News ニュース

北山宏光×中村ゆり、ドラマ史上最も恐ろしい“不倫サスペンス”「ただ離婚してないだけ」で冷え切った夫婦役2021/05/06

 テレビ東京ほかで7月から、Kis-My-Ft2・北山宏光と中村ゆりが夫婦役を演じる、ドラマホリック!「ただ離婚してないだけ」(日時未定)がスタートすることが決まった。

 結婚生活7年目を迎えた、ただ離婚していないだけの冷え切った夫婦を描いた、本田優貴氏による同名の人気コミックをドラマ化。夫の不倫をきっかけに巻き起こる、いつ自分の身に起こっても不思議ではない戦慄(せんりつ)の展開が話題の不倫サスペンスだ。

 北山が演じるのは、既婚でありながら新聞配達員の若い女性と不倫をしたことで最悪の事態を招いてしまう、主人公のフリーライター・柿野正隆。同局のドラマは、主演を務めた2019年のドラマパラビ「ミリオンジョー」以来2回目の出演となる。そして、中村が演じるのは、正隆の妻で中学校教師の柿野雪映。正隆に酷く当たられるが、それに耐え良妻として正隆を支えようと務める。

 一方、中村は21年1月クールに話題となった「天国と地獄〜サイコな2人〜」(TBS系)をはじめ数々の話題作に出演し、20年1月には「今夜はコの字で」(BSテレ東)で民放連続ドラマ初主演を果たしている。今回、初共演となる北山と中村の2人が、一体どんな“ただ離婚してないだけ”の夫婦を演じるのか期待が高まる。

 本作への出演について、北山は「最初に原作を読んだ時、ストーリーが続くにつれて『もうやめてくれ!』となりました。自分がこれを演じきれるのかという不安とともに、この作品をやりきった後には、役者として違う世界が待っていそうだなと思いました」とオファーを受けた時の心境を明かす。さらに「『ミリオンジョー』もかなり面白い作品でしたし、また同じスタッフさんたちとタッグを組めるのがとてもうれしいです。恵まれているなと思えると同時に、とても感謝しています」と喜びとともに、謝意を表した。

 また、今回の役どころについて「印象的には『うわ〜、クズ』って言葉がぴったりな男だと思いました。演じていきながら何か成長していくところを表現できたらなと思っています」と意欲を燃やし、「自分の転機になる作品だと思います。今できることをすべてぶつけたいです。演じる上で、見てくださる方がきっと主人公に一度ボーダーラインを引かれると思います。でも病みつきになってしまう作品です」と期待感をあおった。

 妻・雪映に扮(ふん)する中村は「タイトルからは想像もつかないスリリングなストーリー展開に驚きながら、夢中になり一気に読み終えました。これをドラマ化するのか…と、さすがテレビ東京さん、攻めてるな、と思いました(笑)」と笑顔を見せ、役どころについて「感情をあまり表に出せないタイプの控え目な女性ではありますが、内に秘めた強さが、とてもたくましい人だと思いました」と役柄の印象を語る。加えて、北山との共演については「初めての共演なので、夫婦としてどんな関係性を築けるのかとても楽しみですし、安里(麻里)監督とは映画で二度ご一緒していて、とてもこだわって撮られる監督ですので、テレビドラマとしてもクオリティーの高いものになる予感満々です! いびつな夫婦のお話ですが、信じられないようなお話が展開していきます。私も毎話驚いています(笑)」とコメント。

 原作者の本田氏は「長年思い続けていた念願の、いや、野望でもありましたテレビドラマ化! とてもうれしいです。とてもハードな内容ですが、この夫婦の再生物語を主演の北山宏光さんがどんな形で再現してくれるのか今から楽しみです。僕の描いた原作よりも深く、濃く、そんなドラマになることを期待しています」とドラマ化を喜んでいる。

 ドラマを手掛ける松本拓プロデューサーは「真の意味で、『夫婦』をつなぐものとは一体何なのか。今まで、テレビドラマでは描いてこなかったレベルまで、それを追求していきたいと思います。北山さん、中村さんが演じる夫婦が、ある事件をきっかけに『最悪』の方向へ向かいます。しかし、この夫婦にとって、その『最悪』は『希望』でもありました。『不倫』『殺人』『隠ぺい』『絶望』そして『希望』。まさに令和のジェットコースタードラマ。中途半端には描きません。人間の『汚さ』『もろさ』、そして『暖かさ』を究極なまでに突き詰めていこうと思います。ご期待ください」と見どころをアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.