News ニュース

「ラブライブ!サンシャイン!!」第2期をNHK初放送。「函館の魅力を感じて」2020/12/24

 NHK総合では12月26日にアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」第2期の第8・9話(午後10:10、北海道ローカル)がオンエア。第2期の放送はNHKでは初めて。NHK札幌拠点放送局の神村恭介放送部副部長は「新型コロナウィルスの影響で思うように外出ができない今、放送をご覧いただき、函館の雰囲気・魅力をあらためて感じていただければ幸いです」とコメントしている。

 「ラブライブ!サンシャイン!!」第2期は、静岡県沼津市の海辺の町・内浦にある私立浦の星女学院が舞台。来年度の入学希望者は0人という状況の中、統廃合を阻止し、学校の名を残すため、9人の少女たちが立ち上がった。彼女たちは、アイドルグループ・Aqoursを結成。学校の名を残すために「ラブライブで優勝する!」という夢に向かってがむしゃらに努力をしていく。

 第8・9話の舞台は、北海道・函館。函館出身の2人組のスクールアイドルで強力なライバルでもあるSaint Snowとの交流を通して、精神的にさらなる成長を見せる。彼女たちが函館で作った物語とは?

 神村放送部副部長は「放送では函館の景観が精緻に描かれており、函館の名所やご当地の食べ物などもたくさん登場します。函館で彼女たちがどんな物語を作るのか、ぜひ放送で楽しんでいただけたら」とアピールしている。

【第8話「HAKODATE」あらすじ】

 冬休みにAqoursは北海道で開催される地区大会にゲストとして招待されていた。沼津から遠く離れた地でファンから写真撮影を求められ、あらためて決勝に出場するという事実の大きさに気付く9人。地区大会の開演前、Aqoursは出場者である「Saint Snow」の楽屋を訪れる。決勝戦では互いに競い合い、ラブライブ!の歴史に残る大会にしようと誓い合う千歌と聖良。一方、理亞の様子がいつもと違うことに気付くルビィ。そして、大会は誰もが予想だにしなかった結果に──。

【第9話「Awaken the power」 あらすじ】

 「Saint Snow」として出場できる最後の大会で失敗してしまったと落ち込む理亞を励ますため、ルビィは一緒にもう一度ライブをやろうと提案する。自分たちだけで作り上げたライブを聖良とダイヤに見てもらい、安心して卒業してもらいたい──2人の思いとルビィの優しさに触れ、花丸と善子も協力するべく北海道に残ることを決める。1年生だけでライブの準備を進める中で、自分自身でも気付いていない力が、もしかしたら私たちにもあるのかも、と思い始めるルビィ。ルビィと理亞は、これまで姉たちに任せてきたことを自分たちの力で乗り越えようとその一歩を踏み出す。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.