News ニュース

【東京オリンピック・7/28◆本日の見どころをピックアップ】柔道の向翔一郎、新井千鶴が登場。飛込のレジェンド・寺内健は坂井丞と組んで6大会目の決勝へ2021/07/28

東京2020オリンピック 柔道・男子 90kg級(向翔一郎)写真:千葉格/アフロ

 柔道男子90kg級の向翔一郎は、フェイントのように頭を左右に振って相手との間合いを測る動きが持ち味。キックボクシングの経験を生かしたもので、型にはまらないスタイルは日本では異色だが、内股、背負い投げなど投げ技にもキレがあり、実力に疑いはない。世界選手権の成績は2019年大会の準優勝が最高。初のオリンピックで初の世界一の座を狙う。世界選手権決勝で敗れたノエル・ファントエント(オランダ)らがライバルになる。

 女子70kg級の新井千鶴は、2017年、2018年の世界選手権を連覇したが、2019年は3回戦でバルバラ・ティモ(ポルトガル)に敗れた。今大会でその雪辱と世界一奪還に挑む。ティモ、マルゴー・ピノ(フランス)らが強敵に。

 競泳は男子200mバタフライ決勝に本多灯、女子200m個人メドレー決勝には、25日の400m個人メドレーで金メダルに輝いた大橋悠依が出場。大橋は準決勝を余力を残した泳ぎで5位通過。予選3位通過だった400mに続くメダル獲得が期待される。新種目の女子1500m決勝も見もの。ケイティ・レデッキー(アメリカ)らが初代金メダリスト候補だ。

 予選種目は男子200m背泳ぎと、男子200m個人メドレーに注目。前者には日本の背泳ぎを長年リードしてきた入江陵介、後者には瀬戸大也とリオデジャネイロ大会銀メダルの萩野公介が出場する。

 飛込の男子シンクロナイズドダイビング3m飛板飛込の決勝も見ものだ。日本飛込界のレジェンド・寺内健が坂井丞と組み、6大会目となる祭典に臨む。

▶東京オリンピック 放送スケジュール(地上波・BS放送)はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/schedule-olympic-paralympic/
▶オリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020/

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.