KISS & CRY

特集

国別対抗戦がいよいよ開幕!羽生結弦・宇野昌磨選手らが千手観音&Choo Choo TRAINダンスで日本代表のチームワークをアピール!!

 本日から開催される世界国別対抗戦。開幕前に日本代表チームの記者会見が行われ、出場する羽生結弦選手、宇野昌磨選手、三原舞依選手、樋口新葉選手たちが登壇しました。

 久々に日本で開催される試合ということで、羽生選手は 「日本で演技をするということにすごく意味があると感じますし、温かい声援をいただけるのがとても嬉しく思います。自分の故郷だからこそ、この舞台で良い演技をしたいという強い思いがあります。今季で経験してきたことをここで全部出してクリアしたいですし、また、今季まだ成功していないジャンプや課題、心の問題を一つ一つ潰していって、最終的にこの舞台で今季最高の演技だったと思えるように滑りたいです」と力強く語ってくれました。

 今大会初出場の選手たちにアドバイスするとしたら「ほとんどの皆さんが僕以外初出場なので、そういうことを考えると、チーム戦と考えなくていいんじゃないかなと思います。チームで演技する競技ではなく、個人個人でどれだけ実力を出し切れるかが一番大事だと思っているので、フィギュアスケートらしく個人の全力をそれぞれ出していただけたら、結果的にチームとしての団結力につながるんじゃないかなと思います」と優しくエールを送りました。

 自身の抱負としては「チーム戦として、仲間と一緒にこの国別対抗戦に出られることがとても楽しみで、そして嬉しく思っています。僕自身、全力をつくしてSP、フリーともに一つ一つ丁寧に精一杯の演技をすることに集中して頑張っていきたいなと思います」と笑顔で意気込みました。

 宇野選手は「海外での試合とは違い、時差もなくベストなコンディションで試合に出場できますし、日本のお客さんもたくさん来ていただけるので、皆さんの期待に応えられるように精一杯の演技をしたいと思います。 国別対抗戦は初出場ですけど、皆さんの足をひっぱらないよう自分の全力を出して、最後まで悔いが残らないような試合にしたいと考えています」とコメント。また、来季を意識して挑戦したいことを聞かれ「今大会で特別に新しいジャンプを入れるということはないんですけど、来年を見据えた構成でもあるので、できるものをどんどん取り入れていってこれからも挑戦し続けたいなと思っています」と今後の姿勢もアピールしました。

 三原選手は「初めての国別対抗戦で、他の方々に迷惑にならないように、SPとフリーで今季の集大成としての演技を目指してノーミスで滑れるように頑張ります。各プログラムにしっかり感謝をしながら楽しんで笑顔で終われるようにしたいです」と、かわいい笑顔を見せながら語ってくれました。

 樋口選手は「世界選手権と四大陸選手権でSP・フリーともに完璧な演技を目指していたんですが、出来なかったので、今季最後の試合である国別対抗戦では、自分がしっかり納得のいく演技をして自己ベストが出せたらいいなと思っています」と率直な今の気持ちを。また、公式練習でトリプルアクセルを決めた感想を聞かれ「アクセルを下りたのは初めてなんですけど、考えすぎずに飛べたかなと思います。来季はオリンピックもあるので、まずはアクセルやそれ以外のジャンプの確率を上げてしっかり完璧な状態で入れるようにしたいです」とコメント。今大会のプログラムには組み込まれていないそうですが、樋口選手の進化するジャンプもとても楽しみですね!

 ペアの須藤澄玲選手は「日本開催でたくさんのお客さんから声援をいただけることが、とても嬉しいです。今回の国別対抗戦はペアを組んで初出場になるんですけど、世界選手権でフリーに進めなかったのが悔しかったので、ショートは世界選手権以上の演技を目指せたらいいなと思っています」と悔しさをにじませるも、それと対照的に、フランシス・ブードロー=オデ選手は一言「日本のチームとして頑張るぞ!」と簡潔に意気込み、記者陣を笑わせていました。

 日本チームのキャプテンを務めるアイスダンスの村元哉中選手は「日本で試合があると海外の選手が『いいなー』というくらい観客の皆さんが本当に温かいので、日本で試合を出来る事をとても光栄に思っています。国別対抗戦は初出場なのですごく楽しみです。世界選手権では本当に悔しい思いをしたので、その悔しさを晴らせるように全力を出してやりたいと思います」と熱く語り、クリス・リード選手も「頑張ります!」と笑顔を見せました。

 各チームの応援する姿も見所の一つである国別対抗戦。日本チームの応援について、村元選手は「“キャプテン”と聞いてすぐに母親に『とりあえずなんでもいいからグッズを用意して』と連絡をしました(笑)。まだみんなには見せていないんですけど、他の国に負けないようにキスアンドクライも飾るので、盛り上げてもらえたらなと思います。手作りのものあるので、それはサプライズで、お楽しみに!(笑)」と教えてくれました。皆さん、村元キャプテンのサプライズにも注目です!

 また、誰もが気になっている世界最高得点への更新への思いを聞かれ、羽生選手は即「特にないです」と一言答えた後に「・・・すいません、真面目に答えます(笑)」と付け加え、お茶目な一面を見せてくれる一幕も。「最高得点に関しては、本当に何も考えていません。自分がどういう風に良い演技をするかということが一番大事だと思っていますし、オリンピックシーズン前の最終調整という試合の位置付けでもあるので、そういった意味ではここでどれだけ良い経験ができるか、良いものがつかめるかが非常に大事だと感じています。点数どうこうより自分の演技がどうなるかをしっかり考えながらできればいいなと思います」と最終的にはしっかり答えてくれました(笑)。

 最後は、村元選手が「初出場の選手がすごく多いので新鮮なチームJAPANを世界に見せつけたいなと思います! あとは、それぞれが今大会での目標を達成できるように見守りたいのと、最後は笑顔で終わりたいですね。そして絶対に表彰台に乗りたいと思います。頑張ります!」とキャプテンとして力強い意気込みを。

 その後のレセプションでは、「チームJAPAN!」と呼ばれると頭の上で両手をあわせて登場。そのまま前から一列に並んだかと思いきや、パッと手を開いて千手観音のパフォーマンスを披露。ただ、さすがチームJAPAN、これだけでは終わりません! その後、全員で“Choo Choo TRAIN”の動きをし、最後には力強く右手の人差し指を頭上に掲げNo.1のポーズを見せてくれました。

 早速日本代表としてばっちりなチームワークを見せた選手たち。日本開催に特別な思いを抱いている選手たちが、“日(ひ)の本一(もといち)の力”を発揮し、素晴らしい演技を披露できるように私たちも全力で応援しましょう!そして、目指せ世界一!頑張れ日本!!

<放送情報>
【世界フィギュアスケート国別対抗戦2017】
◆4月20日(木) 
テレビ朝日系 午後6:30~9:00 男女ショートほか ※一部地域では放送開始時間が異なります/ 
BS朝日 午後3:00~4:30 ショートダンス/ 
◆4月21日(金) 
テレビ朝日系 午後8:00~9:54 男子フリーほか/  
BS朝日 午後3:58~6:30 ペアショート、フリーダンス/ 
◆4月22日(土) 
テレビ朝日系 午後6:56~8:54 女子フリーほか/  
BS朝日 午後3:00~4:30 ペアフリー/ 
◆4月23日(日) 
テレビ朝日系 午後6:57~8:54 エキシビション/ 
◆4月24日(月) 
BS朝日 午後9:00~11:30 ダイジェスト/ 
◆5月10日(水) 
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後3:00~4:20 ショートダンス/  
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後4:20~5:40 ペアショート/ 
◆5月11日(木) 
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後3:00~4:20 フリーダンス/  
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後4:20~5:50 ペアフリー/  
◆5月12日(金) 
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後3:00~4:50 女子ショート/  
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後4:50~6:50 男子ショート/  
◆5月13日(土) 
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後1:00~3:15 女子フリー/  
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午後3:15~5:30 男子フリー/  
◆5月14日(日) 
テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ 午前10:15~午後1:30 エキシビション/ 

※放送時間が変更になる場合があります


【フィギュア国別対抗戦名演技集】
◆4月21日(金) 
テレビ朝日ほか 深夜3:25~4:25


【羽生結弦!宇野昌磨!チーム日本がフィギュア国別対抗戦で世界一へ!】
◆4月20日(木) 
テレビ朝日ほか 深夜2:04~2:06、深夜1:35~1:39/ 
◆4月21日(金) 
テレビ朝日ほか 深夜2:04~2:06、深夜1:20~1:25/ 
◆4月22日(土) 
テレビ朝日ほか 深夜2:04~2:06、深夜1:30~1:35/ 

「KISS & CRY」とは?
「KISS & CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP