News ニュース

白濱亜嵐主演「泣くな研修医」で木南晴夏、野村周平、柄本時生、恒松祐里が共演2021/03/17

 テレビ朝日系で4月にスタートする、白濱亜嵐が主演を務める連続ドラマ「泣くな研修医」(土曜午後11:00、開始日未定)に、木南晴夏が初の外科医役で出演するほか、野村周平、柄本時生、恒松祐里が、主人公と共に医療現場で奮闘する研修医たちを演じることが分かった。

 ドラマの原作は、現役外科医・中山祐次郎氏のデビュー作にしてベストセラーの同名小説。現役医師が描いたからこその圧倒的なリアリティーが表現され、これまでの医療ドラマであまり描かれることがなかった、医師でありながら何も分からない研修医たちのリアルを描くとともに、現代の医療界が抱える問題も映し出していく医療ドラマであり、無力感に打ちのめされ葛藤しながらも成長していく研修医たちの青春群像劇だ。

 コミカルからシリアスまで、幅広い演技力を発揮する木南は、外科医役は今回が初挑戦。木南が演じるクールで腕もいい消化器外科医・佐藤玲は、医療現場で右往左往する研修医・雨野隆治(白濱)をストレートな物言いでバッサバサ斬りながら、厳しく指導していく。

 木南は「私はドラマの中でも特に医療ものが大好きなんです。でも、私自身はこれまで患者か看護師役しか経験がなく、今回が初めてのお医者さん役で、しかも一番やってみたかった外科医だったので、すごくうれしかったです」と喜びをかみ締めながらも、「医療指導で教えていただいた、針で縫ったり、糸で結んだりする作業などを家で練習していますが、すごく難しくて…。手術シーンもあるのですが、私は実際に手術室に入ったことも、見たこともないので、今は想像したり、過去の医療ドラマでイメージしながら、現場では先生方に教えていただいて、より忠実に演じることができたらいいなと思っています。そこは未知であり、すごく不安な部分でもあり…私の演じる佐藤先生は10年目のデキる外科医という設定なのですが、できれば1回、研修医の役をはさみたかったです(笑)」と本音を明かす。

 野村、柄本、恒松の役どころは、雨野のライバルとして競いながらも、唯一愚痴を吐き出せ、医療現場での緊張感を解き放つことができる研修医仲間。演じる4人のキャストの魅力も個性もさまざまで、四者四様の研修医の姿を披露し、共に奮闘しながらどういう化学反応が生まれていくのかにも期待が高まる。

 野村が扮(ふん)する川村蒼は、総合病院の跡取り息子で、お坊ちゃん育ち。将来が決められているため夢も特になく、女の子との合コン三昧の一方で、その裏には葛藤もあるというキャラクターだ。

 「最初に脚本と研修医に関しての資料を読んだ時、研修医ってこんなに大変なのかと驚かされました」という野村は、「自分はリアルな医療現場のことは詳しくは知らないのですが、今作ではネガティブなところも含めてリアルに描いているんだな、と感じています。今作で新しい研修医ドラマの形を見出せることを期待しています。ただ心配なのが医療用語。今回は演じるのが研修医なので大丈夫かな、とは思っているのですが、台本に難しい医療用語が出てこないことを願っています(笑)」としつつ、「今回共演する亜嵐とは、実は高校くらいから知り合いなのですが、ガッツリ共演するのは初めてなので、今から楽しみです。いろいろ勉強させていただきます…特にダンスを(笑)。恒松ちゃんとはこれまで先輩・後輩として共演することが多かったんですが、今回はついに同期としての共演ということで、彼女がまたレベル上げてきたんですよ…若手のエースなので、恐れ多いです。時生くんはまずお芝居がピカイチですよね。映画が大好きと伺っているので、空き時間などで映画の話とかもできたらいいなと思っています。そんなすてきな共演者たちがそろった現場なので、すごい楽しみです」と期待を膨らませている。

 柄本が務めるのは、3年間社会人を経験した後に医師となった異色の経歴の持ち主である滝谷すばる役。人がよくて素直すぎるという、厳しい医療の世界ではやや心配な存在だ。 

 「少し要領が悪いけど、他の研修医よりも一番年上で、社会人も先にやっていたというちょっとしたプライド持っている役なのですが、僕は役のことを深く考えちゃうとわけが分からなくなっちゃうので(笑)、現場の空気を大切にして演じていけたらなと思っています」と静かに役づくりについて口にする柄本。「主演の白濱さんとは初共演なのですが、本(台本)読みの時に野村周平くんと僕がしゃべっているところにわざわざ来てくれて、しゃべってくれたんですよ! すごく心の優しい人だなと思いました。実はオープニングで僕たち踊るんですけど、僕、本当にダンスがダメで…。本当に助けていただきたいと思っています。踊れないことが恥ずかしいとかではなく、現場に行った時に振り付けが覚えられなくて迷惑かけるのだけは嫌なので! それだけ付き合っていただけたら…。あとは、共演者みんなで現場で仲良くできたらいいなと思っています。今作では知っている方も何人かいらっしゃるので、きっと楽しくできると思います!」とコメント。

 恒松が演じるのは、優等生キャラの中園くるみ。勝気でクールで、目指すは花形の外科医というくるみを、魅力たっぷりに演じていく。

 医療ものに本格的に出演するのが初めてとなる恒松は「脚本を初めて読んだ時、研修医役ということもあり、医者として初めの一歩を踏んだところなので、だからこそ役と一緒に医療ドラマの経験がない私でも入りやすく、勉強しながら学んでいける脚本だなと感じました。私が演じるくるみは本当に負けん気が強くて、同期とか仲間とか関係なく、『私は私』と自分を持っている子。強くて器用な、いわゆるデキる研修医だと思います。だからこそ、隆治の不器用さにあきれるんですが、次第にその一生懸命さに心打たれたり、同期たちとの関係を深めていく中で、だんだん自分の弱さも見せられるようになっていって…。回を重ねるにつれ、人間としても成長していけたらいいですね」と役柄を紹介。

 共演者に関しては「白濱さんとは本読みの時にお会いしたんですけど、隆治としてのお芝居が既にすごくすてきでした。くるみがツッコミたくなる役柄だと思うので、これから存分にボケていただいて、存分に突っ込んでいければなと思っています(笑)。野村さんとはこれまで何回かご一緒する機会があって、その時は私よりも先輩の役だったんですけど、今回は同い年の役なので、野村さんへの先輩フィルターを取っ払って、同期フィルターにチェンジしなくちゃいけないですね。柄本さんに対しては役の設定も年上なので、先輩フィルターのままで大丈夫なんですけど」と接し方を考えている様子。そして「『泣くな研修医』はすごく真剣なところと、面白いところがちょうどいいバランスで作られているドラマだと思うので、すごく見やすいドラマだと思います。特に研修医室でのシーンは面白いことが起こることが多いので、土曜の夜に少しでも笑いを届けられたらいいなと思っています。ドSのくるみもお楽しみに!」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.