News ニュース

“美しすぎる騎手”M・ミシェル&“イケメン騎手” L・ヒューイットソンが そろって「体育会TV」初出演2020/04/22

 TBS系で5月9日放送の「炎の体育会TVSP」(午後7:00)に、“美しすぎる騎手”として話題のミカエル・ミシェル騎手(フランス)と、母国・南アフリカで年間王者に輝いた“イケメン騎手”のライル・ヒューイットソン騎手がそろって初出演する。

 同番組は、今田耕司と蛍原徹(雨上がり決死隊)がMCを務め、芸能人たちがさまざまな競技に挑戦する人気スポーツバラエティー。今回、ミシェル騎手とヒューイットソン騎手は、鴨宮祥行騎手、関本玲花騎手と「次世代ジョッキー軍」を結成。騎手が実際に練習で使用する木馬を使った「ツーハンドレッド・ダービー」や、競馬場で行う「馬 vs 自転車 異種800m対決」、一流騎手に必要なバランス力が問われる「ロデオピンポンdeアンサー」の3種目で、KAT-TUN・上田竜也、オードリー・春日俊彰ら「体育会TV軍」と真剣勝負を繰り広げる。

 日本のスポーツバラエティー番組に初出演するミシェル騎手とヒューイットソン騎手は、番組オリジナルの競技に興味津々な様子。MCの今田や蛍原とのトークにリラックスした表情を見せつつも、いざ勝負になるとミシェル騎手はアスリートの血が騒ぎ、「絶対に勝ちます!」と負けん気の強さを見せ、やる気をみなぎらせる。

 100個のピンポン球が入った入れ物を片手で持ちながらロデオマシーンに乗る「ロデオピンポンdeアンサー」では、武豊騎手の持つ歴代最高記録・59個を超えたいと真剣な表情を見せるミシェル騎手。幼い頃にロデオマシーンのアトラクションを体験したことがあるというミシェル騎手だが、果たして記録を塗り替えることはできるのかに注目だ。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.