News ニュース

村上信五、柔道100kg超級・原沢久喜と対戦。「ただ畳を見て終わったわ~」2021/01/29

 フジテレビで1月31日放送の「村上信五∞情熱の鼓動」(深夜1:55、関東ローカル)では、リオデジャネイロオリンピックの銀メダリストであり東京オリンピック代表に内定している、柔道100kg超級の原沢久喜選手をゲストに迎え、原沢の強さの秘密や、その魅力に迫る。

 日本柔道の最重量級は、そうそうたる金メダリストを輩出してきた。全階級での金メダルを目指す東京オリンピックでは、個人戦の大トリとなる最重量級の原沢選手が重責を担う。2016年リオ五輪では、100kg超級の絶対王者であるフランスのテディ・リネールに敗れ、あと一歩のところで金メダルを逃したが、その雪辱を東京で果たすべくトレーニングを積んできた。

 原沢選手の練習拠点を訪れた村上は、その筋力や瞬発力の秘密を探るべく、懸垂対決・反射神経対決に挑む。体力に自信のある村上だけあって、善戦するものの、その結果は? さらには、入念な感染予防対策を行った上で、原沢選手と組んでもらうことに。だがどんなに動かそうとしてもビクともしない。それどころか身動きが全くとれず、「首を上げたいけど、上がらへんから、もう下ばっかり。ただ畳を見て終わったわ~」と下ばかり見続けた村上は、必殺技の内股も少しだけ体験させてもらう。

 実は、原沢選手にとって、内股はもともと得意技ではなかったそう。「ある日練習でバンって奇麗に決まって…。急に舞い降りてくるみたいな」と得意技に変わった時の話を聞いた村上は、「そんな漫画みたいなんアカンて。天才作曲家みたいな」と驚く。また、全日本男子・井上康生監督や、リオオリンピック金メダリスト・大野将平選手などの柔道関係者や、俳優をしている弟・原沢侑高からの、普段はなかなか聞けないエピソードも明かされる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.