News ニュース

音尾琢真が「行列の女神」にゲスト出演。「初めて鈴木京香さんと仕事ができる喜びに震えました」2020/05/07

 テレビ東京系で放送中のドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」(月曜午後10:00)の5月18日放送・第5話に、音尾琢真がゲストで出演する。さらに、ラーメン店「らあめん清流房」アルバイト候補者役として鳥居みゆき、元ブリリアンのコージ・トクダ、薄幸(納言)、土佐有輝(土佐兄弟)、竹内一希(まんじゅう大帝国)、佳久創らの出演も決定した。

 ドラマは、久部緑郎氏・作、河合単氏・画のコミック「らーめん才遊記」が原作で、ラーメン業界をけん引する「清流企画」の社長・芹沢達美(鈴木京香)が、料理の才能には秀でているものの天然ボケで空気が読めない新入社員・汐見ゆとり(黒島結菜)と共に、苦境にあえぐラーメン店を救うフード・コンサルティングの物語。業界で働く人々の悲喜こもごも、人間ドラマを通して、ラーメン店だけでなくさまざまな飲食店にも通じるフード・コンサルティング、起業、経営のノウハウをも描いていく。

 大人気演劇ユニット・TEAM NACSのメンバーで、舞台・ドラマ・映画・ラジオなどさまざまな分野で活躍するなど、マルチな才能を見せる音尾が演じるのは、謎の男・鷹野研次郎。第5話で、有栖涼(石塚英彦)から贔屓(ひいき)にしている中華食堂「おおひら食堂」の後継者を探してほしいとの依頼を受けた「清流企画」の社員それぞれが候補者を選び、模擬営業コンペが行われることになったが、ただ一人、候補者を見つけられず焦るゆとりの前に突然現れ、後継者候補に名乗りを上げる。

 今作への出演について、音尾は「出演のお話をいただいた時は、初めて鈴木京香さんと仕事ができる喜びに震えました。原作を読んだことはなかったのですが、鷹野研次郎というキャラクターが物語的にとてもかっこよく、私自身もなかなか出会うことのない役柄でしたので楽しませてもらいました。ちなみに私自身、昔からラーメンよりもカレーが好きと言い続けておりますが、実は同じくらいラーメンも好きです。おいしいラーメンに出合えた時は感動します。ぜひ皆さんもご自身のラーメン遍歴と照らし合わせながらご覧いただけると幸いです」と喜びのコメントを寄せた。

 第4話(5月11日放送)では、ラーメンオタクの須田正史(前野朋哉)の上から目線の言動が災いして、依頼人から「清流企画」にクレームが入る。須田は芹沢から説教をくらうが、ゆとりを誘いラーメン店でこだわりの味を堪能していた。ところが、突然「作り方を教えろ」と訴える青年(堀井新太)と店主が店で口論を始めて騒動に巻き込まれ、ゆとりはまたもや勝手に青年の依頼を引き受けてしまう。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.