News ニュース

V6が台本なしの本音トーク! これまでの歩みの中で見つけた“なかよし”の秘けつとは?2021/06/07

 森永乳業は、発売45周年を迎える一口アイス「ピノ」において、今年で結成26年のV6(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一)とタイアップし、「なかよしで行こう。」キャンペーンを実施中。ピノ「アイスと平和」特設サイト(https://www.pinoice.com/lp/nakayoshi/)で、V6が本気で語り合うWEBムービー「ピノとV6『なかよしって?』」を公開している。

 6粒入り、一口サイズでシェアしやすいピノは、人とのつながりを実感することが難しくりつつある昨今、隣の人と仲良くなることを応援し、同じアイスを食べる小さな平和が広がってほしいという思いから、「アイスと平和」というコミュニケーションテーマを展開。結成26周年の今年11月に新しいステージに進むV6の6人の仲の良さが、これからもゆるぎないものであること、形を変えてきっと続くことから、ピノのテーマを体現しているとしてタッグが決定した。

 WEBムービーは、6人が“なかよし”について台本なしで語り合うドキュメンタリー映像。「適度な距離を持つ」「相手のかわいいところを見つける」など、V6がこれまでの歩みの中で見つけた“なかよしの秘けつ”をメンバーそれぞれに語っている。

 学校の教室を使用した撮影では、6人が机や椅子、黒板など、学生時代を思い起こさせる懐かしいアイテムを笑顔で眺めながら、それぞれの席へ。長回しの撮影が行われ、トークは序盤から本音モードに突入した。「年齢に趣味もバラバラだった」「25年間、よくやってこれたね」と初めて出会った頃や、デビュー当時を思い出しつつ、時に冗談を言い合って脱線しながら、予定時刻を過ぎても続いた。

 また、撮影現場に用意されたピノを見つけた6人は、トークしながらパクリ。「さっき星のやつがあったんだよ」と告白した井ノ原が、三宅から「それ、めっちゃレアなんだよ」と教えられ、「普通に食べちゃったよ。写真を撮っておけばよかった…」と残念そうな表情を見せる一幕も。途中、窓の外から緊急自動車のサイレンが聞こえてきたため、撮影を中断するかとメンバーが目を見合わせると、井ノ原が渋めの口調で「収録はここまでだ!」と刑事ドラマ風の演技を披露。ハプニングを笑いに変える機転で、現場を盛り上げた。

 さらに、話題に上がったのが、メンバーそれぞれの“こだわりのピノの食べ方”。「ピノのヘビーユーザーです」と“ピノ愛”を公言する三宅は「ちょっとピノが汗をかいたタイミングがちょうどいい」と明かし、長野は「チビチビ食べるのが好き」、坂本は「固いのをひとくちで頬張るのが好き」と楽しみ方をアピールした。

 撮影を終えて井ノ原が「自分たちのことについて、6人だけの空間で話すことがあまりなかったので…もしかして初めて話すようなこともあったかもしれません」と切り出すと、長野は「教室で話すってこともなかったからね。不思議な空間だよね。やっぱり“戻れる”っていうか…」と返答。再び井ノ原が「6人で同じ教室で勉強したことなんかないのに、なんか懐かしい気持ちになるのはなんでだろう」と話を振ると、すかさず三宅が「青春時代を思い出すんでしょうね」と言い添えた。

 さらに、井ノ原は動画の見どころについて「セリフとかあまりなくて、自分たちの言葉でしゃべっているところですね」と説明。岡田も「“なかよし”っていうのはキーワードにありましたけど…誰も自分たちが仲良しって思ってない(笑)。自然に思っていただけるのが本当のなかよしだと思うんですよ。自分たちで言ってるうちは、まだ甘いよと(笑)」と口にし、長野も「5年・10年じゃ、この空気感は出せないよね。それを経て“25年”っていうのがV6の空気感だね」と同調。すると井ノ原が「ただ…5年・10年で出せるフレッシュさも、まあ出せないけどね(笑)」と発し、笑いを誘った。

 また、V6の仲良しの秘けつを「俺は『いい距離感を持ってる』って話したけど、この6人ならではの距離感があるのはいいなっ、って」と長野が投げかけると、坂本は「『聞く』ことが秘けつなのかな、『言う』ことよりも。聞くことの方がリーダーとしてみんなのことを理解できたかな…今思えば」と述懐。続けて三宅が「井ノ原くんが『敬語なしで、みんなタメ口で話そうよ』と言ったのが結構大きいと思うんだよね。年齢差はあるけど、敬語を使わないで話すことで仲間感が現れてきて、いろいろ言い合える仲間になったんじゃないかな」と振り返ると、森田も「一つのことをこの6人で乗り越えてきたじゃないですか。その経験をみんなが味わって年を重ねてきたっていうのが大きいね」と感慨深げに語った。

 そして、「アイスと平和」のテーマから、最近、平和を感じた瞬間を尋ねると、三宅は「アイス食べてる時じゃない? ご褒美を自分に与えてる感じがする。その中でもピノっていいじゃない」と即答。続けて井ノ原が「暑い日の夜、熱いお風呂に入って出た時…この瞬間がたまらないよね」と答えると、岡田は「やっぱり、笑い合えてたら平和ですよ。俺らも毎日会ってるわけじゃないけど、たまに会う時に笑い合える」と打ち明け、メンバー同士の仲の良さが伝わるエピソードで締めくくった。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.