News ニュース

東京VS千葉VS埼玉…「さんま御殿!!」で各都県を背負った女の戦いが勃発!2020/05/26

 5月26日に日本テレビ系で放送する「踊る!さんま御殿!!」(火曜午後7:56)は、「関東女~ローカル対決」というテーマで、東京、千葉、埼玉出身の女性ゲストたちによる壮絶なトークバトルが繰り広げられる。

 今回、新型コロナウイルスの影響による感染予防対策の一環で、番組始まって以来初のリモート収録を実施。MCの明石家さんまの両脇には、透明度高めの“高級アクリル板”をセット。これで、さんまの口から出やすい飛沫も防げるということで、収録中、ゲストたちからは「いつもこれがあったらありがたい」という意見が漏れるシーンも。

 スタジオゲストとして迎えたのは“東京勢”の中川翔子、本仮屋ユイカ、朝日奈央、池田美優(みちょぱ)。そのほかのゲストは別室からリモートでトークに参加することになっており、“東京都八王子市”出身のナヲ(マキシマム ザ ホルモン)と飯窪春菜は「羽村に負けてるのが悔しい!」と、東京都羽村市出身の朝日に対抗心をあらわにする。また、プライベートで仲がいいという中川と飯窪が「はるなん(飯窪)が私を中野区から連れ出してくれた」(中川)、「モーニング娘。を卒業する時、一番に相談したお姉ちゃんみたいな存在」(飯窪)というトークで盛り上がると、それを見ていたさんまは「リモートだとどうでもいい」と言い、「実弾を撃とう」とトークのハードルを上げようと要求し、別室にいる若槻千夏は「リモートの方が厳しい」と戦々恐々とする様子だった。

 最初のトークテーマ「私がライバル県民・市民を哀れに思うこと」では、埼玉出身の若槻が突然東京都北区出身のみちょぱに「埼玉臭がすごい」と攻撃。さらに「地元が一緒だと思ってた」「東京の人なのに埼玉県民と思われてかわいそう」とぶっちゃける。しかし、その若槻は埼玉県比企郡吉見町というマイナーな地域出身で、「埼玉代表」としてテレビに出ることを埼玉県民からよく思われていないそうで「『さんま御殿』に出るたび炎上する」とぼやく。

 “東京勢”と認められないと憤慨する“八王子勢”は、「八王子は大物ミュージシャンが多い」「八王子は絆が強い」と主張。しかし、東京都目黒区出身の本仮屋から「八王子はすごく暑くてすごく寒い」と、八王子ロケの大変さを熱弁されてしまう。

 同都県の内輪げんかもちょくちょく突発。千葉県松戸市出身の秋元才加が「柏が“第2の渋谷”と呼ばれてるけど、おしゃれな人を見たことがない」と言うと、柏市出身の薄幸(納言)が「いつ行ったんですか!?」とブチ切れ!?︎ しかし、彼女はその後、出身をごまかしていたことを告白する。

 東京都中野区出身の中川は「目黒区、港区は意識が高くてマウントがすごい」とたたくも、“八王子勢”から「同じ中央線仲間」という誘いには、「遠い遠い!」と固く拒否する。ナヲも飯窪の出身地である東京都八王子市の恩方エリアを「八王子の中でも旧石器時代」とイジるなど、小さいバトルが止まらない。

 「われながら恥ずかしいと思う地元の常識」というトークテーマでは、わが町を思い返し「埼玉県民の日は千葉県のディズニーランドに行く」「地元の話が広がらない」「ヤンキーが武勇伝を作りたがる」など、恥かしい話が次々と出てくる。中でもみちょぱの地元・赤羽は、清野とおるの漫画「東京都北区赤羽」が大ヒットコミック「ONE PIECE」より売れるというぐらい個性が強い。さんまも「大阪でいう新世界」と親近感を感じる「変わり者が多い」赤羽のディープな一面が垣間見える。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.