやってんだ!』と。毎回マイナーチェンジしながらやっているところが『中丸くんて役者魂がすごいんだな』と。一つの変身シーンで微妙に変えてくるところが…」

中丸 「褒めていただいて恐縮なんですけど、裏話を言えば、手探りだったということもいえますよね(笑)。でも、そういう見え方もできますね!」

和田 「それ言っちゃったらだめじゃん!!(笑)」

小澤 「僕は、印象に残っているシーンといったら全部です! 今回、素晴らしい台本でやらせていただいているんですけど、こういう作風なだけに、現場で、監督と共演者のみんなで話し合って良い方向に変わっていくというのがすごく多くあるんです。本当にみんなで、現場で作り上げているなあと思いますね」

中丸 「撮影中、現場で心配していたのは、ストッパー役の人がいないっていうことですよね」

小澤 「確かにね。ただ、今思うと、全ては小芝さんがコントロールしていたのかなって…」

小芝 「いやいや、本当にそういうのやめてくださいよ! 私、そう言われても何も面白いこと言えないんですよ! ふらないでくださいって言いましたよね!(笑)」

小澤 「ふってるわけじゃないですよ! まあ、総監督みたいなものですね。それが一番印象的でした」

 セクシーシーンあり、変身シーンあり、時には特殊な撮影方法もありで、最終的には小芝さんが現場をコントロールされていることが、よ~く分かりましたね(笑)。

 4月8日放送の第1話では、ジョーがマッサージの施術をした出張先の美しい奥さま・太田彩愛(横山めぐみ)の夫・太田武(児玉貴志)が殺されます。翌日、「ほぐす堂」に来たマネーとタイガーは、ジョーを彩愛の不倫相手と疑い、犯人扱いします。ジョーは疑いを晴らすべく、容疑者たちが集められる中、「全員をマッサージしたい」と言い出し…!? ジョーは本当にマッサージで潔白を証明し、事件の謎を解けるのか? セクシーシーンや変身シーンにも注目しつつ、ぜひお楽しみにしてください!

テレビ東京担当 Y・O

【番組情報】

土曜ドラマ24「マッサージ探偵ジョー」 
4月8日スタート 
テレビ東京系 
土曜深夜0:20~0:50

 
関連リンク
PAGE TOP