News ニュース

「京阪沿線物語」小西桜子、中村俊介、新津ちせが関西ロケで景色&食を満喫2020/12/04

 テレビ大阪、BSテレ東で2021年1月9日にスタートする真夜中ドラマ「京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~」(BSテレ東=土曜深夜0:00、テレビ大阪=土曜深夜0:56)の記者会見が開かれ、主演の小西桜子と共演の中村俊介、新津ちせが出席した。

 本作は、NON STYLEの石田明が脚本を手掛ける、大阪と京都を結ぶ鉄道・京阪沿線を舞台にした、笑いあり涙ありの人情ドラマ。小西は、デビュー作が大ヒットしたものの、スランプに陥り次回作が書けない新人小説家・井町潤を演じる。潤は東京の喧騒から逃れ、行き着いた先は大阪と京都の間にある京阪電車のケーブル八幡宮山上駅だった。そこで元料理人の久我創介(中村)と小学生の木ノ宮こころ(新津)と出会う。潤は2人が経営する民泊「きずな屋」に連れられ、長期滞在することに。「きずな屋」で暮らし、創介やこころ、泊まりに来る客たちと触れ合うことで次第に自らの心も成長し、2作目を書くことに次第に前向きになっていく。

 連ドラ初主演の小西は「私も潤と同じで関西になじみがないので、このドラマを通していろいろと経験することができたらうれしい」と意気込み、「『きずな屋』でのシーンは、毎回たくさんのゲストの方に来ていただいて、いろんなおいしいものを食べさせていただいたり、いろんなところに連れて行ってもらったりして、毎話印象的でした」と撮影エピソードを明かした。

 また、ロケ地の印象に関して、中村が「ディープなスポットから自然のあるところまで、特に大阪なんですが、満喫させていただきまして、すごくよかったです。あとは食。このドラマは食も一つのテーマになってるんですけど。ついさっきまで食べてたんです。大阪ならではの風景だったり、食べ物だったり、おなじみなものが出てくるので、そういうところも楽しんでいただけるかなと思ってます」とアピール。

 すると小西が「ケーブル八幡宮山上駅は、こんなに奇麗な場所があるんだっていうくらい、竹林が広がってて、すごくすてきな場所でした。大阪は今回初めて行かせていただいて、関西を全く知らなかったんですけど、また行きたいという場所がたくさんあって、関西の方はもちろん、それ以外の方にもこんなすてきな場所があるんだって楽しんでいただけると思います」、新津も「ケーブル八幡宮山上駅は、私も初めて行ったんですけど、すごく奇麗だったし、大阪のロケも初めてだったけど楽しくて、通天閣とかも行って、ご飯もたくさん食べて楽しい撮影でした」と応じた。

 さらに、中村は「群馬出身なので関西弁は本当にもう…。創介とこころは関西弁なので、結構大変で」と関西弁には苦労したようで、新津も「むずかしかったです! 好きな関西弁はおおきに」だと話し、そんな新津に中村は「ちせちゃんはかわいくてたまらないけれど、とにかくすごい。子どもな面も大人な面もある。いつも現場を温かくしてくれる存在です。現場が和む。みんながこころに会いたくなるような現場で、幸せな時間を過ごせました」と相好を崩していた。

 最後に小西が「関西ならではの会話のキャッチボールや、心がきゅんとするやりとりも描かれているので、楽しんでいただきたいです。そして、この物語でハートウォーミングな、心の根っこがつながる感覚というのが、こんな時代だからこそ多くの人に感じてもらえるんじゃないかなと思うので、楽しんでいただけると思います」とあらためて見どころを述べ、会見を締めくくった。

 「きずな屋」の先代経営者・本庄七海を壇蜜、潤の担当編集者・桂木遼平を岡田義徳、「きずな屋」の番頭・美山キヨシをケン(水玉れっぷう隊)が演じ、第1話のゲストに中川家剛が本人役で登場する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.