News ニュース

二宮和也、“かずなり”をあらためてアピール!?「まさか名前をいじっていただけるとは」2021/03/16

 二宮和也が伊藤ハム「The GRAND アルトバイエルン」新イメージキャラクター発表会に出席した。第一子となる女子の誕生を3月5日に報告した二宮。登場早々の祝福の言葉に驚きながらも、「ありがとうございます。無事に生まれてきてくれて、こんなに幸せなことはないんだなということを、初めて実感しているところでございます」とほほ笑んだ。

 「The GRAND アルトバイエルン」のイメージキャラクターをオファーされた時の気持ちについて「びっくりしました。CMでも見ていたし、実際に食べさせていただいていたもののCMをやるということに驚いたというか、純粋にうれしかったですね」とコメント。「(キャッチフレーズの)『煮るなり焼くなり好きにしちゃって』というアルトバイエルンの多彩さを表現できれば」と、二宮がスタッフとも相談して臨んだCM撮影は、「スタッフの方が(アルトバイエルンを)絶妙な感じで持ってきてくださるので、食べていたら終わっちゃったみたいな感じで、ありがたいCMでした(笑)」というほどスムーズに進んだそう。

 4月2日から放送開始の続編では、アルトバイエルンと目玉焼き、オクラ、塩昆布を乗せたGAB丼が紹介されるが、「僕は焼くのみだったんですけども、このCMを通してGAB丼だったり、GAB鍋だったりとか、そうか!と思わせてくれるような調理法を、視聴者の皆さんと同じように提案していただいて、なるほどという驚きの連続でしたね」と撮影を振り返った。

 この日は一足早くGAB丼編もお披露目され、「煮るなり焼くなり二宮和也」のキャッチフレーズから始まるCMを、二宮も報道陣と共に視聴した。「芸能活動をさせていただいて25年ぐらい経つんですけど、まさかこの25年目に名前をいじっていただけるとは思いもしませんで(笑)。本当にありがたいですね。“にのみやかずや”じゃないんだと、“かずなり”だとあらためて知っていただける場になって、ダブルでうれしかったです」と愛嬌たっぷりの感想に、会場が温かい空気に包まれた。

 その後、二宮が一番好きだという“ぎっちぎちに焼いた”、熱々の「The GRAND アルトバイエルン」を実食。一口頬張った二宮は、ぐ~っとかみ締め、思わず天をあおぐ。余韻を楽しみながら、「いや~うまいっ! ん~、飲みたくなってきた!」と表情でそのおいしさを伝えた。「これにコショウをいっぱい振ったりとか、スパイシーな感じで食べたりもするんですけど。ジューシーで口の中で広がって、あらびき肉が、香辛料が…とかいろいろ言いたいことはあるんだけど、とりあえず黙って食べてもらいたい。食べたら分かるから」と言い、最後は「一ファンとして『The GRAND アルトバイエルン』のおいしさや多彩な食べ方を紹介していきたい」との言葉で締めくくった。

取材・文/奥澤しのぶ 撮影/古賀良郎

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.