News ニュース

乃木坂46が「みんなの献血」新CMに出演! 齋藤飛鳥が新社会人へエール2021/03/17

 乃木坂46の梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香、久保史緒里、齋藤飛鳥が出演する、日本赤十字社の献血つながりプロジェクト「みんなの献血」の新しいCM「応援メッセージ」編が、3月19日から全国でオンエアされる。

「みんなの献血」は、少子高齢化によって若年層献血者が年々減少し続けている現状に対して、献血を通じて体験可能な、いくつもの出会いや感動を届け、みんなでつながろうという趣旨のプロジェクト。本企画は、若者に継続的に献血に協力してもらい、血液製剤を医療機関へ安定的に供給することと、「献血」という文化を当たり前に感じてもらうことを目的としている。

 待ちに待った春。新しい生活が始まるにあたり、プロジェクトのイメージキャラクターを務める乃木坂46が「いつの日も献血は大事。新しい生活のスタートとともに、献血に協力してもらい、『新しい自分、新しいステージにチャレンジしてほしい』」という、若年層への応援メッセージをおくるという内容となっている。

 2年連続で「みんなの献血」のイメージキャラクターを務めている齋藤は、リラックスした様子でカメラの前に立ち、監督からの要望も難なく対応し、撮影に臨んだ。最初、少し緊張気味だった遠藤は、撮影が進むにつれ、柔らかい表情で撮影に取り組んだ。また、梅澤は撮影の合間に何度も「いつの日にも献血は必要です」という自身のセリフを練習。今回、監督が撮影で一番こだわっていたのは声のトーンで、監督からイントネーションやテンポ、声の大きさなど、細かいリクエストがあったが、久保は柔軟に応じた。一方、賀喜は「今のが一番よかった!」と監督からたびたび褒められ、伸び伸びと演技。撮影現場は、始終笑顔が絶えなかったが、スタッフからコロナ禍における若年層の献血協力者の減少に関する報告を聞く際は、みんな神妙な顔で耳を傾ける姿も。

 撮影後に行われたインタビューでは、CMの「新しい生活が始まります」というセリフにちなみ、コロナ禍で新たに取り入れたこと、そして今後取り入れてみたいことを質問された面々。

 梅澤は「私は昨年から、おうちで筋トレを少しずつするようにしているなかで、鍛えた筋肉をほぐすことも重要だと最近気付きました。ストレッチポールなどを購入して、背中の筋肉や太ももの筋肉をほぐすことにハマり、家で実践しています。(ストレッチグッズは)気になったものをネットショッピングで購入して、家で試しています。(乃木坂46の)みんなとも情報共有していて、それぞれ頑張ってるなと思っています。(効果は)やらないよりは、むくみはとれてるなという気はします(笑)。これからも続けていきます!」とコメント。

 遠藤は「新しい趣味として、ギターを始めました。まだ練習を始めてから3〜4カ月ちょっとですが、上達するように頑張っています! 音楽がもともと好きだったので、以前から何か挑戦してみたいなと思っていました。なかなか踏み出せなかったのですが…ちょっとやってみたいなと思い、始めてみました。目標は、弾き語りです。でも難しくて…なんとかできるようになりたいので、練習頑張りたいです!」と語った。

 また、個人もしくはグループとして、チャレンジしてみたいこと・チャレンジ中のことは?という問いに、久保は「私も同じく楽器の話ですが、(昨年の)ステイホーム期間にピアノを始めました。もっともっと練習して、いつかライブなどさまざまな場所で披露できるくらいに上達できたらいいなと思います。ちなみにギターも挑戦してみたんですけど、ちょっと向いていなかったです(笑)。弾き語りを私もしてみたいなと思っていた中で、もともと合唱がすごい好きで、合唱曲が弾けるようになったらいいなと思ったのがきっかけです。ステイホーム期間にまとまって練習できたので、(本格的に)始めてみました。学校で歌うのが好きだったので、いつかみんなでできたらいいなという夢もあります!」と告白。

 賀喜も「私は18歳を越えたので、車の免許を取得することに挑戦したいなと思います。ずっとこれまで家族が運転する車に乗せてもらっていたので、今度は私が運転する車に乗せてあげたいです。堂々と(家族を)乗せられるくらい上達したドライバーになりたいなと思います(笑)」と明かした。

 最後に、今年の4月から新社会人になる人たちと同世代の齋藤は「自分の年齢を今まで意識してきませんでしたが、私の場合は若い頃から現場を経験させてもらっているので、すごくいい経験をしてきたなと思います。今、20歳を越えても毎日学ぶことだらけですが、周りにいるスタッフの方々や一緒に働いているメンバーなどのおかげで自分が変わったり、成長したりできているなと実感することがすごく多いです。なので、新社会人になると『何かを成し遂げなきゃ』と必死になることももちろんいいのですが、周りの人にたくさん助けてもらいながら、時に甘えながらでも頑張ってもらえたら、毎日楽しく過ごせるのかなと思います」とエールを送った。

 なお、3月31日まで全国の献血ルームや献血センターなどで「みんなの献血」オリジナルグッズ第5弾を実施中。献血の受付で「みんなの献血 KENKETSU TOWN」(https://www.min-ketsu.jp/park/january/)の画面を提示、もしくは「乃木坂46プレゼント希望」と申し出た10代〜30代の献血協力者先着3万5000人に「乃木坂46×みんなの献血オリジナルマスクケース」をプレゼント。40代以上でも、条件を満たした者で、39歳以下の家族または知人と訪問した場合は、プレゼントを贈呈。詳しくはホームページをチェック。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.