News ニュース

菅田将暉&神木隆之介&仲野太賀「コントが始まる」高校時代のシーン写真が初公開2021/04/14

 日本テレビ系で4月17日スタートの連続ドラマ「コントが始まる」(土曜午後10:00)で、お笑いトリオ・マクベスを組む高岩春斗(菅田将暉)、朝吹瞬太(神木隆之介)、美濃輪潤平(仲野太賀)の高校時代の場面写真が初公開された。

 菅田が主演を務める本作は、「あのころ」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、思い描きもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う、その生きざまを描いた、金子茂樹氏脚本による青春群像劇。

 菅田のほか、この世代を代表する有村、神木、仲野、古川という豪華なキャスト陣が集結。売れないお笑い芸人のトリオ・マクベスの3人が、ネタ作りでいつも集うファミリーレストランのウエートレス・中浜里穂子を有村、その妹・つむぎを古川が演じる。タイトルの通り、毎話ドラマのトップシーンがマクベスのコントから始まり、この冒頭のコントが残りの物語の重要な伏線としてつながるという、異例の構成も見どころとなる。

 今回公開されたのは、春斗、瞬太、潤平が高校時代に教室にいる場面。緑東高校の同級生で、一緒に過ごす時間も多く仲が良かった3人。高校3年の時の文化祭でコントを披露した春斗と潤平。一方、瞬太はまさに文化祭のヒーローで女子生徒に囲まれていた。瞬太はあるものすごい能力を持っていたのだ。卒業が迫る中、春斗は大学に進学せずコント芸人になろうと潤平を誘う。人生を左右する決断を迫られた潤平の答えは? それを聞いていた瞬太は、いつ、どんなきっかけでマクベス入りしたのか? その裏には、希望、絶望、相反するさまざまな感情の葛藤があった。第1話では、このドラマの重要な鍵を握るマクベス結成の秘密が明らかとなる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.