News ニュース

「イタイケに恋して」恋愛AIシミュレーター役で升毅&SNSで活躍中の猫「まる」が出演!2021/06/21

 渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら(超新塾)が主演を務め、日本テレビ系で7月1日にスタートする連続ドラマ「イタイケに恋して」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)に、升毅と猫の「まる」の出演が決定した。

 ドラマは、売れないミュージシャン・影山信博(渡辺)、プライドが高い劇団俳優・飯島将希(菊池)、ピュアな少女漫画家のマリック・ジョンソンJr.(アイク)の不器用でモテない男子3人が、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして大奮闘する、ちょっとイタいけど、ちょっとかわいい癒やし系の男子3人を思わず見守りたくなる“イタきゅん”なラブコメディーだ。教会を改修したシェアハウスで共に生活をしている3人は、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら、“さまざまな恋の形”と向き合っていく。

 升が演じるのは、シェアハウスに常駐する恋愛AIシミュレーターの「六郎さん」。渡辺、菊池、アイクらこじらせ男子3人が暮らすシェアハウスになぜか置かれているAIシミュレーターだ。3人が恋のキューピッドとして大奮闘する中で、「六郎さん」は一体どんな活躍をするのか?

 升は「恋愛AIシミュレーターの『六郎さん』としてイタイケな3人を導きます。過去の恋愛ドラマや、自身の恋愛経験をデータとして掘り起こし、それを客観視し、なぜか甘酸っぱい気持ちになりながら、恋愛学に⾧けたAI役を構築しています。豊島(圭介)監督の演出や徳尾(浩司)さんの脚本をしっかりインプットし、このデータをどうアウトプットするか、ご期待くださいませ! にしてもAI役って(笑汗)」と戸惑いつつも役作りに励んでいる様子だ。

 さらに、女子大生恋愛インフルエンサーである弘田佐知(石井杏奈)が通う大学の研究室で飼われている猫「ざぶとん」役として、YouTube「まるちゃんネル」をはじめ、SNSで活躍中の2才のアメリカンショートヘアー「まる」が出演。癖強なキャラクターがずらっと並ぶドラマの中で、猫の「ざぶとん」が癒やしを与えてくれそうだ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.