News ニュース

秦基博が「SONGS」で「おちょやん」主題歌を披露。杉咲花からのメッセージも!2021/02/03

 デビュー15周年を迎えた秦基博が、2月13日にNHK総合で放送の「SONGS」(土曜午後11:00)に4年ぶりに出演する。

 これまで、さまざまなドラマや映画に主題歌を書き下ろしてきた秦。今回は現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」の主題歌「泣き笑いのエピソード」を披露。ドラマでヒロイン演じる杉咲花、さらに篠原涼子、成田凌の3人から主題歌への思いを語ったスペシャルメッセージも寄せられる。そして3人に大好きな歌詞を聞いたところ、なんと杉咲と成田は偶然にも同じ歌詞を選んでいた。

 スタジオでは、番組責任者の大泉洋との対談で、さまざまなクリエーターや監督から高い支持を集める「秦が書き下ろす主題歌」の魅力に迫る。また、秦はギター片手に映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌「ひまわりの約束」が生まれた瞬間を再現。そして話題は、互いに大好きだった「ドラマ主題歌」の話へと展開。ドラマ主題歌が大好きな大泉のテンションは上がり、歌いまくる一幕も。

 また、秦の楽曲を主題歌として起用した映画「STAND BY ME ドラえもん」の八木竜一監督、映画「あん」の河瀨直美監督からも、秦の音楽の魅力を語ったコメントが届く。ライブでは、「ひまわりの約束」「泣き笑いのエピソード」をはじめ、秦自身にとって大切な節目となった1曲「アイ」も弾き語りで聴かせる。

 なお、3月13日放送分には、aikoの出演が決定。番組では、ライブでaikoに会うことのできない今、ファンからaikoへの熱い気持ちを、2月10日午後1:00まで募集中。詳細は特設ページ(https://www.nhk.or.jp/music/songs/442928.html)をチェック。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.