News ニュース

爆笑問題MCの「深海WANTED」第7弾。新種の登場で神回必至!2021/05/21

 フジテレビ系では5月30日に「爆笑問題の深海WANTED7 新種の深海モンスター!奇跡の遭遇SP」(午後4:05=テレビ静岡制作)が放送。子どもたちや海洋ファンに多くの感動を届けてきた人気シリーズの第7弾となる今回は、日本最深の湾である駿河湾と沖縄を舞台に、深海撮影プロジェクトを展開する。MCは爆笑問題(太田光、田中裕二)で、ゲストにココリコの田中直樹、ハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか)、田中道子を迎え、深海生物スペシャリストの鈴木香里武氏が解説を務める。

 駿河湾編の撮影ターゲットは、駿河湾で発見され、今年2021年1月に新種登録されたばかりの深海の帝王・ヨコヅナイワシ。1mを超える巨体でシーラカンスを思わせるその姿は、青く輝くという。世界でまだ5体しか見つかっていないこの奇跡の魚を追うため、深海撮影、深海魚のスペシャリストたちが集結。水深3000m対応かつ最大360°撮影が可能な最新マシンで、水深2000m以深に生息する巨大深海魚の撮影に挑む。

 沖縄編の舞台は未開の深海ミステリーゾーンである“魔の崖”。最大落差200mという危険エリアに挑むのは、沖縄美ら海水族館「深海展示チーム」だ。数々の世界初の発見を成し遂げてきた深海探査のスペシャリスト集団は、無人潜水艇ROVを駆使して魔の崖を進むと、現れたのは水族館の職員も思わず絶叫するキモかわいい深海モンスターたち。中には新種の深海生物の姿もあるという。

 太田は「今回急にスタジオが豪華になって、それにまずビックリしました。テレビ静岡に何が起こったのか!って。番組は自分の感覚では今回がシリーズ史上No.1、歴代1位の面白さだった。これは皆さんもぜひ期待していただきたいですね。今はコロナでロケにもなかなか行けないけれど、来年は沖縄から番組をお届けできればいいな。パラグライダーでもやってね」と早くも次回にも期待。

 田中裕二も「4K撮影で2000mの深海はすごくクリアで奇麗でした。映像のすごさや発見は想像以上! 今回は7回目。未知の映像が見られるのを毎回楽しみにしてます。皆さんぜひご覧ください」とアピール。

 また、田中直樹は「過去何回かゲストで呼んでいただいていますが、今回は今までの中で一番興奮しました! まさに神回。部分的にすごいところがある、じゃなくて、全編すごい映像がめじろ押し! 未来につながるような資料映像としての価値もあると思います。感覚が麻痺(まひ)するほどすごかった!」と熱弁。

 近藤は「今回も視聴者の皆さんの期待を裏切らない内容になっていると思います。沖縄の海にいたある生物の名前は忘れられないですね。名前の付け方が秀逸! 私もいつか新種を見つけて名前を付けてみたいです」、箕輪は「VTRを見ているだけですごく楽しかったです。現地に行っている専門家の皆さんや漁師さんたちが、ものすごく興奮してる様子を見て興奮してる様子を見て『人ってこんなに興奮できるんだ』と、それにも驚きました。私も沖縄でROVを操作してみたいです」と見どころに挙げる。

 そして、田中道子は「私はダイビングをするんですが、ダイバーにとって深海は憧れです。どんな世界が広がっているのか妄想していましたが、今回鮮明に見ることができたので、夢が一つかなった気持ちです。宇宙もいいけど深海についてもっと知りたくなります」と深海に魅了されたことを明かした。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.