News ニュース

剛力彩芽が独立後初のドラマで謎に包まれたヒロインに! 男女二つの視点で描く物語を5夜連続放送2021/02/17

 剛力彩芽が、三浦貴大主演で3月22日にスタートするフジテレビTWO×ひかりTV共同制作ドラマ「彼女のウラ世界」でヒロインを務める。

 同作は、東京カレンダーwebサイトにて2020年の夏に連載がスタートした人気小説が原作。制作会社勤務でドラマのディレクターをしている西村敏郎(三浦)は、3年付き合った近藤明子(剛力)にプロポーズ。しかし翌日、明子は婚約指輪を置いてこつぜんと姿を消してしまう。彼女はなぜ敏郎の元を去ったのか? Instagramから情報をかき集め、突然消えた彼女の足跡を追っていくうちに、女性の真実とともに、追う男性側の本性もあらわになっていく。

 物語は男性目線の<TOSHIRO SIDE>と女性目線の<AKIKO SIDE>の二つのストーリーで描かれ、それぞれフジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart(月~金曜午後11:00)とひかりTVのひかりTVチャンネル(月~金曜午後11:30)で、3月22日から連日各5話をリレー方式で放送する。

 独立後初のドラマ出演で謎に包まれた女性を演じる剛力は「久しぶりに連続ドラマに出演させていただきます。二つの視点からどんな物語が生まれ、どのようにウラとオモテが重なっていくのか。そもそもウラとは何かを私自身が考えさせられています。皆さまにもドキドキしながら見ていただけたらうれしいです!」と喜色満面。

 プライドが高く自己中心的な性格で、若干女性蔑視の入ったモラハラ気質の自分に気付いていない“厄介な男”を演じる主演の三浦は「敏郎は、実際に身近にいたらあまり友達になりたくないというか、私自身は苦手な人物ですが、本人は真剣で、一生懸命、少しズレていて演じていて非常に楽しいです。冨永昌敬監督、剛力彩芽さんとも久々に現場でご一緒できることになり、良い作品が出来上がる予感がしています」と話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.